CPU情報

AMD Ryzen 9 3950X 16コアCPUベンチマークがリーク、Intel Core i9-9980XE 18コアCPUをシングルスレッドおよびマルチスレッドのワークロードで跡形も残らないほど粉砕

投稿日:

AMD Ryzen Logo

AMDは、マルチスレッドワークロードに関しては、これまでで最も強力な主流プロセッサを開発した可能性があります。

彼らのRyzen 9 3950Xは、デスクトッププラットフォームでHEDTの性能が約束されていますが、他社の主力である18コアチップを比較対象として採用するという、これはデスクトップ向けの性能としては全く新しいレベルです。

 

AMD Ryzen 9 3950X、18コアを搭載したIntelのフラッグシップコアi9-9980XEより1250ドル安く、Geekbenchでベンチマークされていますが、シングルスレッドおよびマルチスレッドのワークロードでは跡形も残らないほど粉砕しました。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

Geekbench Browser

AMD Ryzen 9 3950Xプロセッサの性能数値は、(TUM_Apisakによる)Geekbench 4で明らかにされました。 システムはAMD Myrtleプラットフォーム上で実行されていました。

コードネームは32 GBのDDR4(4100 MHz)とともに、AMDのテストプラットフォーム用に内部的に使用されていました。 チップの正確なクロック速度は報告されていません。

なぜならベース周波数は3.30 GHzと4.30 GHzで、それぞれベース/ブーストクロックの最終仕様の3.50 GHzと4.70 GHzと比較されているからです。

このチップは初期のサンプルかもしれませんが、16コア32スレッド構成を持つ唯一のAM4チップなので、Ryzen 9 3950Xです。

ベンチマークスコアに直接見てみると、このチップはシングルコアで5868ポイント、マルチコア性能テストで61072ポイントを獲得しました。

わかりやすくするために見てみると、Ryzen Threadripper 2950Xは平均でシングルコアでおよそ4800ポイントとマルチコアテストで38000ポイントを獲得します。

AMD Ryzen Threadripper製品は16個のコアを持ち、899米ドルの費用がかかります。

一方、Intel Core i9-9980XEは、シングルコアで5300ポイント、マルチコアパフォーマンステストで42000ポイントを獲得し、18コアで小売価格は2000米ドルです。

Intelの主力製品であるCore i9-9900Kは、シングルコアで約6200ポイント、マルチコアで31000ポイントを獲得しています。

9900Kは5GHzのシングルコア周波数のおかげでより高いシングルコア性能を持っていますが、主力のAMD製品はそれほど遅いわけではなく、実際に5GHzのブーストクロックと同等またはより良い性能を発揮できます。

それに加えて、Robert Hallockは第三世代Ryzenプロセッサが拡張されたTDP / EDC / PPT制限に加えて最大+200 MHzまでデフォルトブーストクロックを無効にすることを可能にする最新のPrecision Boost Overdriveアルゴリズムを備えていることを確認しました。

新機能では、拡張されたTDC / EDC / PPTの制限に加えて、デフォルトのブーストクロックを最大+ 200MHzでオーバーライドすることができます。

CPUは、内蔵のブーストおよびクロック管理プログラミングを使用して、そこから自己管理します。

Ryzenは実際には「シングルコアターボ」クロックを持っていません。

当社のブーストアルゴリズムは、ソケット電力、コア温度、VRMの電気的制限、VRMの熱的制限、最大クロック速度などの制限に達するまで、できるだけ多くのコアで最高のクロックを追求します。

Robert Hallock(AMD)より

ここにそれはあります。

AMD 16コアチップは、シングルコアで主力のデスクトップ向けIntel CPUと同等のパフォーマンスを発揮し、マルチスレッドタスクでIntelの主力のHEDT CPUよりもはるかに優れたパフォーマンスを発揮します。

私達はまたあなたがここで見ることができるいくつかの印象的なオーバークロックの数字と昨日のチップの世界記録を見ました。

 


AMD Ryzen 9 3950X CPUの公式スペック

仕様に関しては、AMD Ryzen 9 3950Xは7nm Zen 2コアアーキテクチャを採用する予定です。

 Ryzen 9インターポーザーには、2つのZen 2ダイと14 nmプロセスノードに基づく単一のI/Oダイを含む3つのチップレットがあります。

AMD Ryzen 9 3950Xは完全に有効になり、16コアと32スレッドを提供します。

このようなコア構成は、AM4などのデスクトップ向けプラットフォームでは利用できませんでしたが、12コア、24スレッドのRyzen 9 3900X構成でさえも主流のプラットフォームでは見られず、AMDはこれまでHEDT独占的だったこのような高いコア数を最初にデスクトップ向けユーザーにもたらしました。

クロック速度の面では、AMD Ryzen 9 3950Xは3.5 GHzの基本周波数で動作し、AMDのRyzen 3000シリーズプロセッサにとって最高である非常に高速の4.7 GHzまでブーストします。

このチップは72 MBの総キャッシュ容量を持ち、他のRyzen 9製品と同様にTDPは105 Wです。

TDPは基本周波数数に基づいているので、実際にはチップがブーストされるかユーザーによって手動でオーバークロックされると高くなります。

オーバークロックに関しては、他のすべてのRyzen CPUと同様に、Ryzen 9 3950XはTIMよりも優れたサーマルを提供するのに役立つハンダ付けされた設計を特徴とすることを私たちはまた知っています。

AMD Ryzen 3000シリーズCPUラインナップ

CPU名Ryzen 5 3600Ryzen 5 3600XRyzen 7 3700XRyzen 7 3800XRyzen 9 3900XRyzen 9 3950X
コア数/スレッド数6/126/128/168/1612/2416/32
ベースクロック3.6 GHz3.8 GHz3.5 GHz3.6 GHz3.8 GHz3.5GHz
ブーストクロック4.2 GHz4.4 GHz4.4 GHz4.5 GHz4.6 GHz4.7GHz
トータルキャッシュ35 MB35 MB36 MB36 MB70 MB72MB
PCI Exレーン数(CPU+チップセット)404040404040
TDP65W95W65W105W105W105W
価格(USドル)$199 US$249 US$329 US$399 US$499 US$749

 

次世代X570チップセット - PCIe第4世代をサポートする最初の主流プラットフォーム、豊富でRyzen 3000 CPU対応

X470で見たように、Ryzen 2000シリーズプロセッサには、Precision Boost OverdriveやXFR 2.0などの新しいマザーボードでのみサポートされていた機能がいくつかありました。

AMDのZen 2ベースのRyzenメインストリームプロセッサファミリが驚くべき新機能をいくつか備えていることは間違いありませんが、主なハイライトはPCIe Gen4のサポートです。

X570プラットフォームは、すべてPCIe Gen4ソリューションになるでしょう。つまり、これはおそらく、新しいPCIe規格のサポートをフィーチャーした最初のコンシューマープラットフォームになるでしょう。

IOの詳細については、CPUは再び合計24 PCIe Gen 4レーンを提供し、PCHは合計16 PCIe Gen 4レーンを提供します。

CPUから最初のPCI Express x16およびPCI Express x4スロットへの直接リンクが1つあり、残りのIOはx5リンクを介してCPUにリンクされるX570 PCHによって処理されます。

Computex 2019の間に発表されたすべてのX570マザーボードは、すべての主要メーカー向けの主力製品であるX570ボードを含めてすでに駆り集められています。

ただし、AMD Ryzen 3000シリーズが前回と同じようにX570ボードとのみ互換性があることを意味するわけではありません。新しいCPUは、X470およびX370ボードとも下位互換性があります。

以下は、第3世代AMD Ryzen CPUをサポートするための、既存のマザーボード用の各マザーボード製造元のBIOSリリースへのリンクです。

ASUS Statement on 300 & 400 Series AM4 Motherboards for Next-Gen AMD Ryzen CPUs

GIGABYTE Announces BIOS Updates For Next Gen. AMD Ryzen CPUs

MSI Next-Gen AMD CPU & APU support on MSI 300- and 400-series AM4 motherboards

Asrock New BIOS Updates To Support Future AMD Ryzen Processors For ASRock AM4 Series Motherboards

彼らは確かに新しく発売されたX570ラインナップで利用可能になるであろう同じ機能セットを表示しないでしょうが、マザーボードをアップグレードする煩わしさなしで新しいCPUを落として彼らのPCを使い続けたいユーザーのための完全に安定した機能を備えます。 ゼロからすべて。

AMDのX570プラットフォームとRyzen 3000 CPUは7月7日に発売予定で、AMD Ryzen 9 3950Xは2019年9月に発売予定です。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 9 3950X 16 Core CPU Benchmark Leaks Out, Obliterates The Intel Core i9-9980XE 18 Core CPU in Single and Multi-Threaded Workloads

 

解説:

16コア32スレッドのRyzen 9 3950Xに関する続報です。

なんとシングルスレッド性能はCore i9-9900Kと同等、マルチスレッド性能はCore i9-9980XEを凌ぐというものです。

先日リークしたCinebench R15/R20では同じく、16コア32スレッドのCore i9-9960Xとほとんど同等の性能でしたが、Geekbenchだともう少し有利になるようですね。

表にまとめると上のような感じになります。

Geekbench V4ベースだと圧倒的にRyzen 9 3950Xに優位性があることがわかるのではないかと思います。

ベンチマークによって有利・不利というのは当然ありますがRyzen Threadripper 2950Xの数字と比較すると、第二世代Ryzenまでとは次元の違う性能が見て取れます。

この怪物CPUはほかのモデルより遅れて9月発売となるようですが、とても残念ですね。

 

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.