GPU情報

AMD、カスタムモデルを持つDIYユーザー向けにOEM専用Radeon RX 6400を発売

投稿日:

AMDは4月20日に新しいRX 6000シリーズGPUを発表する予定ですが、ICの新しいリリースを監視するRRA bot(Videocardz経由)の最近のツイートによると - AMDは、同社の最も低価格なGPUであるRX6400をOEM専用ではなく、一般向けに販売するように考えを変えたようです。

GIGABYTE RX 6400 EAGLE 4GB GDDR6 は、AMD の最小 GPU の最初の非 OEM カスタムバージョンとなる。

RRAとはNational Radio Research Agencyの略で、新しいGPUはすべて認証を受けなければ韓国で販売することができません。

つまり、すべての新GPUは、最終的に、必然的に、発売直前にここで目撃されることになる。

実際、過去にはAMDやNVIDIAといった企業が、技術系プレスの目を逸らすためにダミーカードの認証を取得したことがあります。

しかし、このカードはそのような戦術を行うほど刺激的ではないので、このカードが正規のものであると強く確信しています。

AMD Radeon RX 6400は、768コアのNavi 24 XLチップをカットダウンしたものをベースにしています。

このカードは、その兄弟製品(RX 6500 XT)に存在するオリジナルの4GB GDDR6 vRAMを搭載し、2.5 GHzレンジのクロックを備えています。

TDPは53Wと低く、電源コネクタを必要としません(PCIeスロットで75Wの電力を供給可能)。

帯域幅は112GB/sで、当初はOEM専用モデルとして設計され、当初はカスタムバリエーションは予定されていなかったという。

旧来のゲーマーに懐かしさを感じさせるような非常にロープロファイルなカードで、HDMI端子とDP端子を1つずつ備えた1スロット設計となっている。

RX 6400とRX 6500 XTはどちらも、非常に軽いゲームパワー(1080p、低設定を想定)を求めるエントリーレベルのセグメントをターゲットにした製品です。

しかし、FSR 2.0などの技術により、RX 6400のようなカードでも、低解像度ではまともなゲーム体験ができるかもしれません。

現在、RX 6600は、1080pの快適なゲーム体験をするために入手すべきカードです(FSR 2.0ではさらに良い?)

AMDが考えを変えたと思われる理由は、グラフィックスカードの価格(およびマイナーからの需要)の全体的な下落にあります。

OEM専用カードは、以前なら、大型チップはほぼ間違いなくマイナーに吸い上げられるため、重要なビジネス顧客のために供給を確保する必要があったはずです。

マイニングの脅威が減少していることから、AMDはこの小さなカードをゲーマーにもリリースすることを決定したようです。

EAGLEカードは通常2つの冷却ファンを備えているため、電源コネクタがあると予想されますが、このカスタム製品が電源コネクタを備えているかどうかは不明で、これはカードの総使用可能電力を超えることになります。

オプションの電源コネクタが搭載されるかもしれません。

AMD RDNA 2「Navi 2x」GPUの構成:

GPU名Navi 21Navi 22Navi 23Navi 24
製造プロセス7nm7nm7nm6nm
GPU
コードネーム
Sienna CichlidNavy FlounderDimgrey CavefishBeige Goby
トランジスタ数268億172億未確認未確認
ダイサイズ536mm2336mm2236mm2~141mm2
GPU
パッケージ
MonolithicMonolithicMonolithicMonolithic
シェーダー
エンジン数
4222
SP数64646464
ダイ毎の演算
ユニット数
80403216
コア数(合計)5120256020481024
メモリバス幅256-bit192-bit128-bit64-bit
メモリ種類GDDR6GDDR6GDDR6GDDR6
インフィニティ
キャッシュ
128 MB96 MB46 MB16 MB
フラッグシップRadeon RX 6900 XTXRadeon RX 6700 XTRadeon RX 6600 XTRadeon RX 6500 XT
TBP330W230W160W107W
発売時期2020Q42021Q12021Q32022Q1

ソース:wccftech - AMD Releasing OEM-Only Radeon RX 6400 For DIY Customers With Custom Models

 

 

 

解説:

AMD「やっぱRX6400は自作向けに出すわ」

当初はRX6500無印と言う名前で出ると言われたRX6400ですが、自作市場向けに箱入りで販売することに決めたようです。

1スロットのロープロファイル対応カードと言うことで何かノスタルジックな雰囲気を感じさせる製品になっています。

※ Gigabyteから予定されている製品は2スロットのようです。

ゲーマー向けとしてはあまり意味のない製品ですが、かなり需要はあるのではないかと思います。

理由はこういった製品は永らく発売されていなかったからです。

必要としている人はあまり多くはないでしょう。しかし、必要としている人は全員買う種類の製品だと思います。

価格が安ければなおよいですね。

同じチップのフルシリコンを搭載するRX6500XTの性能から言っても、RX550やGT1030と言った製品よりも低性能とは思えず、その上ワンスロット、ロープロファイル対応と言う珍しい製品ですから、結構な引き合いがあると思います。

製品によっては補助電源端子搭載するかもしれませんが、恐らく、無しでもクロックを落として動作はすると思います。

RX6500XTはさんざん叩かれましたが、RX6400は販売するだけでも意義がある製品なので、恐らく批判は浴びないと思います。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.