CPU情報

AMD Ryzen 7000 Non-X CPU ベンチマークがリーク。Ryzen 9 7900は12900KSと同レベル、Ryzen 7 7700とRyzen 5 7600はメインストリームをカバーする

更新日:

Ryzen 9 7900、Ryzen 7 7700、Ryzen 5 7600を含むAMD Ryzen 7000 Non-X 65WデスクトップCPU全3機種のベンチマークがリークされました。

AMD Ryzen 9 7900、Ryzen 7 7700、Ryzen 5 7600 65W CPUのベンチマークがリーク、Ryzen 7000 無印は強力なパフォーマンスをはるかに優れた価値で提供する

AMD Ryzen 7000 無印 Desktop CPUファミリーは、Ryzen 9 7900、Ryzen 7 7700、Ryzen 5 7600の3つのチップで構成される予定です。

これらのCPUは1月10日に発売が予定されており、すでにこちらで価格とスペックがリークされています。

AMD Ryzen 9 7900 - 12 Zen 4コアがわずか429USドル

AMD Ryzen 9 7900は、12コア、24スレッド、76MBキャッシュ(64MB L3 + 12MB L3)を搭載し、最大クロックは5.4GHzとなる予定。

CPUの小売価格は429USドルで、Ryzen 9 7900Xとの差は120USドルとなっている。

ベースクロックはまだ不明だが、ブーストクロックは200MHz低下している。

しかし、この価格帯を考えると、この12コアチップは驚くべきもので、すでに多くのユーザーがこの500USドル以下の12コアZen 4チップにアップグレードするのが目に見えている。AMDは、このチップをIntel Core i9-13900およびCore i9-12900のCPUと競合させる予定です。

AMD Ryzen 7 7700 - 350ドル以下の8コアゲーミング王者

8コア、16スレッド、40MBキャッシュ(32MB L3 + 8MB L3)、最大クロック5.3GHzのRyzen 7 7700です。価格は329ドルで、Ryzen 7 7700Xが399ドルであるのに対し、70ドルの差がある。Ryzen 7 7700は、Ryzen 7 7700Xよりも100MHzだけクロックが低く、65Wの電力バジェットを考えると印象的である。PPTの倍率が1.375倍であることを考えると、最終的なTDPは90~100W程度に収まるはずだ。Ryzen 7 7700は、Core i7-13700およびCore i7-12700に対して位置づけられることになる。

AMD Ryzen 5 7600 - AM5をエントリーレベルの自作erに手頃な価格にする

最後に、AMD Ryzen 5 7600は、6コア、12スレッド、38MBキャッシュ(32MB L3 + 6MB L2)を備え、最大クロックは5.1GHzになる予定である。価格は229ドルで、Ryzen 5 7600Xの299ドルより70ドル安い。ブーストクロックは「X」よりも200MHz低くなっている。

Ryzen 5 7600は、Core i5-13600およびCore i5-12600の対抗CPUとして位置づけられる予定。

上記を踏まえて

  • Ryzen 9 7900 12コア- 7900Xに対して120USドル安い。
  • Ryzen 7 7700 8コア-7700Xより70ドル安い
  • Ryzen 5 7600 6コア - 70米ドル安い vs 7600X

性能面では、AMD Ryzen 9 7900 CPUは、シングルコアで2121ポイント、マルチコアテストで18607ポイントを純正で記録しているが、オーバークロックの結果では5%の性能向上が見られ、Ryzen 9 7900Xとの差が縮まっている。

また、Geekbench 5ベンチマークでは、IntelのCore i9-12900KSと同程度のCPUである。

AMD Ryzen 7 7700は、シングルコアで2062点、マルチコアテストで12685点を記録し、オーバークロックによるシングルコアテストでの改善はわずかだが、マルチスレッドでは5%の性能アップを果たしている。

最後に、Ryzen 5 7600ですが、シングルコア・テストで2012点、マルチコア・テストで最大11326点を記録しています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します

 

 

 

結果によると、AMD Ryzen 9 7900はRyzen 9 7900Xの97%のパフォーマンスを、Ryzen 7 7700はRyzen 7 7700Xの92%のパフォーマンスを、Ryzen 5 7600はRyzen 5 7600Xの98%のパフォーマンスを提供しています。

これは非常に印象的に残るショーケースであり、さらに、リーク情報では、これらのチップでオーバークロックがサポートされていることも確認されており、消費電力が低く、標準動作時の効率も高い、はるかに優れた価値のあるチップとなるはずです。

全体として、このチップは、AM5プラットフォームで価格あたりの価値が最も高いパフォーマンスを提供し、2023年の半ばまでには、より安価なA620マザーボードを見ることができるようになるようです。

AMD Ryzen 7000X3D 3D V-Cache CPUもCES 2023で完全なお披露目をする予定です。

無印プロセッサーは、1月10日に小売店の店頭に並ぶ予定です。

AMD Ryzen 7000 Raphael デスクトップCPUのスペック:

CPU名アーキテクチャー製造プロセスコア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
(SC 最高)
キャッシュTDP価格(不明)
AMD Ryzen
9 7950X
Zen 45nm16/324.5 GHz5.7 GHz80 MB
(64+16)
170W$699 US
AMD Ryzen
9 7900X
Zen 45nm12/244.7 GHz5.6 GHz76 MB
(64+12)
170W$549 US
AMD Ryzen
9 7900
Zen 45nm12/243.6 GHz5.4 GHz76 MB
(64+12)
65W$429 US
AMD Ryzen
7 7700X
Zen 45nm8/164.5 GHz5.4 GHz40 MB
(32+8)
105W$399 US
AMD Ryzen
7 7700
Zen 45nm8/163.6 GHz5.3 GHz40 MB
(32+8)
65W$329 US
AMD Ryzen
5 7600X
Zen 45nm6/124.7 GHz5.3 GHz38 MB
(32+6)
105W$299 US
AMD Ryzen
5 7600
Zen 45nm6/123.8 GHz5.1 GHz38 MB
(32+6)
65W$229 US

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7000 Non-X CPU Benchmarks Leak: Ryzen 9 7900 On Par With 12900KS, Ryzen 7 7700 & Ryzen 5 7600 Cover The Mainstream

 

 

 

解説:

Ryzen 7000無印のベンチマークがリーク

Intel CPUの時もいろいろ書いたので、公平を期すために注意喚起しておきます。

Geekbench5はベンチマークの中にAVX512が含まれており、Zen4の結果はAVX512無しの結果よりも有利になっています。

その点を考慮に入れてみてください。

 

これは特にフェアネスを揺さぶるものではなく、元々そう言うテストだということだと思います。

もちろんですが、GeekBench5でのZen4より前のAMD CPUとAVX512有効化されたIntelプロセッサーの比較ではIntelの方が有利でした。

※ MillanとXeonなど

AVX512を使わない方にとってはバイアスがかかっているように見えるかもしれません。

その点を勘違いされると困りますので、お断りさせていただきます。

IntleもそろそろクライアントCPUにもAVX512を有効にするんじゃないのかなと思います。

そう言うわけです。

Zen4のシングルスレッドはAVX512抜きだと12900Kの少し上あたりではないかと思います。

マルチスレッドはちょっとよくわかりません。というか想像がつきません。

AVX512が有効でないテストだともう少し結果が下がるということは頭に入れておいてください。

さて、Ryzen7000無印の性能が出てきました。

なかなか良い塩梅ではないかと思います。

 

Impress Watch - 日本国内でAMD CPUの販売シェアが急速に低下、Intelの半分以下に

と言うことらしいです。

アメリカのamazonでの売れ筋をみると、Zen3が上位を占めているのですが、日本は本当にIntel好きな人が多いですね。

※ コメントでご指摘をいただきました。こちらは2月の記事をさも最新記事のように掘り出してきた印象操作記事のようですね。SEOの業者に上位に上がるように頼んだのでしょうか。商業メディアの情報操作の実例として覚えておいてください。

 

今冬はSocketAM5が発売されましたが、全体的に価格が高止まりしている上にこの円安が直撃し、移行はほとんど進んでないと思います。

5万円位で売っていたミドルレンジのマザーが8-9万円くらいになっていますので、資金に余裕がある人もかなり二の足を踏んでいるのではないでしょうか。

 

Raptorもあまり状況は変わらないのではないかと思います。

足元では円安の進行が止まり価格が戻りつつありますので、今後は正常に戻っていくのではないでしょうか。

 

 

 

Ryzen 7000シリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・Socket AM4)

 

Ryzen 5000/4000シリーズ低価格CPU

created by Rinker
AMD
¥12,800 (2023/02/03 13:46:59時点 Amazon調べ-詳細)

(Ryzen 5644BOX SilverはRyzen 5 4500です)

created by Rinker
AMD
¥9,367 (2023/02/03 13:51:33時点 Amazon調べ-詳細)

(AMD Ryzen 0510BOX SilverはRyzen 3 4100です)

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2023 All Rights Reserved.