CPU情報

Intel Core i7-10700K 8コアおよびCore i5-10600K 6コアCPUベンチマークのリーク–シングルコアおよびマルチコアとAMD Ryzen 3000 CPUで同等

投稿日:

Comet Lake-SというコードネームのIntelの第10世代デスクトップCPUの新しいベンチマークがリークしました。

最新のベンチマークは、8コアのCore i7-10700Kと6コアのCore i5-10600Kを対象としています。

これらのプロセッサはどちらも、主流のAMD Ryzen 7 8コアと、数か月にわたって市場に出回っており、その優れたパフォーマンスと価値で大きな

評価を得ているAMD Ryzen 5 6コアラインナップに取り組みます。

 

Intel Core i7-10700K 8コアとAMD Ryzen 7 3800XおよびIntel Core i5-10600KとAMD Ryzen 5 3600X CPUベンチマークのリーク

最新のベンチマークは、TUM_APISAKから(NotebookCheckを介して)3つの第10世代IntelデスクトップCPUを含むと報告されています。

CPUには、Core i7-10700K、Core i5-10600K、およびCore i5-10600KFが含まれます。

KFモデルは基本的にCore i5-10600Kと同じチップですが、iGPUが無効になっています。

これらのプロセッサの仕様を以下に示します。

 

Intel Core i7-10700K-8コア、最大5.1 GHzシングルコア、4.7 GHzオールコア

Intel Core i7-10700Kは8コアと16スレッドを特徴とします。

このチップは、16 MBの合計キャッシュと125WのTDPを収容します。

このチップは、3.8 GHzのベースクロック、5.0 GHz(シングルコア)および5.1 GHz(シングルコア)のブーストクロックを備え、Turbo Boost Max 3.0を備えています。

チップは、シングルコアでは100 MHz高速ですが、500ドルを超える価格で販売されているCore i9-9900Kよりもすべてのコアで100 MHz遅くなります。

これはi7のパーツなので、価格は約350〜400 USドルになると予想しています。

 

Intel Core i5-10600K-6コア、最大4.8 GHzシングルコア、4.5 GHzオールコア

Intel Core i7-10600Kは、6つのコアと12のスレッドを備えています。

このチップは、12 MBの合計キャッシュと125WのTDPを収容します。

チップは、4.1 GHzのベースクロック、4.8 GHz(シングルコア)、4.5 GHz(オールコア)のブーストクロックを備えています。

チップは、第8世代のフラッグシップであるCore i7-8700Kよりも高速で、シングルコアとオールコア全体でベースとブーストクロックが高くなっています。

Core i5は、220ドルから270米ドルで販売されるはずです。

これは、高速の6コアとマルチスレッドCPUに適した価格です。

両方のチップの価格設定に基づいて、Core i7-10700KはAMD Ryzen 7 3800Xと直接競合し、Core i5-10600KはAMD Ryzen 5 3600Xと直接競合します。

どちらのCPUも、競合他社と同じコアとスレッドを備えていますが、7nmと比較して14nmプロセスノードに基づいており、より高いコアクロックを備えていますが、電力効率は犠牲になります。

更新-Core i9-10900KFのスコアもリストに追加して、IntelのCore i7およびCore i5第10世代デスクトップCPUと比較します。

※ クリックすると別Window・タブで開きます

 

以下に示すベンチマークデータは、これらのプロセッサに何が期待できるかを理解するのに役立ちます。

Geekbench v4シングルコアCPUテスト:

Geekbench v4マルチコアCPUテスト:

上記のスコアからわかるように、シングルコアテストではIntel第10世代デスクトップCPUのラインナップが明らかに先行しています

これは、AMD Ryzen 3000 CPUが実行できない、5 GHzクロックバリアを超える、または超えるシングルコアのクロック速度が速いためです。

同時に、AMDのIPCリードはZen 2でかなり強力であるため、Intelは第3世代Ryzenの競争に勝つために、このような高いクロック速度を必要とします。

これは、AMD Ryzen CPUがより低いオールコア周波数にもかかわらず第10世代Intel Coreラインナップに一致できるマルチコアテストで紹介されています。

これらすべてのベンチマークと以前にリークされたベンチマークを使用して、以下にリストされているIntelとAMDの現在の世代のラインナップのいくつかの長所を結論付けることができます。

intelの第10世代コアデスクトップCPUプロ:

  • より高いシングルスレッドパフォーマンス
  • より高いクロック速度
  • 優れたオーバークロック機能
  • 固体メモリのサポート
  • AMD CPUよりもクーラーの可能性が高い

AMDの第3世代RyzenデスクトップCPUプロ:

  • より高いマルチスレッドパフォーマンス
  • より多くのコア/スレッド/キャッシュ
  • 7nmアーキテクチャ(新機能)
  • 箱から出して印象的な価値
  • Intelと同等のシングルスレッドパフォーマンス
  • はるかに低い消費電力

Intelの第10世代Comet LakeデスクトップCPUが、LGA 1200ソケットを搭載した新しいZ490マザーボードとともに来月発売されます。

第10世代CPUへのアップグレードを楽しみにしているユーザーは間違いなく新しいマザーボードを必要とし、さまざまな小売業者のZ490ボードに記載されている初期の予約価格に基づいているため、プラットフォーム自体は非常に重要であり、安価ではありません

しかし、Intelのボードパートナーは、5月13日のZ490および10th Genの正式リリースの少し後の5月27日に、より安価なH470、B460、およびH410チップセットベースのオプションをリリースします。

AMD Ryzen 3000 CPUから一部の市場を奪い取ることができるかどうかを判断するには発売を待たねばならないでしょう。しかし、上記の数値に基づくと、それは本当に難しい賭けとなるでしょう。

 

解説:

Comet Lake-Sの複数モデルのGeekbench4の結果がリーク

Comet Lake-SのGeekbench4の結果がリークしました。

これによると8コア上位モデル同士でのベンチマーク結果は

Ryzen 7 3800X

シングル・・・5800

マルチ・・・35000

Core i7-10700F

シングル・・・6018

マルチ・・・34221

Core i9-9900K(参考)

シングル・・・6176

マルチ・・・33545

となっており、シングルコア性能はIntelが、マルチコア性能はRyzenが勝っており、それは今までの傾向と変化はありません。

ただし、RyzenとCore i7-10700Fの差は1割以下となっており、この程度ならば測定条件によってはひっくり返るほどの僅差です。

ほぼ同様の結果といってよいでしょう。

ですので、好きなほうを買えばよいと思います。

ただし、Ryzen3000シリーズはPCI Express4.0に対応しており、プラットフォームの性能で考えるならば、Ryzenのほうが一歩リードしています。

参考までに旧モデルであるCore i9-9900Kと比較してみるとこちらもほぼ同一の結果になっています。

どちらもSky Lakeアーキテクチャーの8コア16スレッドですから、ほぼ同一の性能で変化はクロックのみといってもよいでしょう。

現在、第9世代Coreを使っている人は特に更新の必要はないと思います。

最上位のCore i9-10900KFはさすがにシングルコア性能もマルチコア性能も上がっていますが、リーク情報の消費電力が本当だとすると、発熱がかなり厳しいため、よほど優れたCPUクーラーを使わないとその性能が発揮できないでしょう。

Comet Lake-Sとは14nmでRyzen3000シリーズに追いつくために無理やりコア数やクロックなどの性能を高めたモデルであり、特に最上位のCore i9-10900K/KFはいささかバランスが崩れているモデルといってよいと思います。

Kaby Lake以前のモデルを使っているならば更新してもよいと思いますが、そうでなければPCI Express4.0に対応するといわれているRocket Lake-Sまで待ったほうが良いと思います。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

 

Core i7

 

Core i5

 

Core i3

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.