CPU情報 GPU情報

AMDがハイエンドRadeon RX Navi GPUとNavi APUを約束– 2020ディスクリートGPUのレイトレーシングに多額の投資

投稿日:

AMDのCEOであるDr. Lisa Suは、技術プレスとのラウンドテーブルQ / Aセッションで、ハイエンドのNaviベースのRadeon RXグラフィックスカードとNaviベースのAPUを約束しました。

多くの人がAMDのCES 2020基調講演でAMDのハイエンドNavi製品に関する言葉を聞くことを期待していましたが、そのような発表やティーザーさえ表示されなかったとき、彼らはちょっと失望しました。

ただし、AMDのCEOは、NaviベースのハイエンドRadeon RXカードが稼働中であり、2020年にはそれらが期待されることを確認しています。

 

AMDは、ハイエンドのNaviベースのRadeon RX GPUと次世代のNavi GPU搭載APUを約束し、レイトレーシング技術にも大いに投資しています!

ハイエンドのRadeon RXグラフィックスカードに関する質問は、NVIDIAのRTX 2080 Tiまたは同様のティアのグラフィックスカードに対してAMDにハイエンドのディスクリートグラフィックスの競合他社があるかどうかをLisaに尋ねたPC WorldのGordon Ungによって提起されました。

これに対して、リサは、ハイエンドのNaviグラフィックカードを持っていることは非常に重要であり、確実に1つ持っていますが、タイミングやリリース日は明らかにされていないと答えました。

PC WorldのGordon Ung:AMDは、ディスクリートグラフィックス市場でハイエンドの競争相手を持つ必要があると思いますか?

Dr. Lisa Su:[笑] Redditの人たちはハイエンドのNaviを欲しがっています。

私たちがハイエンドのNaviを持っていること、そしてそれを持っていることが重要であることを期待すべきです。

特にハイエンドのディスクリートグラフィックス市場は私たちにとって非常に重要です。

そのため、通常は未発表の製品についてはコメントしませんが、ハイエンドのNaviが用意されることを期待してください

Lisaの声明に基づいて、新しいNaviベースのハイエンドグラフィックスカードは、7月以降に登場した第1世代ではなく、第2世代のRDNAアーキテクチャに基づく可能性が高いようです。

AMDは、Computex 2020またはE3 2020でハイエンドのNaviグラフィックカードに関する適切な発表を行う可能性が非常に高いようです。

AMDは昨年、Computex 2019でRadeon RX 5700シリーズのカードを発表しましたが、次世代製品もプレビューするステージとしてE3 2020を選択しました。

とはいえ、AMDのハイエンドRadeon RX Navi GPUは、Navi 10の最大2倍の速度で、大規模なダイサイズとGDDR6メモリを搭載できるという最近のうわさを既に認識しています。

第2世代RDNA Navi GPUに期待される機能の一部は次のとおりです。

  • 最適化された7nm +プロセスノード
  • 愛好家向けのデスクトップグラフィックカードオプション
  • ハードウェアレベルのレイトレーシングのサポート
  • GDDR6とHBM2グラフィックスカードの組み合わせ
  • 第一世代Navi GPUよりも電力効率が高い

他には何も述べられていませんが、その外観から見ると、これは非常に強力なグラフィックカードであり、愛好家のハイエンドデスクトップGPUスペースでのAMDの適切なリターンを示しています。 また、AMDは、ハードウェアアクセラレーションレイトレーシングを、次世代のRDNAを搭載したGPUの主要な機能として導入する予定であることも知っています。

AMDは現在、レイトレーシング技術とその周辺のエコシステムの構築に多大な投資をしていると述べました。

驚いたことに、リサは次の声明で、2020年を経て個別のGPUでレイトレーシングが行われるという上記のことを確認しています。

レイトレーシングはRDNA2アーキテクチャの主要な機能であり、ハイエンドのNaviは、Radeon RX 5000シリーズチップに搭載されている既存のアーキテクチャではなく、次世代のRDNAアーキテクチャを使用することを確認します。

それに加えて、ソニーとマイクロソフトの両方の次世代コンソールは、レイトレーシングのサポートとRDNA2 GPUも備えていると予想されます。

XboxのトップであるPhil Spencerから次世代のScarlett 8K SOCのティーザーをすでに入手しているので、すぐに詳細を期待してください。

Dean Takahashi、VentureBeat:グラフィックスのリアルタイムレイトレーシングは、NVIDIAが言うほど大きくなりますか?

Dr. Lisa Su:過去にレイトレーシングが重要であると言いましたが、それでも信じていますが、今日の私たちの位置を見ると、それはまだ早いです。

私たちはレイトレーシングに大きく投資し、その周辺のエコシステムに多額の投資を行っています。両方のコンソールパートナーは、レイトレーシングを使用しているとも述べています。

2020年までの個別のグラフィックスにもレイトレーシングがあることを期待してください。

まだ非常に早い段階であり、生態系を発展させる必要があると思います。

それを活用するには、より多くのゲームとソフトウェアとアプリケーションが必要です。

AMDでは、レイトレーシングに関する私たちの立場に非常に満足しています。

AMDは、RTX 2080、RTX 2080 SUPER、RTX 2080 Tiなどと競争するために、ハイエンドのRadeon RX Naviベースのグラフィックスカードを実際に出さなければなりません。

次世代のAmpere GeForce GPUは、ハードウェアレベルの変更によりレイトレーシングのパフォーマンスを大幅に向上させながら、現在のTuring GPUよりも50%高速かつ2倍効率的である可能性があるという報告もあります。

 

続いて、AnandtechのIan Cutress博士は、ラップトップ市場におけるAMDのハイエンドなポジショニングについてかなり重要な質問をしました。

AMDはCES 2020でRyzen 4000「Renoir」ラインナップを発表しましたが、8コアおよび16スレッドのRyzen 7 4800Hチップを搭載した最高級のノートPC構成はRTX2060ですが、2020年後半にRX 5700Mと組み合わせられる可能性があります。

しかし、Intelは最近、RTX 2080グラフィックカードまでを提供するハイエンドノートPC構成を比較するスライドを展示し、AMDは、消費者市場および専門市場でより高級なデザインを持ちたいと述べました。

※ クリックすると別Window・タブで開きます

 

AnandTech:インテルのマーケティングポイントの1つは、RTX 2080以降などのラップトップで最高のグラフィックスを取得するために、インテルのラップトップを取得することです。

OEMパートナーのいずれかが、グラフィック市場で最高の新しいRyzen Mobileハードウェアと提携する予定があると言えますか?

Dr. Lisa Su:ご想像のとおり、OEMパートナーからのデザインを事前に発表するつもりはありませんが、しかし、私たちは明確な使命を担っていると信じてください。その使命は、AMDを消費者市場と商業市場の両方でよりプレミアムなデザインにすることです。
それは2020年の今日だけでなく、2020年以降も私たちの焦点です。

比較は決して公平ではありませんが、AMDが現在行っているよりもインテルがよりハイエンドのラップトップ構成を持っていることを示しています。

IntelのチーフパフォーマンスストラテジストであるRyan Shroutは、ツイートでこれを明らかにしました。

こんにちは、みなさん!

ポイントは、9980HK + 2080データポイントがモバイルゲームパフォーマンスの最高峰を表し、そのクラスのGPUで今日AMDプラットフォームを購入することすらできないことです。

それは視覚的に明確に綴られており、何も隠しておらず、ストーリーは明確でした。

消費者が、RTX 2060よりも優れたディスクリートグラフィックチップを搭載したハイエンドゲーミングラップトップを購入したい場合は、Intel / NVIDIAルートを選択します。

したがって、AMDが2020年後半にいくつかのハイエンドラップトップデザインを獲得して、このラップトップセグメントでもAMDを本当に混乱させることが重要です。

 

VolkerRißka、ComputerBase:デザインが3年前に議論されていた場合、新しい部品がNaviではなくVegaを使用しているのはなぜですか?

Dr. Lisa Su:常に適切なタイミングでコンポーネントを統合する方法です。 確かに、Vegaアーキテクチャはよく知られており、非常によく最適化されています。

これは常にZen2 + Vegaになるように計画されていました。

しかし、明確にするために、APUにNaviが表示され、それらが表示されます。

最後になりましたが、AMDは、次世代のAPUにNaviが必ず登場することを約束しました。

AMDは最近、Zen 2 CPUと第2世代の7nm VegaをベースにしたRenoirを発表したので、来年はZen 3 CPUとNavi(RDNA2)ベースのAPUを入手する予定です。

AMDはまた、元の14nm Vegaから7nm Vegaに移行すると、ワットあたりのパフォーマンスに焦点を当てながら多くのパフォーマンスの機会が与えられたことを明らかにしました。

CES 2020に関しては、AMDの基調講演は、64コアのRyzen Threadripper 3990X CPU、第3世代Ryzen 4000 APU、最新のRadeon RX 5600 XTディスクリートグラフィックスカード、新しいモバイルGPUなど、いくつかの新しい技術製品を発表した興味深いものの1つでした。

ソース:wccftech - AMD Promises High-End Radeon RX Navi GPUs and Navi APUs – Heavily Investing in Ray Tracing For 2020 Discrete GPUs

 

解説:

CES2020におけるAMDのCEO Dr. Lisa Suの発言のまとめです。

インタビュアーはAnandtech、VentureBeat、ComputerBaseとリーク情報界隈の人ならだれでも知ってるような豪華な面々となっています。

現状、ハイエンドノート向けとして用意されている4900Hに組み合わされるGPUはnVidiaのRTX2600とAMDにとっては屈辱的な状況になっていますが、2020年の後半にはRX5700Mになるという発言がなされていますね。

RTX2060はレイトレーシングがついていますが、AMDとしてはあまり影響はないという解釈なのでしょう。

CPU、GPU共にAMDで揃えると有利な価格で購入できるなどの特典を用意しているのかもしれませんね。

こんな風にCPUで覇権を取れるとノート向けGPUとしてRadeonを売り込めますので、勝っているとは言え、nVidiaの危機感は我々の想像を絶するレベルなのではないかと思います。

プラットフォームを持ってないというハンデは思った以上に大きいと思います。

 

話題のRDNA2のNaviはこのインタビューを見る限りではいまだに海の物とも山の物ともつかないという感じです。

レイトレーシングが乗るよ!程度しか情報がありません。

具体的に姿を見せるのはComputexあたりになるのかもしれませんね。

CES2020ではRDNA2とIntelはComet Lake-Sの実物が出てくると思っていただけにかなり肩透かしを食らいました。

第二世代Naviはともかく、Comet Lake-Sは今実物を出せないと2月の発売は難しいと思うのですが、どうなんでしょうか。

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen5 1600AF(12nm、Zen+コア)

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥29,600 (2020/07/05 18:50:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥28,999 (2020/07/05 18:50:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥25,316 (2020/07/05 18:50:24時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥19,980 (2020/07/05 18:50:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

-CPU情報, GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.