その他

PNY GeForce RTX 4070 Ti、RTX 4080 12GBのスペックを水面下で確認

投稿日:

昨晩、PNYの新型グラフィックスカード「PNY XLR8 GeForce RTX 4070 Ti」と「PNY Stealth Mode GeForce RTX 4070 Ti」の2枚と、それぞれの仕様がリークされた。

このデータによると、両カードはNVIDIA社が発売前に引き上げたRTX 4080 12GB GPUと同じものであることがわかります。

これは、NVIDIAがグラフィックスカードを存在からキャンセルする前に、以前にRTX 4080 12GBの仕様のリストを公開した唯一の会社です。

PNY Technologyは、NVIDIAから消えたRTX 4080 12GBと同一スペックのRTX 4070 Tiグラフィックスカードを2枚制作している

PNYの新しいSKUは、NVIDIA Ada Lovelaceアーキテクチャで、コアクロックは2310MHz、2610MHzにブーストされ、12GB GDDR6X 192bitオンボードメモリ、7680 CUDAコア、メモリバンド幅速度が504GB/sである。

このデータ収集により、NVIDIAはRTX 4080 12GBグラフィックスカードをRTX 4070 Ti GPUにブランド変更しただけであることが確認されました。

しかし、NVIDIAは消費者をだまそうとしているのでしょうか?そうではありません。

オリジナルのNVIDIA GeForce RTX 4080 12GBグラフィックスカードは、グラフィックスカードが対象としていたレベルに対して、パフォーマンスが低いものでした。

NVIDIAはこれを認識し、将来的にカードの名前を変更することを意図して、このカードをシリーズから削除することが最善であると判断しました。

次のSKU階層に配置されたRTX 4070 Tiは、このグラフィックスカードの意図とその性能にぴったりです。

PNYは、GeForce RTX 4070 Ti XLR8 VERTOとVERTOグラフィックスカードを発売する。

2枚のカードの違いは、1枚目はRTX 4080 16GB GPUに見られる冷却を強化し、プレミアム価格で販売されること。

2枚目のグラフィックスカードは、1枚目に見られたRGBが削除され、また3.3スロット構成ではなく3スロット構成を目指し、より薄いデザインを提供する予定です。

ウェブサイトVideoCardzの上のレンダーは、新しいPNYグラフィックスカードに追加されたいくつかの点に注意することができます。

まず、AD104 GPU設計の新しいコンパクトなPCBがあり、VRMはGPUの右側に、GDDR6XメモリはGPUの左と底にスペースを占めています。

以前のデザインに比べ、VRMの数が少なくなっています。

また、画像には12VHPWRコネクタも確認できる。

新しいNVIDIA GeForce RTX 4070 Tiグラフィックスカードは、2023年1月5日に発売される予定です。

最新のグラフィックスカードの現在の価格設定は不明です。

もしNVIDIAがAMDと新型GPUで競合することになれば、価格帯はライバルと同様、800ドルから900ドルの価格帯に位置することになるのでしょう。

NVIDIA GeForce RTX 4000 グラフィックスカード仕様

グラフィックス
カード名
NVIDIA GeForce
RTX 4090
NVIDIA GeForce
RTX 4080
NVIDIA GeForce
RTX 4070 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 4070
(推定)
NVIDIA GeForce
RTX 4060 Ti
(推定)
GPU 名Ada Lovelace AD102-300Ada Lovelace AD103-300Ada Lovelace AD104-400Ada Lovelace AD104-250Ada Lovelace AD106-350
製造プロセスTSMC 4NTSMC 4NTSMC 4NTSMC 4NTSMC 4N
ダイサイズ608mm2378.6mm2294.5mm2294.5mm2不明
トランジスタ数760億459億358億358億不明
CUDAコア数16,3849,7287,6805,8884,352
Tensor /
RT コア数
512 / 128304 / 76240 / 60184 / 46不明
ベース
クロック
2230 MHz2210 MHz2310 MHz2310 MHz不明
ブースト
クロック
2520 MHz2510 MHz2610 MHz2610 MHz不明
FP32演算性能83 TFLOPs49 TFLOPs40 TFLOPs30.7 TFLOPs不明
RT TFLOPs191 TFLOPs113 TFLOPs82 TFLOPs62.9 TFLOPs不明
メモリ容量
・種類
24 GB GDDR6X16 GB GDDR6X12 GB GDDR6X2610 MHz不明
メモリバス幅384-bit256-bit192-bit192-bit128-bit
メモリ速度21.0 Gbps23.0 Gbps21.0 Gbps21.0 Gbps18.0 Gbps
メモリ帯域幅1008 GB/s736 GB/s504 GB/s504 GB/s288 GB/s
TBP450W320W285W250W220W
価格 (現時点)$1599 US$1199 US$899 US
(未定)
不明不明
発売日2022/10/122022/11/162023/01/05不明不明

ソース:wccftech - PNY GeForce RTX 4070 Ti Confirms RTX 4080 12 GB Specs Under The Hood

 

 

 

 

 

解説:

日本ではあまり有名ではありませんが、GeforceのAIBの一つPNYからRTX4070Tiのスペックの確認ができたようです。

もちろんですが、RTX4070Ti=RTX4080 12GB(発売中止)なので、中身は全く変更はありません。

変更されるとしたら価格だけでしょう。

RTX4070Tiは2023年1月3日発表、5日発売と言う殺人的なスケジュールが予定されています。

RTX4080 12GB発売中止決定からあまり時も経たない中、パッケージの変更やプレスへの対応など、かなりの手間だったと思います。

小売のみならず、生産される側に携わっている方も、関係されていた方にはお疲れ様とねぎらいの言葉をかけたいです。

クリスマスや年末で業務がひっ迫する中でしょうから、非常に大変だったと思います。

私の予想では、RTX4070Tiはコスパはあまり良くありませんが、現実的な価格で買えるAda LovelaceとしてRTX4090/4080に手が出せなかった方がそれなりの数購入されると思いますし、それなりの数生産すると思います。

日本だとRTX4090が298,000円でRTX4070Tiが170,000円弱です。

10万円以上差がありますし、RTX3070TiのCUDAコア数が6144なのでそれなりの性能差はあると思います。

RTX3080と比較すると8,740CUDAコアで今は12万円弱で売っていますので、クロック差と価格差を考えるとコスパは微妙なところですね。

※ RTX3080とRTX4070Tiの3DMarkの値はこちらの記事にあります。

例えば性能としてはほぼ同レベルのNavi31が20万ユニット生産です。

Navi31が1.5倍くらいは冒険したとしても、RTX4070Tiは83万ユニットは生産することになります。

※ AMDのシェアを20%と仮定して、20万ユニットの2/3が通常の生産量として計算するとそのようになります。

ざっくりとした計算ですので、あまり正確ではないと思いますが、大きく外れていることもないのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

nVidia RTX4000シリーズ

※転売品が横行していますのでご注意ください。

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3080 10GB LHR

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6 LHR

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥115,000 (2023/02/04 05:54:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥86,780 (2023/02/04 06:07:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

-その他
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2023 All Rights Reserved.