GPU情報

NVIDIA GeForce RTX 4000 シリーズ PCIe Gen 5 電源アダプタは、付け外しの寿命が30回とされています。

投稿日:

※ 解説の最後に30回の耐久性に関して心配する必要は無いという情報がありますので、そちらも読んでください。

 

NVIDIAのGeForce RTX 40シリーズグラフィックスカードは、その高い電力ニーズを補うために、全く新しいPCIe Gen 5電源アダプタを使用することになります。

新しいATX 3.0規格に準拠した最新のPSUのみがシングルピンの直接配線を提供できますが、古いPSUを所有しているユーザーは、1本のGen 5ケーブルにつながる4個もの8ピンコネクタを備えたアダプタを使用する必要があります。

NVIDIA GeForce RTX 4000グラフィックスカードは、30回の付ける外すを繰り返すと、新しいPCIe Gen 5ケーブルが必要になります。

この新情報は、ZOTACがPCIe Gen 5アダプターケーブル1本の耐用年数を自社サイト上に掲載したものです。

メーカーによると、8-Pin x4 to 16-Pin x1コネクタで構成されるPCIe Gen 5アダプタは、30回の付け外しで交換するよう推奨されているとのことです。

つまり、ユーザーは最大でも30回ケーブルを付け外しすれば、その「限定的」な耐久性が終了することになります。

RTX 4090やTX 4080を含む次世代NVIDIA GeForce RTX 4000シリーズグラフィックスカードには、このようなケーブルがバンドルされますが、各パッケージには1本のケーブルしか含まれないため、ハードウェアのプラグをたくさん抜いて新しいものを試すのが好きな愛好家は、30回のライフサイクルの期間を使い切るたびに新しいケーブルが必要になるので注意しなければならないでしょう。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

PCIe Gen 5ケーブルは、最大600Wの電力を供給できますが、NVIDIAが明言しているように、4番目の8ピンは完全にオプションであり、よりオーバークロックのヘッドルームを提供するために使用することができます。

GPUは、同社が公式に確認しているように、オーバークロックで3GHz以上のクロック速度に設定することができます。

「各GeForce RTX 4000 シリーズ Founders Editionグラフィックスカードは、次世代ATX 3.0電源の新しい標準GPU電源入力、PCIe Gen-5 16-pin Connectorを利用することにより、ケーブルの散乱を軽減します。これにより、1本のケーブルでGeForce RTX 4000シリーズグラフィックスカードに電力を供給することができ、構築の美観を向上させることができます。前世代の電源を使用している場合、アダプターケーブルが同梱されており、3つの8ピン電源コネクターに接続することができ、オプションの4番目のコネクターでさらにオーバークロックのヘッドルームを確保できます。ATX 3.0電源は、ASUS、Cooler Master、FSP、Gigabyte、iBuyPower、MSI、Silverstone、ThermalTakeから10月に発売され、さらに多くのモデルが登場する予定です。"

NVIDIAより

この問題は、PCIe Gen 5(12VHPWR)ケーブルが曲げに非常に弱く、PCI-SIGが示唆するように温度変化が懸念されることから、公称寿命を超えた長期間の使用によりケーブルが永久に損傷する可能性があることに起因しています。

PCI-SIGの内部調査による問題点(ソース:GamersNexus):

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

これは、カードの発売後に検証する必要がありますが、新しいオーナーや、GPUを一度PCに接続したら二度と取り出さないという人にとっては、大きな懸念にはならないはずです。

一部のPSUメーカーは、より高品質の部品を使用してケーブルを製造していますが、スリーブを取り外さない限り、12VHPWRケーブルの良し悪しを判断することは不可能です。

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce RTX 40 Series PCIe Gen 5 Power Adapters Have a Limited Connect & Disconnect Life of 30 Cycles

 

 

 

 

解説:

8P x3/x4 to 12VHPWR 変換ケーブルには着脱30回と言う寿命が存在する。

どうも、12VHPWRがもたらすのは素晴らしい世界だけではないようです。

Zotacによると、8P x3/x4 to 12VHPWR 変換ケーブルには着脱30回と言う寿命が存在するようで話題になっています。

これは主に12VHPWR側の問題であるようです。

ケーブルの温度が高くなることに加えて、曲げに弱い特性があることが原因とのこと。

現行の補助電源ケーブル8P/6Pであれば、既に使い勝手まで綱領されて作られていますので問題になることはまずありませんが、12VHPWRはそうではないようです。

12VHPWRが本当の意味が必要なのはRTX4090とRTX4080 16GB(一部のカスタムモデル?)のみだと思われます。

このクラスのGPUを購入する人は金に糸目をつけない層なので、恐らくは早々に解決していく問題だと思います。

それ以下のモデルに関しては、AICが12VHPWRを採用するのかどうかも含めて、まだわからないことが多いです。

 

また30回と言う制限が付くとイメージ的に圧迫感がありますが、普通の使い方をしている人にとっては問題ないレベルだと思います。

例外としてレビューなどで頻繁に付け外しする人たちは少しテストする順番などを考えなくてはいけなくなるかもしれません。

 

RTX4080 12GB以下のモデルに関してはAICが出す製品にも12VHPWRが採用されるのかどうかは気になるところです。

また、750W以下の電源に12VHPWRが採用されるのかどうかも気になるところ。

何度も書いていますが、OC込みで375Wと言う制限を守っていれば、12VHPWRなんて必要ないです。

これは総容量で言えば750Wくらいまでの環境でしょう。

それ以上は現在の製品ラインナップを見ると電源容量850W以上と言うことになり、このクラスの電源はごく一部のハイエンド製品に限られます。

12VHPWRと言う規格を単なるスマートな接続ケーブルとして下の価格帯まで普及させるのか?、上のクラスにとどめるのか?それによってこの話の影響力と言うのも変わってくると思います。

仮に850W以上と言うことになれば、使う人は本当にごくごく一部にとどまるでしょう。

そう言った肝心な話はどこからも聞こえてきませんが、どのようになるのですかね。

RTX4090などのハイエンド製品は多くのユーザーのあこがれになるでしょう。

しかし、憧れになるのと実際に使われるのは違います。

マスを取るモデルが一番強く、影響力が大きいです。

それは市場で圧倒的なシェアを取っているnVidiaが一番よくわかっていると思います。

将来的にはミドルハイ以下のPCを組む人たちとハイエンド以上のPCを組む人たちで分断が起きるかもしれませんね。

 

ツイッターでご指摘を受けましたので、追記しておきます。

リンク元のページを引用させてもらいます。

12VHPWRは低格付けではない
2022年09月22日ルーク・サベニェ

Videocardzのオリジナルレポートに基づいて、多くの人がRTX 4000シリーズビデオカードの付属アダプタの寿命について心配しており、Zotacに焦点が当てられている。この懸念は、Zotacのサイトにある次のような注意書きに由来している。

4x 8-pin-to-12VHPWR cable (最大30回の接続/切断が可能な限定的な耐久性)

Zotacのこの評価は完全に正しいです。問題は、人々がもっと高い定格を期待していることです...そうではありません。Amphenolの12VHPWR端子のデータシートを確認すると、30「着脱回数」というまったく同じ定格が記載されています。この定格は極めて保守的で、機械的にはこのコネクタはテストでこの定格の3倍を簡単に達成することが示されています。

これは、このコネクタに限ったことではなく、アンフェノール社にさえも言えることです。事例として、PSUで最も使用されているコネクタの1つを取り上げます。モレックス・ミニフィットだ。嵌合回数が75~100回ということで、あまり良い印象は受けないが、最後にコネクタが故障したのはいつだろうか?そんなことは滅多にないのですが、企業は責任を転嫁するために機械的な定格を低くしています。

つまり、長い話を端折ると、心配しないでください...あなたの次のGPUは大丈夫です。

これは単なるスペック値に過ぎず、実際の耐久性は90回以上あるというのが本当のところのようです。

初めて出る規格ですので、こういった混乱があるようですね。

各メーカーも今のところ実績のない12VHPWRのトラブルは保証の範囲外にしたいという懸念があるのかもしれません。

 

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090Ti

 

RTX3090

 

RTX3080Ti

 

RTX3080 10GB LHR

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6 LHR

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥86,689 (2022/10/05 04:39:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥89,980 (2022/10/05 04:50:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥96,800 (2022/10/05 05:08:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

RTX2000シリーズ

RTX2060 12GB

RTX2060が12GBメモリを搭載して復刻

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.