GPU情報

AMD Radeon RX 7900 XTX & 7900 XT、リファレンスモデルが発売、AIBカスタム・モデルは1-2週後に登場予定

投稿日:

AMDのRadeon RX 7900 XTXとRadeon RX 7900 XTは、MyDriversが噂したように、発売時にはリファレンスモデルしか用意されていないかもしれません。

AMD Radeon RX 7900 XTX & RX 7900 XTはまずリファレンスフレーバーで、カスタムグラフィックスカードは1~2週間後に発売される

AMDは、12月13日にRadeon RX 7900 XTX & RX 7900 XT GPUラインアップを確かに発売しますが、このグラフィックスカードはリファレンスモデルでのみ利用可能になると言及されています。

新しいRDNA 3チップを搭載したカスタムグラフィックカードを待っているゲーマーは、もう少し待つ必要があります。

AMDボードパートナーがRadeon RX 7900 XTXとRX 7900 XTのカスタムデザインを予告し、公開するのを見たが(PowerColorとASUS)、まだ正式な紹介はしていない。

来月上旬には本格的な発表が行われると思われ、その時にはこのカードのレビューも掲載されると思われます。

レビューに続いて、12月13日に発売される予定ですが、この発売には、リファレンスバリアントのみが含まれると噂されています。

カスタムAIBカードは、1-2週間後に発売されると言われていますが、AIBモデルの予約は早い段階で開始される可能性があり、購入者は早い段階でカードを予約することができます。

しかし、ソースによって言及された1つの興味深いことは、AIBパートナーカードは、リファレンスモデルよりもはるかに高価になることです。

AMD Radeon RX 7900 XTXの希望小売価格が999ドルであるのに対し、Radeon RX 7900 XTの希望小売価格は899ドルであることが分かっている。

プレミアムAIBモデルが100ドルから200ドルの値上げとなると、RTX 4080の希望小売価格が1199ドルになるのと同じ価格帯になる。

Radeon RX 7900 XTXが4080に対して直接位置づけられ、価格がAMDフラッグシップの最も魅力的な特徴の1つであることを考えると、プレミアムバージョンはNVIDIAのばかげた価格のカードに対してそれほど良い印象を受けないかもしれません。

しかし、NVIDIAの4080 AIBは、1300USドルを超え、1500USドルを超えるものさえあるのです。

AMD自身が、リファレンスカードは12月13日に発売され、パートナーカードは12月中旬から発売されると述べていることを考えると、この噂も理にかなっていると言えるでしょう。

AMD Radeon RX 7900シリーズグラフィックスカードは、2022年12月13日よりAMD.comから、また12月中旬よりASRock、ASUS、Biostar、Gigabyte、MSI、PowerColor、Sapphire、Vastarmor、XFXおよびYestonなどの主要ボードパートナーから発売される予定である。AMD Radeon RX 7900 XTXのSEPは999米ドルで、AMD Radeon RX 7900 XTのSEPは899米ドルです。

AMDより

昨日、AMDがNVIDIAのRTX 40シリーズよりも優れたローンチサプライを用意するかもしれないとお伝えしましたが、レッドチームの本音は、まずはリファレンスデザインをユーザーに味わってもらいたいということのようです。

ハイエンドGPUの分野では、NVIDIAとAMDの両者がしのぎを削る、白熱した12月になることは間違いないでしょう。

AMD Radeon RX 7900 XTX vs NVIDIA GeForce RTX 4080

グラフィック
カード名
AMD Radeon
RX 7900 XTX
NVIDIA GeForce
RTX 4080
GPUNavi 31 XTXAD103-300-A1
製造プロセスTSMC
5nm+6nm
TSMC 4N
ダイサイズ300mm2
(GCDのみ)
522mm2
(MCD込)
379mm2
トランジスタ数580億459億
GPUコア数12,2889,728
TMU数
/ROP数
384 / 192304 / 112
ブースト
クロック
2.3 GHz2.2 GHz
最大クロック2.5 GHz2.5 GHz
FP32演算性能61 TFLOPs49 TFLOPs
メモリ容量
・種類
24 GB GDDR616 GB GDDR6X
メモリバス幅384-bit256-bit
メモリクロック20 Gbps22.4 Gbps
メモリ帯域幅960 GB/s716.8 GB/s
キャッシュ96 MB64 MB
TBP355W320W
PCIe
インターフェイス
未確認PCIe 4.0 x16
価格$999 US$1199 US

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 7900 XTX & 7900 XT Launching In Reference Flavors, Custom Cards To Appear 1-2 Weeks Later

 

 

 

 

解説:

リファレンスモデルは12/13に発売、AIBカスタムモデルは1-2週間後に発売。

リファレンスモデルは999ドルのラインを守るようですが、AIBカスタムモデルは100-200ドル価格が上がるようです。

特にRX7900XTXは450WのTDPを許容してハイクロック迄回せばRTX4090と同程度の性能は出せたのではないかと私は思っています。

なので、RTX4080と比べるとかなりお得感が強いですね。

残念なのはやはりGeforceでなくてはならない用途が増えていることですね。

ゲーマーもマイナーなゲームや昔のゲーム、インディーズタイトルを中心にプレイされている方はGeforceの方が無難だと思います。

PS5やXboxはRDNA2なので、最新のゲームはトラブルが逆に少ないと思います。

トラブルと言ってもごくごくまれな話だと思いますが私はRX6900XTでプレイした時、VRのマイナーなタイトルで一件不具合に遭遇しました。

画面中に黒いグリッチが発生する割と致命的な不具合でしたが、マイナーなタイトルであればあるほどメーカー、ゲームスタジオ側両方で対応は絶望的なのでマイナーなタイトルをプレイされる方は覚悟しておきましょう。

それでも今回のRadeonのコスパと初物の規格を搭載していない安心感は何物にも勝ると思います。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.