CPU情報

TSMCの3nmノードは予想以上に優れているとの報告。IntelがArrow Lake GPUの発注を遅らせる一方で、Appleは優先顧客となる

投稿日:

DigiTimesのレポートによると、TSMCの3nmノードの性能は予想よりも良いが、Intelは2024年後半まで発注を遅らせているようだ。

TSMCの3nmは予想より良いが、Intelは第15世代Arrow Lake GPUの注文を2024年後半まで延期しているとの報告

TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)は、2022年の第4四半期に、N3または3nmプロセスノードの量産を開始した。

現在、最初の報告に基づいて、新しいノードの性能は、期待を超えていると言われています。

これにより、TSMCはプロセスノード技術における支配的な地位を維持することができます。

PCメーカーの関係者によると、IntelはTSMCへの3nmチップの発注を2024年の第4四半期まで遅らせる予定です。

DigiTimesより

AppleはTSMCの3nmプロセスノードの主要顧客の1つと言われており、コストは既存の5nmプロセスノードよりも相対的に高くなる見込みだが、Appleは来年発売するプレミアム製品に活用するため、それほど影響はないだろうという。

一方、最上位ノードのコスト上昇だけでなく、需要が大きく落ち込んだ市場の衰退の影響を受けているPC顧客にとっては、コストが問題になるかもしれない。

Intelは、第15世代Arrow Lake iGPUに外部ファウンドリを活用すると見られている。

GPUタイルはN3プロセスノードが候補と言われているが、2024年の第4四半期まで発注を遅らせるようだ。こうなると、まともな(出荷可能な)数量でArrow Lakeが揃うのは2025年下期ということになる。

Intel第15世代Arrow LakeのCPU。Intel 20Aプロセスノード、洗練されたデザイン、コンピュート&グラフィックスのリーダーシップ、2024年発売

Meteor Lakeに続くのがArrow Lakeで、第15世代のラインナップは多くの変化をもたらす。

Meteor Lakeが搭載されたものとソケット互換性はあるが、Redwood CoveコアとCrestmontコアは、新型のLion CoveコアとSkymontコアにアップグレードされる予定だ。

これらは、新しいSKUで40/48と予想されるコア数(8 Pコア+32 Eコア)にアップグレードされ、大きな利点をもたらすと期待されています。

意外なことに、IntelはArrow Lake CPUでは「Intel 4」ノードをスキップして、直接20Aにジャンプすることになる。

Meteor LakeとArrow Lakeの両チップについて言えることは、追加のコアIP、おそらくArc GPUコアのためにN3(TSMC)プロセスノードを維持することだ。

Intel 20Aノードは、次世代RibbonFET&PowerVia技術を利用して、1Wあたりの性能を15%向上させ、2022年後半には最初のIPテストウェハがFabで稼働する予定となっている。

インテルモバイルCPUのラインアップ:

CPUファミリArrow LakeMeteor LakeRaptor LakeAlder Lake
製造プロセス
(CPU タイル)
Intel 20A
'5nm EUV"
Intel 4
'7nm EUV'
Intel 7
'10nm ESF'
Intel 7
'10nm ESF'
製造プロセス
(GPU タイル)
TSMC 3nmTSMC 5nmIntel 7
'10nm ESF'
Intel 7
'10nm ESF'
CPU
アーキテクチャー
ハイブリッド
(4種コア)
ハイブリッド
(3種コア)
ハイブリッド
(2種コア)
ハイブリッド
(2種コア)
P-Core
アーキテクチャー
Lion CoveRedwood CoveRaptor CoveGolden Cove
E-Core
アーキテクチャー
SkymontCrestmontGracemontGracemont
最高構成不明6+8
(H-シリーズ)
6+8
(H-シリーズ)
8+16
(HXシリーズ)
6+8
(H-シリーズ)
8+8
(HXシリーズ)
最大コア数 /
スレッド数
不明14/2014/2014/20
計画された
ラインナップ
H/P/UシリーズH/P/UシリーズH/P/UシリーズH/P/Uシリーズ
GPU
アーキテクチャー
Xe2 Battlemage
'Xe-LPG'
or
Xe3 Celestial
"Xe-LPG"
Xe-LPG
'Xe-MTL'
Iris Xe
(Gen 12)
Iris Xe
(Gen 12)
GPU
実行ユニット数
192 EU (1024 Cores)?128 EU (1024 Cores)96 EU (768 Cores)96 EU (768 Cores)
メモリ
サポート数
不明DDR5-5600
LPDDR5-7400
LPDDR5X - 7400+
DDR5-5200
LPDDR5-5200
LPDDR5-6400
DDR5-4800
LPDDR5-5200
LPDDR5X-4267
メモリ容量
(最大)
不明96 GB64 GB64 GB
Thunderbolt 4
ポート数
不明444
搭載され
るWiFi
不明WiFi 6EWiFi 6EWiFi 6E
TDP不明15-45W15-55W15-55W
発売時期2024H2?2023H22023H12022H1

ソース:wccftech - TSMC 3nm Node Is Better Than Expected, Alleges Report: Apple Priority Customer While Intel Delays Orders For Arrow Lake GPU

 

 

 

解説:

Arrowlakeは大幅に遅れるか?

私が予想として挙げていた通り、どうもインテルのプロセスはうまく行ってないのではないでしょうか。

TSMC側は特に問題ないスケジュールですが、Intelはどうも自社Fabの計画が遅れているように見えます。

最近はサムスンも歩留まり20%以下の3nmをロンチしていますし、Intelも予定通り進まないということはサムスンのようになっている可能性もありますね。

Intelのやることを好意的に解釈するのはIntelが多額の広告費を払ってメディアが忖度し、ユーザーがその記事を見てIntelに対して幻想を抱き物を申しにくいような土壌になっているからでしょうね。

私から見るとまるで洗脳されているように見えて少し気持ち悪いです。

Intelは別に神でも何でもありません。

Intelが立てた計画は絶対などと神格化してはかえって気の毒に見えます。

ArrowLakeが2025年なら、2023年はMeteorlakeのi5//i7でしのぐにしても2024年はどうするのでしょうか?

過去に何が起きたのかを見れば、このような可能性もあるというのは誰でも十分に予測可能です。

そう言う予想が出来ないのはIntelに心酔しているからではないですかね。

崇拝とは理解から一番遠い行動です。

 

 

 

 

第13世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-, ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2023 All Rights Reserved.