GPU情報

NVIDIA次世代7nm GPU:TSMCが大量の注文を獲得するため、サムスンのEUVの役割は小さい

投稿日:

中国蘇州で開催されたGTC 2019で、NVIDIAのCEOは、報道によると、次世代7nm GPUの大部分の注文はTSMCによって処理され、サムスンは以前に報告されたよりも小さな役割しか果たさないと答えました。

TSMCがNVIDIAの次世代7nm GPU注文の大部分を受領-CEO、Jensen Huangが確認

情報は、メディアのQ / Aセッションで、主に次世代の7nm GPUの注文の大半でTSMCを選択し、サムスンは少数の注文のみを受け取ると述べたNVIDIAのCEOから直接届きます。

NVIDIAのCEOはまた、彼の会社は過去にTSMCと密接な関係があり、TSMCは以前の16nm(Pascal)および12nm(Volta / Turing)GPUを生産していたと述べました。

NVIDIAはまた、TSMCの12nmプロセスノード上に構築され、競合する7nmプロセスベースの製品よりも優れた効率とパフォーマンスを提供するTuring GPUアーキテクチャを強調しました。

NVIDIAのCEOは、TSMCとその高度なプロセステクノロジーがなければ、それほど成功しなかったと述べたため、TSMCとNVIDIAの間のこのパートナーシップは彼らにとって非常に重要です。

さて、これは、NVIDIAが次世代GPUの開発のためにサムスンの7nm EUVプロセスノードを利用していたという主張に反論しますが、完全ではありません。

Jensenは、TSMCに与えられたものよりも少ない数ではあるが、サムスンはまだ注文を受け取ると述べている。

以前、NVIDIAがサムスンのノードでエントリーレベルのモバイル版とデスクトップGPUを生産するのを見てきました。

 

Pascal世代のGP107 GPUはSamsungが製造し、残りのPascalラインナップはTSMCが処理しました。

Turingのラインナップは、TSMCの12nm FinFETプロセスノードに完全に基づいていました。

しかし、NVIDIAのCEOは、サムスンは確かに小さな注文を獲得すると述べているため、エントリーレベルのものか、次世代の7nm GPUが統合されたOrion SOCなどのAI / DNN固有のカスタムチップのいずれかであると期待できます。

 

全体としてのアーキテクチャであるかどうかにかかわらず、全体のアーキテクチャを構築する作業に常に忙しく、ゲームやプロのビジュアルなど、データセンター全体のさまざまな市場に役立つ傾向があります。

恐れないで、私たちはテクノロジーに取り組んでいます。

当社の革新とプロセス技術は、ここ数年で例外的です。

どうぞお楽しみに。

将来的にはいつでもあなたのために何かを持っていますが、私たちの全体的なロードマップと物事が出たときにみんなを驚かせたいです。 -NVIDIA CFO、コレットクレス(バイア)

自動運転向けのOrin SoC

 

最後に、ジェンセンは次世代7nm GPUの発売時期について質問されました

しかし彼は単に、現時点で日付を開示するのは都合のよい時間ではないと答えた。

NVIDIAのCFOであるColette Kressの最近のインタビューから、彼らは7nm GPU発表でみんなを驚かせたいと思っていますが、そうするための適切なタイミングを待っています。

CES 2020が終了すると、NVIDIAが2020年にポケットに入れているもののヒントを得ることができます。

多くのゲームや愛好家の聴衆が、NVIDIAのTuring GPUの次世代の後継者をしばらく待っていたことがわかっています。 。

Intel、NVIDIA、AMDの3つのベンダーすべてから本格的なGPUラインナップが提供されるため、これにより2020はさらにエキサイティングになります。

ソース:wccftech - NVIDIA Next-Generation 7nm GPU: TSMC To Get The Bulk of Orders, Samsung’s EUV Has A Smaller Role

 

解説:

nVidiaがRTX3000シリーズの工場をSamsungからTSMCに動かすという話です。

Samsungでも生産するようですが、一部にとどまるようです。

昨今の怪しい半島情勢を鑑みて変更したのだと思いますが、ほっとしました。

韓国は今、在韓米軍の駐留費を払う・払わないでアメリカと揉めており、もし決裂すれば在韓米軍撤退もありうる状況です。

私は以前、12月になればはっきりすると言っていましたが、実は12月になってもまだ揉めています。

駐留費は年単位のため、は12月31日までなので12月時点ではすでに決まっているのが通例でした。

しかし、12月も半ばを過ぎたのにまだ決まっていません。

去年も揉めて今年の2月に妥結しました。

韓国の今のムン政権は日本でいえば民主党政権のようなもので、かなり危ないです。

トランプ大統領は何度言っても北朝鮮に協力しようとするムン政権にカンカンで、最後は在韓米軍の駐留費を5倍にすると言って、2019年の8.53億ドルの実績に対して47億ドルを請求しています。

実に5倍以上の金額で、韓国は払うのは無理だと言っています。

在韓米軍が撤退すれば韓国軍単独では北朝鮮に対抗するのは不可能と言われており、これが半島情勢が危ぶまれている理由です。

また、北朝鮮に渡航歴のある人はアメリカへの渡航を拒否されるようになっており、アメリカの半島情勢専門家は今月に入ってから「速ければ今年中に北朝鮮への爆撃があるかもしれない」と言っています。

あらゆる外資が半島リスクを懸念して、韓国から撤退しようとしています。

正直、nVidiaがTSMCを選択してくれて助かったと私は思っています。

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

RTX2000SUPERシリーズ

 

GTX1600SUPER

 

ハイエンド(性能重視)

RTX2080Ti最安

RTX2080Ti OCモデル

 

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.