ゲームについて その他

PS5仕様の発表:3.5GHzで8x Zen 2 CPU、ブースト付きRDNA 2 GPU最大10.28 TFLOPS

投稿日:

昨年末にゲーム機を公開して以来、マイクロソフトはXbox Series Xの情報の健全な流れに私たちを扱ってきましたが、SonyはプレイヤーをPlayStation 5について何ヶ月も引っ張り続けてきました。

CES 2020で、Sonyはロゴを提供しただけで、後にE3 2020にはないことを知りました。

SonyはGDC 2020に登場する予定ですが、もちろん、コロナウイルスの懸念により延期されました。

本当の情報のうわさがないため、憶測や心配事が横行しています。

ありがたいことに、今日の時点で、ソニーのリードシステムアーキテクトであるマークセルニーの好意により、最終的に具体的な詳細が明らかになりました。

まだフォローしていない場合は、以下のPS5ビデオ公開をご覧ください。

または、関連するすべての詳細を以下に記します。

コアスペック

PlayStation 5は強力なマシンになりますが、以前噂されていたように、XboxシリーズXほど強力ではありません。

システムの中核は、3.4GHzを実行する8x Zen 2 CPUです。

AMDが最近スリップしたように、PS5 GPUはカスタムRDNA 2アーキテクチャを使用して構築され、2.23GHzで動作する36個の計算ユニットを備えています。

全体として、PS5はブーストされるとXboxシリーズXの12 TFLOPを下回る10.28 TFLOPのグラフィカルなうなり声を出します。

他の主要な機能には、448GB / sのメモリ帯域幅を備えた16GBのGDDR6 RAM、およびカスタム825GB SSDが含まれます。

 

GPUのブースト

PS5のクロック速度は少し高いように見えますか?

それは、GPUに可変周波数GPUがあり、ゲームの需要とコンソールの温度に応じてクロック速度が変わるためです。

したがって、GPUは常に2.33GHzであるとは限りませんが、Cernyは「GPUが動作中常に最大ブーストか、またはほぼ全ての時間に最大ブーストで動作することを期待しています」。

 

高速なソリッドステートドライブ

ソリッドステートドライブへの移行は次世代コンソールの重要な部分であり、SonyのSSDは5.5GB / sの転送速度で特に高速になります。

これにより、PS4よりも最大100倍高速なロード時間が得られます。

XboxシリーズXと同様に、PS5も基本的にSSDをRAMとして使用できるため、システムの実際のRAMをゲームプロセス用に解放できます。

 

PS5のSSDを拡張する

もちろん、次世代コンソール用のSSDへの移行は、ストレージの拡張を複雑にします。

マイクロソフトはXboxシリーズX専用のメモリカードを使用していますが、ソニーはよりオープンなアプローチを選択しています。

古いPS4タイトルは、基本的なポータブルハードドライブで実行できますが、最終的には標準NVMe PCドライブでSSDを拡張できます。

ただ一つの問題-PS5のSSDと同じくらいの帯域幅を持つPCIe 4.0ベースのドライブはまだ市場に出ていません。

そのため、発売後少なくともしばらくの間、SSDを拡張することはできません。

 

下位互換性

Cernyのプレゼンテーションの大きな焦点は下位互換性であり、エミュレーションソフトウェアを使用せずにネイティブでサポートされます。

開発者がゲームを新しいGPUで確実に動作させる必要があるため、最初はすべてのゲームがサポートされるわけではありませんが、PS4の「トップ100」ゲームのほとんどは発売時にプレイ可能です。

 

3Dオーディオ

Playstation 5には、Tempest 3D AudioTechと呼ばれるAMDで構築したカスタムハードウェアが搭載されます。

Sonyには3Dオーディオに対する独自の目標があったため、システムはDolby Atmosのサポートを備えていません。

ソニーは、ドルビーアトモス互換システムだけでなく、すべてのサウンドシステムを介して3Dオーディオを配信することに取り組んでいます。

 

そして彼女が書いたのはこれだけです! 悲しいことに、システムとそのゲーム、またはリリース日を実際に見ていません。

マーク・サーニーは、これらの詳細を共有するために「今年後半にチャンスがたくさんある」と約束しているので、お楽しみに。

とはいえ、まだ多くの消化が必要です。良くも悪くも、PlayStation 5とXbox Series Xは非常に異なるシステムになると思われます。

ソニーは、GPUの生の演算性能よりも最先端のSSD技術に焦点を当てますか 私たちは本当に決定するゲームを見る必要があると思います。

誰にもこの話についてコメントするよう促す必要はないことは知っていますが、それでも、あなたはどう思いますか?

PlayStation 5に夢中ですか?

Xbox Series Xに匹敵すると思いますか?

ソース:wccftech - PS5 Specs Unveiled: 8x Zen 2 CPU at 3.5GHz, RDNA 2 GPU Up to 10.28 TFLOPS with Boost

 

解説:

PS5のGPU性能は10.28TFLOPSになるようです。

Xboxが12.5TFLOPSですから、PS5のほうが負けているということになりますね。

PS5はおそらく、4Kか5Kを8Kにアップスケールしてくると思いますので、画質を犠牲にして、ゲームのプレイ感は同程度に仕上げてくると思います。

※ マーケティング的には14TFLOPS相当(数字は適当です)などとのたまうと思います。嘘ではないですが正しくもない表現だと思います。

ソニーは過去にPS3で逆ザヤ販売(赤字販売)して、会社が傾くほどの赤字を出したことがありますので、性能と価格のバランスにはかなりシビアですから、3-5万円程度(おそらく5万円[$499])で販売できるぎりぎりのスペックで仕上げてきたのかなと思います。

Xboxはあのスペックのまま出すならば、$499では逆ザヤもしくは$699程度になるのではないかと思います。

または上位版と下位版があり、12.5TFLOPS出せるのは上位版のみという可能性もあるのかなと思います。

また、この性能ならば、消費電力的にゲーム機というよりは家電というような扱いにくさになる可能性もあるのかなと思います。

以前に半導体にはスイートスポットがあるという話をしましたが、そのほかにもメモリの速度、半導体の集積度、電力と性能のバランスにより、極度に性能を上げると製品としてのバランスを大きく崩します。

そのため、あまりスペック偏重にすると、爆熱(壊れやすくなる)になったり、価格が上がったりします。

ゲーム機の本質はあくまでも玩具ですから、あまりに爆熱なのは関心しません。

ソニーはゲーム機は技術に明るくない一般人に向けて出すものというマーケティングの鉄則を守っているように見えます。

そのため初期製品は必ずモデルを一つに統一して、ワンプライスで普及を狙ってくると思います。

過去の両社の販売戦略を見るとそんな風に感じます。

 

-ゲームについて, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.