GPU情報

TDP700Wの謎のNvidia GPU「Skinny' Joe」が発見される - 獰猛な新シリコンに諸説あり

投稿日:

これはおそらくRTX 4090 Tiではない。

X(Twitter)のGPU探偵@Harukaze5719が、コードネーム「Skinny Joe」と呼ばれる、TDP700Wという非常に高い性能を持つ新型GPUの存在を明らかにした。

この巨大なTDPは、NvidiaのH100とH200と同じである。このことから、「Skinny Joe」はゲーム向けの最高のグラフィックスカードの1つであるRTX 4090 Ti/Superというよりは、むしろ企業向けGPUの更新版ではないかと推測される。

我々が正しいと仮定すると、この新しいエンタープライズGPUは何でもあり得るが、コードネームは、パッケージを小型化した改訂版Hopper H200 GPUである可能性を示唆している。

H200はこれまでで最速のGPUの1つとなり、AI性能の向上と既存のH100より多くのメモリを約束する。

新しい、より小型の可能性のあるモデルは、NvidiaがDGXラックマウントサーバーにさらに多くのH200 GPUを搭載することを可能にするかもしれない。

あるいは、サーバーサイズを6U DGXシャーシからよりコンパクトなものに縮小し、ラックあたりより多くのサーバーを可能にするかもしれない。

他の説では、この新モデルもPCIeベースのGPUバージョンである可能性があり、そうなればH200のNvidia専用ではないハードウェアとの互換性が大幅に拡大する。

H100 GPUには、PCIeフォームファクター、デュアルカードH100 NVL PCIeモデル、数種類のSXMオプションなど、いくつかのバリエーションがあった。

今のところ、H200はSXMフォーム・ファクターのみで、他のソリューションとの互換性が制限されている。

PCIeモデル説の問題点は、GPUのTDPが700Wであることだ。

PCIeベースのH100の最大電力エンベロープはわずか350Wだったが、SXMモデルは最大700WのTDPを持つ唯一のモデルだった。

Nvidiaがサーバーシャーシに収まるほど小型で、TDP 700Wをサポートする空冷PCIeソリューションを開発するとは考えにくいため、H200の他の形態に戻ることになる。

これがH200の新しい派生モデルで、性能かフォームファクターが変更され、特定の市場に対応するものであれば、納得がいく。

特定の市場に対応するために性能かフォームファクターを変更する。

これによって、Nvidiaは市場シェアと収益をさらに拡大することができるだろう。

少し考えてみよう、 Nvidiaの新しいHopper GPUは非常に需要が高く、わずか1四半期で900トン以上のH100 GPUを生産した。

RTX 4090 Ti/Superの可能性は?

可能性は極めて低いものの、「Skinny Joe」がRTX 4090 Ti/Superである可能性はゼロではない。

Harukaze5719は、それが企業向けGPUであることを示唆していない。

そのGPUが実はゲーミング・カードである可能性は低い。

その場合、タイミングは最高だ。

Nvidiaは今月CES 2024でRTX 4000シリーズのSuperリフレッシュを発表する予定だからだ。

噂では、新しいRTX 4070 Super、RTX 4070 Ti Super、RTX 4080 Superカードが登場すると言われている。

せっかくだから、新しいHalo製品であるRTX 4090 Superもラインナップに加えてはどうだろうか。

ソース:Tom's Hardware - Mysterious 'Skinny' Joe' Nvidia GPU spotted with a 700W TDP rating — theories abound about the new beastly silicon

 

 

解説:

nVIDIAの新GPUのうわさが飛び交っています。

元記事にもある通り、残念ですが、これはRTX4090Tiではなく、AI/MLデータセンター用の製品だと思います。

それほど今この市場はホットであり、通常2年更新だったGPUをAI/MLアクセラレーターのみ1年更新にするほどだからです。

RTX4090Tiである可能性も0ではないですが、可能性は非常に低いと思います。

3か月間で900トン以上のH100を出荷したということからもわかる通り、飛ぶように売れている状態です。

しかも、一度の引き合いで数1,000枚、数万枚単位で売れるのが普通ですから、ここにまた新たな製品を出したとしても何も不思議ではありません。

対してゲーム市場はじりじりと値下がりを続けているような状態ですから、どっちに製品を出すかは言わずもがなです。

この傾向はnVIDIAだけではなく、一説によるとAMDがRDNA4のNavi41/42をキャンセルするのも製造リソースをMI300A/Xに集中するためと言われています。

この「AI狂騒曲」はしばらくは続きそうな気配です。

 

 

 

 

 

 

nVidia RTX4000シリーズ

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥104,800 (2024/03/04 07:38:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2024 All Rights Reserved.