CPU情報

wccftech独占: Intel Rocket Lake Core i7、Core i9 CPUのラインナップと仕様

投稿日:

インテルの次期 Rocket Lake プロセッサのニュースを待っている場合は、私は今日あなたのための何かを持っています。

我々の情報源の一つは、Intelの次期Core i9とCore i7 Rocket Lakeファミリーの完全な技術仕様を提供してくれた。

IntelのRocket Lakeアーキテクチャは、6年以上の間に最初の重要なアーキテクチャのアップグレードを表しており、PCIe 4.0を搭載する。これにより、IntelはついにAMDのPCIe 4.0を搭載したZenプラットフォームと同等の性能を達成し、SkylakeよりもIPCを大幅に向上させることが可能になる。

Intel Rocket Lake Core i7とCore i9のCPUラインナップに最終的なターボブースト周波数を搭載

始める前に、B-0 ステッピングは基本的に QS サンプルであり、このリビジョンは通常最終的なものですが、インテルはこれらをさらに磨くことを決めるかもしれないことを覚えておいてください。

その場合、最終的なバリアントは、潜在的にこれよりも優れている可能性があります - しかし、悪くはありません。

同社のフラッグシップ Rocket Lake CPU、Core i9 11900K は、Intelの信じられないほど成熟した 14nm プロセスのおかげで驚異的な 5.3 GHz のシングルコアブーストと 4.8 GHz のオールコアブーストを誇ります。

私たちが見ているIPCの増加と組み合わせて、これはAMDのZen 3のラインアップに信じられないほどの競争力のある圧力をかけるはずです。

まだ何も主張していませんが、2021年にインテルがAMDからパフォーマンスの王座を奪還しても驚かないでしょう。

難しい話は抜きにして、ここでは、Core i7とCore i9のラインナップを説明します。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します

 

Intelは、(少なくとも近い将来の)発売に向けて、Core i7とCore i9ファミリーの合計10のSKUを準備している。

TDP は、わずか 25W から 125W までのすべての方法の範囲です。

あなたがエネルギー効率と生のパフォーマンスを好むかどうかに応じて、すべての人のための十分な多様性があります。

インテルのフラッグシップ プロセッサ、インテル Core i9 11900K は、信じられないほどの 5.3 GHz のシングルコアのブーストと 4.8 GHz のオールコアとの結合を持っています。

これらは、この速度でパフォーマンスを発揮するための資格を得た超選別品のチップとなり、一斉に出荷されることになるだろう。

これが14nmであることを考えると、これらのSKUの入手性は非常に良いはずだ。

また、Core i9 11900KF, Core i9 11900T, Core i9 11900とCore i9 11900Fのモデル名があります。

インテルは、Core i9 11900Tで35WのTDPで3.7GHzのオールコアブーストを提供することに成功しました。

[注意:意見]私は個人的には、Core i9シリーズは、AMDからZen3ベースの製品を上回ることを期待しています  [意見ここまで]となっています。

Core i7製品では、シングルコアブーストが5.0GHzになるのに対し、全コアブーストは4.6GHz前後になります。

これらは、Core i9 の製品よりもはるかに安価になり、選別落ち品となります。

彼らはまだ前世代(skylakeベースのuArch)に比べて18%のIPCの増加を提供し、そしてPCIe4.0は、おそらく現時点で最も重要なことの1つです。

TSMCがボトルネックになっているため、IntelはRocket Lakeを大量に出荷することができれば、市場シェアを獲得するチャンスがある。

14nmに基づいていることを考えると、それだけでは不可能な理由はわかりません。

リークされたベンチマークに基づいて, 我々はCore i7ファミリーは、AMDのZen 3ベースの製品/いくつかのケースではほぼ同等か、若干劣ると予想しています。

Rocket Lakeは、ほぼ6年以上の間にIntelから提供される最もエキサイティングなものになるようにシェイプアップされています。

14nmの成熟度と容易に利用可能なボリュームで、同社はちょうどその "プロセス-デカップリング "哲学を販売することに成功するかもしれません。

複数の供給制約(メモリ/材料など)に依存しているGPUとは異なり、CPUは主にファウンドリに依存している-そして、Intelのファウンドリは14nmのために完全にツール化されている-これは失われた市場シェアの一部を取り戻すチャンスである。

ソース:wccftech - Exclusive: Intel Rocket Lake Core i7, Core i9 CPU Lineup And Specifications

 

 

 

解説:

第11世代 Core i9/7の仕様がリーク

wccftech独占でRocket Lake core i9/7の仕様がリークしました。

ベースクックとブーストクロック、サーマルベロシティブーストのクロックなどが明らかになっています。

wccftechの記事ではRocket LakeはIntelがAMDの攻勢を止めるきっかけになるのではないかと解説しています。

AMDも少し前のIntelと同じく、市場に十分な製品を供給できなくなっており、早期の解決が望まれています。

実際Rocket Lakeはどうかと言うと、なかなか難しい製品なのかなと思います。

コア数と言うのは思ったよりマーケティング上の効果が高く、今更8コア16スレッドを手放しで進められる人はいないのではないかと思います。

使うかと言われたら、12コアや16コアをフルに使う状況は稀だと思います。

Ryzenで12コアや16コアを見てしまうと、「今更8コアかぁ・・・」と言うのが偽らざる感想です。

今回からIntelは製品をきちんと供給できるようになると思いますので、その点は素晴らしいと思います。

転売屋の付け入るスキがない完全な市場を取り戻してほしいと思いますし、これが出来た暁には「さすがIntel」と言う評価が戻ってくるでしょう。

 

 

第11世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

Core i5-11400

 

第10世代intelCore i9シリーズ(10コア)

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.