GPU情報 その他

「Neon Noir」CRYENGINEハードウェア/ APIに依存しないレイトレーシングデモのテスト。 本日中に一般公開

投稿日:

今年のGame Developers Conference(GDC)でCrytekが初めて披露したCRYENGINEベースのハードウェアおよびAPIに依存しないレイトレーシングデモであるNeon Noirは、本日、Marketplaceからダウンロードできるように公開されています。

Crytekのおかげで、テストのために事前にアクセスできました。

以下のビデオでは、AMDのRX 5700XTを搭載したシステムで実行されたベンチマークのキースが実行した録画を見ることができます。

興味深いことに、これは、WargamingがenCore RTデモ(Intelとのパートナーシップで作成)を公開した後、過去数週間にリリースされた2番目のハードウェアに依存しないレイトレーシングデモです。

NVIDIAがRTXカードでハードウェアをサポートしており、AMDもレイトレーシングのハードウェアサポートを備えたNavi GPUをリリースする寸前であるにもかかわらず、レイトレースをより多くの人が利用できるようにすることに関心があることは明らかです。

CRYENGINEの開発者は、来年のある時点でレイトレーシング機能を実装しています。

これはおそらく、DirectX 12とVulkanのサポートを追加する予定の5.7エンジンの更新によるものです。

Crytekの人々は、この「レイトレーシングデモ」がどのようになったのかを詳しく説明した新しい「Making Of」開発者日記も共有しました。以下をご覧ください。

Neon Noirは、CrytekのハードウェアおよびAPIに依存しないレイトレーシング機能のケーススタディであり、ベンチマークになりました。

メッシュベースのレイトレーシングは、当社の優れたSVOGIテクノロジーの拡張であり、2020年にレンダリング機能で有名な独自のゲームエンジンCRYENGINEに搭載されます。

Crytekは今後、このテクノロジーをゲームに導入すると同時に、サードパーティの開発者が専用のRTコアを備えたGPU製品に実装されている別のレイトレーシング手法であるこの代替方法を使用できるようにします。

「Neon Noir RAY TRACING BENCHMARK」とは何ですか?

Neon Noirは、GDC 2019でビデオとしてリリースされた同じ名前のレイトレーシングデモの範囲を持つ実行可能なベンチマークです。

ホームシステムでベンチマークを実行し、現在のリグのスコアを取得し、レイトレーシング機能がリアルタイムでレンダリングされたときのパフォーマンスを確認します。

Neon NoirにはRazer Chroma RGBとの完全な統合も含まれており、Razer Chroma対応のハードウェアおよび周辺機器とうまくペアリングできます。

注:これらの効果を有効にするには、Razer Synapseが必要です。 このRazer Chroma RGB統合は、近い将来CRYENGINE開発者がChromaエフェクトをゲームに簡単に追加できるようになります。

推奨される最低仕様
AMD Ryzen 5 2500X CPU / Core i7-8700
AMD Vega 56 8 GB VRAM / Nvidia GTX 1070 8 GB VRAM
16 GB System RAM
Windows10 64bitOS
DX11

ソース:wccftech - ‘Neon Noir’ CRYENGINE Hardware/API Agnostic Ray Tracing Demo Tested; Available Publically Later Today

 

解説:

私が注目していたソフトウェアベースのレイトレーシング実装技術のデモであるNeon Noirがもうじき公開されるということです。

Cry Engine Marketplace

残念ながらPS5も新Xboxにもハードウェアでのレイトレーシングサポートが実装されるとほぼ確定しましたので、以前より注目度は下がりましたが、RX5700/XTなど、レイトレーシング機能が実装されていないRadeonVIIやRDNA第一世代でも今後のゲームでレイトレーシングが実行できる可能性があり、やはり現時点での注目度は大きいと言わざるを得ません。

現在、レイトレーシング自体が実装されていないゲームが多い中で、最低Vega56/GTX1070以上という縛りはあるものの、一世代前のミドルハイ以上のGPUでもレイトレーシング実行への道が開かれるというのは意義が大きいのではないかと思います。

メモリが8GB必要なようですので、どうなるかわかりませんが、GTX1660SUPER/Tiで実行出来ればかなり意義があるのではないかと思います。

 

-GPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.