CPU情報

AMD Ryzen 5 7600X デスクトップCPUの一部にZen 4 CCDを2個搭載した製品が登場

投稿日:

AMDのRyzen 7000デスクトップCPUには、シングルCCD設計のものと、Zen 4 CCDをデュアルで搭載したコア数の多いバリエーションがあります。

しかし、AMDは一部のAM5 Ryzen 5 & Ryzen 7チップを2つのCCDで出荷する可能性があるようだ。

AMD Ryzen 5 7600X CPUにZen 4 CCDが2つ搭載されていることが判明、Ryzen 9チップの欠陥か、それとも実際に使用可能か?

最近、Der8auerは、AMD Ryzen 7000デスクトップCPUを直接ダイ冷却する場合に使用できる最新のDelid Die Mateを紹介するビデオを投稿しました。

このオーバークロッカーは、このデモにThermal Grizzly Direct Die Frameを使用しましたが、Ryzen 5 7600Xを殻割した際に、興味深い発見がなされました。

AMD Ryzen 5 7600X CPUがデリートされるやいなや、Der8auerはZen 4 CCDが1つではなく2つ搭載されていることに気づきました。

7600Xは6コア12スレッドを搭載しているので、余分なCCDは必要ないのです。

Ryzen 9セグメント以下のAMD Ryzen 7000 CPUはすべて1つのCCDを使用しているので、PCB上にデュアルZen 4 CCDが実装されているのは確かにちょっと面白いですね。

チップはすでに取り外されていたため、Der8auerはチップを熱プローブの下に置き、もう1つのZen 4 CCDがアクティブかどうかを確認しました。

各チップレット(2個のZen 4 CCDと1個のIOD)に言う3個の小さな銅製ブロックが使用された。

起動すると、IOダイと1個のZen 4 CCDだけが熱を出し始めたので、アクティブであることが示された。

これは、他のダイは動いていないことを意味する。

では、なぜこの特定のAMD Ryzen 5 7600X CPUに2つのZen 4 CCDが搭載されているのか、という疑問が湧いてきます。まず第一に、AMDは、Zen 4 CCDが1つしか動作しない不良品のRyzen 9チップを使用して、Ryzen 5およびRyzen 7製品として表示している可能性があります。

そうすると、もう1つのダイは完全に不良品で使えないということになる。

しかし、このダイが人為的にロックされ、それを有効にするためのバイパスが存在する可能性もわずかながら存在する。

AMDは、Ryzen 7 5800X3D OCのように、チップのいくつかの機能を人為的にロックしていることが知られているが、それはすぐに克服されるだろう。

しかし、実際にCCD全体を有効にするのは見た目ほど簡単ではないだろうし、これが機能的なダイだったとしても、これをバイパスするには熟練の技が必要だろう。

とはいえ、AMDがRyzen 7とRyzen 5の一部のチップで、Zen 4のデュアルCCDを出荷しているのは興味深い。

チップはもっとたくさんあるかもしれませんが、殻割しない限り(保証が無効になる実際のリスク)、CPUのフードの下に何があるのかはわかりません。

ソース:wccftech - Some AMD Ryzen 5 7600X Desktop CPUs Comes With Dual Zen 4 CCDs

 

 

 

解説:

CCDが2つ搭載されている7600Xが発見される。

2+4や3+3などの変則的に中のコアが有効化されている(所謂ハズレ)のかと思ったのですが、1つのCCDは完全に動作していないとのことですから、Ryzen9の非動作品を7600Xや7700Xにして販売しているのではないかとと言う話です。

2つダイを搭載している製品自体は上の写真にある通り、実際に殻割して確認していますので、存在はしているようです。

この全く動作してないもう一つのダイを動かす事が出来れば、7600Xの価格で8コア以上のCPUを手に入れることが出来る可能性がありますが、困難を極めるようで、現在のところ不可能とされています。

非常にもったいない話ですが、現状ではただの飾りと言うことになりますね。

このCCDが一体何者なのかによって話が変わってきます。

動作クロックが基準に達しない程度に低かったのか、6コアではなく、5コア以下でしか動作しなかったのか。

ここからわかることはZen4の生産はあまり効率的になってないということでしょう。

モノリシックの場合、Intelだとかなり厳密に選別を行っていますが、次世代のマルチタイルに移行した時にこうした話が上がってくると面白いですね。

今後研究が進んで、無効化されているもう一つのダイを動かす方法が発見された場合、7600X/7700Xの中に一定の割合でお宝が埋まっていることになります。

 

 

Ryzen 7000シリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・Socket AM4)

 

Ryzen 5000/4000シリーズ低価格CPU

(AMD 100-100000926WOFはRyzen 7 5700Xです)

created by Rinker
AMD
¥11,869 (2022/11/26 13:13:57時点 Amazon調べ-詳細)

(Ryzen 5644BOX SilverはRyzen 5 4500です)

created by Rinker
AMD
¥10,404 (2022/11/26 13:18:02時点 Amazon調べ-詳細)

(AMD Ryzen 0510BOX SilverはRyzen 3 4100です)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.