CPU情報

AMD、EPYCの顧客としてTwitterとGoogleを獲得し、株価を15%上昇させました。

投稿日:

AMDの株式は、同社の次世代EPYCサーバーチップに関する渦巻くいくつかの肯定的なニュースを背景に、今日14%増加しています。

今後の部品の最新のラインナップはコードネーム「Rome」であり、TSMCの7nmリソグラフィープロセスに基づいて構築され、昨日、同社は部品の性能と価格設定を明らかにするためにステージに上がりました。

EPYC Romeは熱烈なレビューを受けます

昨日の夜、AMD(NASDAQ:AMD 33.92 16.20%)が完全な64コアチップをいくつかのメディアアウトレットに送信し、パフォーマンスベンチマークの完全なスイートを提供したことがわかりました。

結果は次のとおりです。 そして、効率性、すべてを低価格で立ち上げます。

Wccftechの金融コラムでは、製品と技術の経済的影響に関心がありますが、一部の主要な顧客がラック(マウントサーバー)を新しいEPYC 7002シリーズに切り替えることを選択する理由を理解することが重要です。

警告:以下の数字のいくつかは単純にばかげています。

 

ServeTheHomeは、トップエンドの64コアデュアルソケットをレビューし、「AMDは現在、コアあたりの消費電力が大きく、Intel Xeonに比べて多くの場合2倍以上のパフォーマンスの優位性がある」ことを発見しました。

新しいEPYCパーツは、Xeonに対してメモリ容量が300%増加し、メモリチャネルが33%増加(8対6)し、最終的にPCIe Gen3レーンが233%増加するという大きなI / Oの利点があります。 しかし、実際のパフォーマンスはどうですか?

STHによると、パフォーマンスは「巨大」です。

実際、彼らは数字をそろえるためだけに、クアッドソケットIntelシステムを含めました。

 

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

興味深いことに、電力効率に関しては、ServeTheHomeは、Intelが電力消費の現実を難読化するためにOEMに圧力をかけたと主張しています。

また、システム全体にロゴが飾られているにもかかわらず、IntelはAMDにこの情報を開示させないように、OEMに圧力をかけたため、名前を付けることはできません。

はい。Intelは、AMDの発売に先立ち、業界パートナーにそのレベルの競争圧力をかけています。

AMD EPYC 7702PのTDPはIntel Xeon E5-2630 V4よりも高いですが、6〜8個のソケットを1個のソケットに交換する場合、電力の節約は絶対に計り知れません。

業界では2.5年未満の技術進歩で6:1の統合率が発生していません。

技術に興味がある人にとって、新しいEPYC Romeチップは単に素晴らしいものであり、さらに読むと非常に印象的な数字が表示されます。

おそらく、Anandtechがそれを最もよく要約しています。

AMDは考えられないことをしたのでしょうか? 競争にならないほど大きなマージンでインテルを破った?

現時点では、予備テストに基づいています。

AMDの第2世代EPYCプロセッサーの発売は歴史的なことであり、パフォーマンス、ワットあたりのパフォーマンス、ドルあたりのパフォーマンスなど、ほぼすべての指標で大きな差をつけて競合他社を打ち負かしています。

 

一部の主要顧客を引き付けるのに十分なパフォーマンスと効率の向上

それでは、AMDへの経済的影響に関しては、これらのパフォーマンスと電力の数値は実際の顧客にとってどのような意味があのでしょうか?

信頼できるジャーナリストが「歴史的」のような単語と「業界でこれまで見たことがない」のようなフレーズを使用する場合は、ラボに座って独自のテストを実行する本格的なサンプルを使用して、過去数か月間データセンターのマネージャーが考えていたはずのデータかどうか疑問に思う必要があります。

EPYC 7002はTwitterを説得するのに十分であり(NYSE:TWTR 42.07 0.81%)、そして初めて公開されて、Google(NASDAQ:GOOGL 1206.19 2.57%)は、AMDのEPYCを使用して内部データセンターと顧客に提供されるクラウドコンピューティングインスタンスを強化していることを認めています。これはAMDにとって本当に大きな勝利です。

TwitterとGoogleはどちらも大規模なデータセンターの顧客であり、後者はおそらく世界最大の顧客です。

これらのティア1インフラストラクチャ企業が完全に新しい製品エコシステムに投資できるようにするためには、総所有コスト(つまり、先行購入コストやエネルギーコストなどの継続的なコストを含むシステムのライフタイムコスト)に大きなメリットがあります。

Intelはこれが来る可能性が最も高く、特に10nmプロセスとの一般の闘争であり、おそらく1年以上前にCEOがAMDが会社から20%もの市場シェアを奪うことを恐れていると言ったときに多くの人を驚かせたのでしょう。
これらの激しいライバルがそのようなことを認めることはめったにありません。

Intel(NASDAQ:INTC 47.17 0.94%)のサーバービジネスは約180〜200億ドルであり、Radeon、データセンターGPU、Ryzens、EPYCS、PlayStation、Xbox SoCを含むAMDのレーキ全体は年間約60〜70億ドルです。

サーバー市場への本格的な参入がどれほど重要であるかを簡単な数学で説明します。

Intelの数字を額面どおりに受け取れば、AMDのシェアは15〜20%になる可能性があります。

ハイエンドでは、これはリサ・ス博士の追加収益で40億ドルを意味する可能性があり、AMDの株式が14%を超えて今日急騰した理由です。

収益よりも重要なのは収益であり、AMDが最終的に約束を果たす可能性のある場所です。

40億ドルと40%のマージンで16億ドルの純利益が追加されます。それが実現した場合、AMDの投資家は非常に満足します。

AMDはこれを実現できますか? 時間だけが教えてくれます。

Intelは確かに2020年のXeonのラインアップを準備するためにできる限りのことを行っており、現在入手できる最良の情報は、14nmコアと56コアをベースとすることです。

私たちは確かに今後の興味深い時代を迎えています。

解説:

昨日はラインナップや技術的な解説の記事を取り上げましたので、今日はRomeがどのような経済的影響をもたらすかの記事を取り上げます。

このRomeのベンチマークではデュアルソケットXeonをぶっちぎり、勝負にならないのでQuad Core Xeonを比較対象に入れたが、それでもRomeが勝っています。

詳細は記事内にグラフの画像がありますので見ていただければわかると思います。

ここで大きいのは何より、ワットパフォーマンス、つまり電力あたりの性能です。

最近の企業は自社のデータセンターの電力効率を情報公開していますので、ここは重要だと思います。

折角データセンターを持っていても、同時期にRomeを入れた他社のデータセンターに負けたのではお話になりません。

intelは14nm、AMDは7nmなので電力あたりの効率で考えればハナから勝負にならないのですが、これは今までintelが他社に散々やってきたことなので、まあ、フェアと言えばフェアです。

不公平と感じる方もいると思いますが、それはファン心理とか立場というものが作用していますね。

競争に有利な環境を手に入れることも踏めた「競争」だと思います。

F1ドライバーが競争に勝つためには優れたマシンを手に入れるところから始まるのとよく似ています。

負けたF1ドライバーが「マシンのせいで負けた」と言ったら、ファンも含めた人たちから認められると思いますか?

私はそうは思いません。

intelはテストの内容を公開しないように圧力をかけたという話も出ていますが、こんな風に末端の個人サイトにも情報が流れてきていますので、その努力は功を奏さないでしょう。

サーバーにIceLakeが載る2021年までintelにとってはしばらく厳しい状態が続くと思います。

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.