GPU情報

インテルArc Aシリーズ・グラフィックス・カードが延期に。ソフトウェアの準備のためと確認、発売は2022年晩夏に予定

投稿日:

IntelのVisual Compute GroupのVP & GMであるLisa Pearce氏は、彼らのArc A-Series Graphics Cardsがソフトウェアの準備の遅れにより延期されたことをブログ投稿で確認した。

これは、我々が昨日投稿した、IntelのArcラインアップが2022年の夏半ばか後半に延期されるという内容を裏付けるもので、現在、ブルーチームによって公式に確認されている。

Intel、Arc A-Seriesグラフィックスカードの遅延を確認。ソフトウェアの準備不足とCOVIDのロックダウンがサプライチェーンに影響を及ぼしていると指摘

昨日の記事だけでなく、過去数ヶ月の間に様々な噂や同様の報告があり、Intelのドライバに問題があり、これが遅延の可能性の背後にある主な理由となりそうだとされていました。

そして、IntelはArc A-Seriesの発売が第2四半期から夏の終わりに延期されたことを明らかにしました。

Lisa氏が公開したブログ記事で、同社の担当者は、IntelのエントリーレベルのArc A3製品が2022年第2四半期に発売されるものの、システムビルダーとOEMを通じて中国のみに限定されることを確認している。

DIYの適切な展開は、第2四半期末または第3四半期初頭に予想され、これらのカードは他の地域にももたらされることになります。

これは、Arc A-Series モバイル GPUラインアップの韓国限定発売と非常によく似ている。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

さらに、デスクトップPC向けのハイエンドIntel Arc A7およびA5ゲーミンググラフィックスカードは、今年の夏の終わりにOEMやシステムインテグレータを通じて世界中で展開され、2022年の7月末から8月中旬にかけて展開される予定であり、2022年第3四半期に押し上げられることになります。

IntelのArc Aシリーズデスクトップグラフィックスカードの最初の発売計画から丸々1四半期後です。

これは、Intelがワークステーション用Arcグラフィックカードを発売すると予想される時期と同じですが、ゲーミングカードが2022年第3四半期まで市場に出回らないため、ワークステーションカードは2022年第3四半期後半または第4四半期に延期される可能性があるように思われます。

質問1: インテル Arc グラフィックス・モバイル製品の状況について教えてください。

インテル Arc グラフィックス・モバイル・デザインを完全に発売するために、OEM パートナーと密接に協力してきました。まず、サムスンが韓国で発売を開始し、世界的に拡大しつつあります。しかし、ソフトウェアの準備に若干の遅れが生じたほか、COVIDのロックダウンが世界のサプライチェーンに影響を及ぼしたため、今月に入り、OEM設計がより広く利用されるようになりました。

このような制約の中、当社のOEMパートナーは、Samsung、Lenovo、Acer、HP、AsusなどのIntel Arc 3グラフィックス搭載ノートPCを発表しており、当社はパートナーと協力して、これらの製品を早急に市場に投入できるよう支援しています。Intel Arc 5およびArc 7グラフィックスを搭載したノートPCは、初夏に発売が開始される予定です。

質問2:Intel Arcグラフィックスを搭載したデスクトップカードはいつ登場するのでしょうか?

ノートPCとは異なり、デスクトップはメモリ、マザーボード、CPUなど、さまざまな組み合わせがあります。このようなバリエーションをある程度制限するために、私たちはシステムビルダーやOEMと協力して、特定のコンフィギュレーションを提供することを開始します。

デスクトップ向けのエントリーレベル製品であるインテルArc Aシリーズ(A3)は、まず中国で第2四半期にシステムビルダやOEMを通じて発売されます。また、中国国内では、まもなく小売店や小売用部品の販売も開始する予定です。基板部品に近く、エントリーレベルのディスクリート製品への強い需要があるため、ここがスタート地点となるのは自然なことです。次のステップは、これらの製品をグローバルに拡大することです。

インテル® Arc A5 および A7 デスクトップ・カードは、今年の夏以降、OEM およびシステム・インテグレータを対象に世界中で展開され、その後、世界中のチャネルでコンポーネントが販売される予定です。

この段階的なアプローチにより、各ステップにおいて、顧客ベースに効果的にサービスを提供できることを確信しています。

インテルより

さらに、これらの遅延やドライバの問題は、Intelの最初のグラフィックス発売にとって良い兆候とは言えません。

さらに、この状態が続けば、Intelは潜在的なボードパートナーを失い、Arcグラフィックスカードの展開にさらに影響を与える可能性がある。

全体的に、これは全く良い兆候ではありませんが、Intelが本日開催される「VISION」イベントでより良い発売時期を提示し、今月末のComputex 2022でより詳細な仕様と価格の開示を行うことを期待しています。

ソース:wccftech - Intel Arc A-Series Graphics Cards Delayed: Company Confirms Citing Software Readiness, Launch Rescheduled For Late Summer 2022

 

 

 

解説:

Alchemistドライバ問題で発売延期の可能性

ドライバ何てなんてことない話だろう・・・と言うのはAMDとnVidiaのみのようです。

ARCのドライバ問題は発売日に影響を与えるレベルで大きくなっているようですね。

Q3の後半となっているので9月のことなのでしょうが、元記事を見ると、Q4にずれ込む可能性も指摘されています。

私も一連のリークを見ていると簡単に解決可能な問題のようには見えないというのが正直な感想です。

RTX4000シリーズやRX7000シリーズの発売を目前にして、この時期に発売延期と言うのは厳しいと言わざるを得ない状況です。

もう、ほぼ確定的なのでしょうが、以降、この問題がどうなるのか続報が出たらお知らせします。

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.