CPU情報

疑惑のIntel Alder Lake Core i9-12900KF, Core i7-12700KF, Core i5-12600KF CPU ベンチマークと価格がリークしました。

更新日:

IntelのAlder Lake CPU「Core i9-12900KF」「Core i7-12700KF」「Core i5-12600KF」の最初の疑惑のベンチマークと販売価格が、ペルシャのPCアウトレット「Sakhtafzarmag」からリークされました。

Intel Core i9-12900KF, Core i7-12700KF & Core i5-12600KFのベンチマークと価格がリークされました。

今回リークされたベンチマークは、テスト環境やOSなどの詳細が記載されていないため、割り引いて見る必要があります。

しかし、これらのベンチマークはこれまでどこにも流出していないため、初期のエンジニアリングサンプルで、CPU側のパフォーマンスにのみ焦点を当てたものである可能性があります。

まずは、Intel Alder Lake-Sの「KF」チップである「Core i9-12900KF」、「Core i7-12700KF」、「Core i5-12600KF」の3機種のパフォーマンス数値をご紹介します。その仕様は以下の通りです。

インテル Core i9-12900K 16コア/24スレッド デスクトップCPU

インテル® Core i9-12900K」は、第12世代Alder LakeデスクトップCPUのフラッグシップチップとなります。

8個のGolden Coveコアと8個のGracemontコアを搭載し、合計16コア(8+8)、24スレッド(16+8)の性能を発揮します。

Pコア(Golden Cove)は、1~2個のアクティブコアで最大5.3GHz、全コアアクティブで5.0GHzの最大ブースト周波数で動作し、Eコア(Gracemont)は、1~4個のコアで3.90GHz、全コア搭載時には最大3.7GHzで動作します。

このCPUは30MBのL3キャッシュを搭載し、TDP値は125W(PL1)および228W(PL2)に維持されます。

販売価格は、「K」モデルが599USドル、「Non-K」モデルが509USドルとなる見込みです。

インテル Core i7-12700K 12コア/20スレッド デスクトップCPU

Core i7では、「Golden Cove」コアを8個搭載する一方で、「Gracemont」コアを4個に削減し、合計で12コア(8+4)、20スレッド(16+4)を実現しました。

Pコア(Golden Cove)は、1-2個のアクティブコアで最大5.0GHz、全コアアクティブで4.7GHzの最大ブースト周波数で動作し、Eコア(Gracemont)は、1-4個のコアで3.8GHz、全コア搭載時には最大3.6GHzで動作します。

また、25MBのL3キャッシュを搭載し、TDP値は125W(PL1)および228W(PL2)を維持しています。

販売価格は、「K」バージョンが429USドル、「Non-K」バージョンが359USドルとなる見込みです。

インテル Core i5-12600K 10コア/16スレッド デスクトップCPU

最後に、インテル® Core i5-12600Kは、エントリーレベルのアンロック・チップとなります。

Golden Cove」コアを6個、「Gracemont」コアを4個搭載し、合計10コア(6+4)、16スレッド(12+4)となっています。

Pコア(Golden Cove)は、1-2コア使用時に最大4.9GHz、全コア使用時に最大4.5GHzの最大ブースト周波数で動作し、Eコア(Gracemont)は、1-4コア使用時に3.6GHz、全コア使用時に最大3.4GHzで動作します。

また、20MBのL3キャッシュを搭載し、TDP値は125W(PL1)および228W(PL2)を維持しています。

販売価格は、「K」バージョンが279米ドル、「Non-K」バージョンが249米ドルとなる見込みです。また、「Core i5-12400」もあり、こちらは203ドルで販売されます。

インテル第12世代Alder LakeデスクトップCPUスペック(噂):

CPU名Pコア数Eコア数合計コア数 /
スレッド数
Pコア ベース
/ ブースト (最大)
Pコアブースト
(全コア)
Eコア ベース
/ ブースト (最大)
Eコアブースト
(全コア)
キャッシュTDP (PL1)TDP (PL2)価格
Intel Core i9-
12900K
8816 / 243.2 / 5.3 GHz5.0 GHz (全コア)未確認 / 3.9 GHz3.7 GHz (全コア)30 MB125W228W$599 US
Core i9-
12900
8816 / 24未確認 / 5.3 GHz5.0 GHz (全コア)未確認 / 3.9 GHz3.7 GHz (全コア)20 MB65W~200W$509 US
Intel Core i7-
12700K
8412 / 203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz (全コア)未確認 / 3.8 GHz3.6 GHz (全コア)25 MB125W228W$429 US
Core i7-
12700
8412 / 20全コア / 5.0 GHz4.7 GHz (全コア)未確認 / 3.8 GHz3.6 GHz (全コア)25 MB65W~200W$359 US
Intel Core i5-
12600K
6410 / 163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz (全コア)未確認 / 3.6 GHz3.4 GHz (全コア)20 MB125W228W$279 US
Core i5-
12600
606 / 12未確認未確認未確認未確認18 MB65W~200W$249 US
Core i5-
12400
606 / 12未確認未確認未確認未確認18 MB65W~200W$203 US

性能の数値については、まずCinebench R23の性能スコアを見てみると、シングルコア性能テストでは、インテル Alder Lakeの全ラインナップが既存のすべてのCPUを破壊しています。

マルチコアでは、Core i9-12900KFはAMD Ryzen 9 5950Xと同等、12700KFは5900Xよりも高速、Core i5-12600KFは5800Xよりも高速です。

Cinebench R23(数字が大きい方が性能が良い)

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

エンコードテストでは、X264およびX265 HDベンチマークでは、Intel Core i9-12900KFがAMD Ryzen 9 5950Xよりも高速であるが、HWBOT X265ベンチマークでは負けている。

Core i7-12700KF」は「Ryzen 9 5900X」に対して、「Core i5-12600KF」は「Ryzen 7 5800X」に対して、それぞれ同等の性能を発揮しています。

エンコードテスト(数字が大きい方が性能が良い)

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

これは、VermeerがRocket LakeやComet Lakeのチップよりも優れたマルチスレッドアーキテクチャによってBlenderのパフォーマンスを大幅に向上させたことを考えると、印象的な結果です。

Core i7-12700KF」は「Ryzen 9 5900X」に迫り、「Core i5-12600KF」は「Ryzen 7 5800X」よりも高速です。

Blender Benchmark(数字が小さい方が性能が良い)

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

PCMarkテストでは、Intel Alder Lakeの各CPUが同等のAMD Ryzen 5000に負けており、あまり印象的ではありませんが、前述のとおり、これらのベンチマークはまだ非常に初期のものであり、これらがWindows 10またはWindows 11 OS内で実施されたかどうかはわかりません。

PCMark10(数字が大きい方が性能が良い)

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

そのことは、同じベンチマークでAlder LakeのチップがRocket Lakeの先輩たちに負けていることからも明らかです。

いずれにしても、Intel Alder LakeのCore i9-12900KF、Core i7-12700KF、Core i5-12600KFは、CPU合成ベンチマークの部門で大きく改善されているようです。興味深いのは、これらのチップの価格設定が予想通りのものになっていることです。

Core i9-12900KFはRyzen 9 5950Xよりも200USドル安く、Core i7-12700KFはRyzen 9 5900Xよりも180USドル安く、Core i5-12600KFは5800Xよりも200USドル程度安く、より速くなるはずです。

これらは印象的であり、AMDがRyzen 5000のラインアップですでに小売店で値下げを行っている理由を示しています。

Intel Alder LakeデスクトップCPUのラインナップは、それぞれのZ690プラットフォームやDDR5メモリーキットとともに11月に発売される予定です。

ソース:wccftech - Alleged Intel Alder Lake Core i9-12900KF, Core i7-12700KF, Core i5-12600KF CPU Benchmarks & Prices Leak Out

 

 

 

解説:

AlderLakeのベンチマークがリーク

その内容を見ると、面白いのはRyzenが圧倒的に強かったCinebenchR15の最新版であるCinebenchR23で、Alderlakeが圧倒的に強くなっています。

その他のベンチマークはRyzenに勝ったり負けたりと言う内容になっており、少なくともIntelが言うようなRocketlakeのIPC+19%と言うほどの圧倒的な性能はありません。

RocketLakeはRyzen5000シリーズにシングルスレッド性能で上回っており、さらにその+19%と言うのはかなり圧倒的な性能になりますが、上の結果を見るとそこまでの差は感じません。

ただし、上のテストは環境が明治されていないため、Windows10なのか11なのかはっきり知りません。もしWindows10だった場合、Windows11ではAlderLake(ハイブリットテクノロジー)の性能が伸びると言われていますので、もっと差が広がる可能性のがあります。

いずれにしてもマルチスレッド性能で大きくRyzenの後塵を拝していたIntelCPUが同等レベル(以上)の性能を手に入れたことは確実で、今までRyzenの快進撃に枕を涙で濡らしていた熱狂的なIntelファンの方もこれで鼻高々でIntelを褒められるのではないかと思います。

 

 

 

 

第11世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

Core i5-11400/F

 

第10世代intelCore i9シリーズ(10コア)

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.