マザーボード関係

AMD X670E および X670 マザーボードのまとめ ASUS、ASRock、MSI、Gigabyte、Biostar に注目

投稿日:

 

本日は、ASUS、ASRock、MSI、Gigabyte、Biostar の AMD X670E および X670 マザーボードを一挙にご紹介します。

AMD X670E & X670 マザーボード ディープダイブ、ASUS、ASRock、MSI、Gigabyte、Biostar特集

[更新日: 20/08/22]

AMDとASUS、ASRock、MSI、Gigabyte、Biostarなどのボードパートナーは、「Meet The Experts」Livestreamで次期X670E & X670マザーボードの実に詳細な仕様を発表した。

発売まであと1ヶ月余りとなった今、私たちは、各ボードの内容をより深く掘り下げてお伝えする必要があると考えています。

AMD AM5プラットフォーム - 新たな幕開け

マザーボードの話をする前に、プラットフォームそのものについて話をしなければなりません。AMD Ryzen 7000 CPUは、長らく使用されてきたAM4プラットフォームの後継となるAM5という新しいホームに移行する予定です。

これは、AMD Ryzenデスクトップ・ファミリーの新たなスタートを意味し、そのため、Ryzen 1000から始まる既存のRyzen CPUおよびRyzen 5000までのすべての方法は、新しいプラットフォームではサポートされません...なぜそうなのかを説明します。

AM5プラットフォームは、何よりもまず、全く新しいLGA 1718ソケットを特徴とする。AMDは、PGA(Pin Grid Array)方式をやめ、Intelが既存のデスクトッププロセッサで採用しているようなLGA(Land Grid Array)に注力することになったのだ。

LGAにする主な理由は、PCIe Gen 5やDDR5など、AM5プラットフォームで見られるようになる強化された次世代機能が追加されるためです。

ソケットはシングルラッチで、大切なプロセッサの下にあるピンの心配をする必要はもうありません。

機能面では、AM5プラットフォームは、まずAMDのRyzen 7000「Zen 4」デスクトップCPUをサポートし、そのサポートを将来のRyzen CPUやAPUに拡張する予定です。

このプラットフォームは、DDR5-5200(JEDEC)メモリのサポート、最大28のPCIeレーン(Gen 5標準)、NVMe 4.0の増加、USB 3.2 I/O レーンを提供し、我々は、ゲームチェンジャーとなるUSB 4.0 のネイティブサポートについても話を聞いている。

EXPO (AMD Extended Profiles for overclocking) と呼ばれる新機能により、IntelのXMPと同様に、新しいプラットフォーム上でDDR5メモリのOCを強化することができます。

AM4がまともなDDR4のOC機能を提供するのは険しい道のりだったが、それはもう多かれ少なかれ解決されており、DDR5はAM4プラットフォームでのDDR4と比較して、はるかに優れたOCと互換性を体験できると期待するしかないだろう。

さらに、このプラットフォームはDDR5対応のみとなるようで、Intelの既存プラットフォームのようにDDR4の選択肢を見ることはないだろう。

しかし、DDR5の価格と入手性が向上しているので、AMDが最初に狙うほとんどのハイエンドコンシューマーズにとっては、それほど大きな問題ではないだろう。

AMD X670シリーズプラットフォーム

AM5準拠のAMD 600シリーズマザーボードは、現在ボードメーカーが準備を進めている。600シリーズのラインナップは、当初X670E、X670、B650E、B650の3つのチップセットで構成される予定だ。

機能面では、X670E(Extreme)は、圧倒的な性能と、極限のオーバークロックを実現した、より上位のマザーボード向けで、GPU、ストレージともにPCIe 5.0に対応する予定です。

X670マザーボードは、エンスージアストレベルのオーバークロックを提供するという点では非常に似ていますが、ストレージとグラフィックのPCIe Gen 5.0サポートはメーカーに依存することになるでしょう。

一部のボードメーカーは、費用対効果の高い方法で、PCIe 5.0サポートをGPUのみに有効化し、ストレージをPCIe 4.0に制限する可能性があります。

X670チップセットはいずれもデュアルPCHソリューションでマザーボードに搭載され、次世代プラットフォーム向けのI/Oの増加を可能にする。

AMD AM5 600シリーズ・プラットフォームの注目機能の1つは、SAS(Smart Access Storage)です。

この技術により、サポートされているMicrosoft DirectStorageゲームでGPUによる解凍が可能になります。

まだ多くはありませんが、新しいプラットフォームでは、業界全体でこれをサポートすることが期待されています。

AMD AM4/TR4チップセットの特長と仕様:

X670E/X670X570X399 RefreshX399X470X370B450B350A320X300A300
CrossfireX/SLITriple CFX/
2-Way SLI
Triple CFX/
2-Way SLI
Quad SLI/CFX
(最大 6 GPU
サポート)
Quad SLI/CFX
(最大 6 GPU
サポート)
Triple CFX/
2-Way SLI
Triple CFX/
2-Way SLI
N/AN/AN/AN/AN/A
PCIe Gen 5
レーン数
24 (Ryzen 7000 CPU
またはそれ以上の
製品使用時)
N/AN/AN/AN/AN/AN/AN/AN/AN/AN/A
PCIe Gen 3/4
レーン数
不明30 +16 ( Ryzen 7
CPU使用時)
60
( Threadripper
CPU使用時)
4 レーン
PCHの為に
予約済
60
( Threadripper
CPU使用時)
4 レーン
PCHの為に
予約済
16 ( Ryzen 7
CPU使用時)
16 ( Ryzen 7
CPU使用時)
8 (Bristol Ridge
使用時)
16 ( Ryzen 7
CPU使用時)
16 ( Ryzen 7
CPU使用時)
8 (Bristol Ridge
使用時)
16 ( Ryzen 7
CPU使用時)
8 (Bristol Ridge
使用時)
16 ( Ryzen 7
CPU使用時)
8 (Bristol Ridge
使用時)
16 ( Ryzen 7
CPU使用時)
8 (Bristol Ridge
使用時)
PCIe Gen 2
レーン数
N/AN/A8 PCIe レーン
(予約済)
8 PCIe レーン
(予約済)
8 (x4 NVMe
未使用時+ x2
PCIe Gen3)
8 (x4 NVMe
未使用時+ x2
PCIe Gen3)
6 (x4 NVMe
未使用時+ x2
PCIe Gen3)
6 (x4 NVMe
未使用時+ x2
PCIe Gen3)
4 (x4 NVMe
未使用時+ x2
PCIe Gen3)
4 (x4 NVMe
未使用時+ x2
PCIe Gen3)
4 (x4 NVMe
未使用時+ x2
PCIe Gen3)
USB 3.1/3.2
Gen2ポート数
不明8222222100
USB 3.1/3.2
Gen1ポート数
不明12
(PCH + CPU)
13
(PCH+CPU)
13
(PCH+CPU)
101066644
USB 2.0不明N/A666666600
SATA 6Gbps88886644422
SATA Express不明2222222211
DDR5 DIMM4N/AN/AN/AN/AN/AN/AN/AN/AN/AN/A
DDR4 DIMMN/A4884444222
オーバー
クロック
はいはいはいはいはいはいはいはいいいえはいいいえ
XFR2 Enhancedはいはいはいいいえはいいいえはいいいえいいえいいえいいえ
プレジション
ブースト
オーバードライブ
はいはいはいいいえはいいいえはいいいえいいえいいえいいえ
NVMeYes (Gen 5.0)はいはいはいはいはいはいはいはいはいはい
フォーム
ファクター
ATXATX, MATXATX, MATXATX, MATXATX, MITXATXATX, M-ATXATX, M-ATXM-ATX, Mini-ITXMini-ITXM-ATX, Mini-ITX

ASUS X670E&X670マザーボード

ASUSからは、ROG、ROG Strix、TUF Gaming、ProArt、Primeの各ファミリーにおいて、少なくとも6種類のマザーボードが提供される予定となっている。今のところ確認できているマザーボードは以下の通り。

  • ASUS ROG Crosshair X670E Extreme
  • ASUS ROG Crosshair X670E HERO
  • ASUS ROG STRIX X670-E WIFI Gaming
  • ASUS PRIME X670E-PRO WiFi
  • ASUS TUF Gaming X670-PLUS WiFi
  • ASUS ProArt X670-Creator WiFi

それでは、マザーボードの紹介はここまでにして、各製品が持つ個々のスペックや特徴について見ていこう。

ASUS ROG Crosshair X670E Extreme

ASUSのX670Eマザーボードのトップモデルが「ROG Crosshair X670E Extreme」だ。このマザーボードは、究極のROG製品として設計されており、定格110Aの22(20+2)個のチームパワーステージ、Infineon ASP2205 PWMコントローラ、Vishay SIC850パワーステージからなる強力な電力供給ソリューションが搭載されています。

合金チョークは定格45Aで、コンデンサは定格10K時間、最大温度閾値125Cです。

AM5ソケットは8ピンペアで、Ryzen CPU自体に1000W以上の電力を供給できるはずです。

マザーボードには4つのDDR5 DIMMスロットがあり、AMDのEXPO技術に対応し、最大128GBの容量に対応する予定です。

電源オン/オフ、リセット、さらにDEBUG LEDの下にFlexKeyボタンなど、いくつかの便利な機能があります。

全体的なレイアウトとしては、VRM、PCH、M.2スロットにブラックカラーのヒートシンクとカバーを採用し、PCHヒートシンクとI/OカバーにAniMe Matrix LEDディスプレイを搭載した、期待通りの美しいマザーボードとなっています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

拡張スロットはPCIe 5.0 x16×2、PCIe 4.0 x4×1スロットを搭載しています。マザーボード本体に搭載されたGen 5.0 x4×2、PCIe Gen 5.0 M.2カード(Gen 5.0 x4)から1つ、ROG Zen-Z.2 アドオンDIMMのM.2スロット(Gen 5 x4×1 & Gen 4 x4×1)で最大5つのM.2デバイスを収容することが可能だ。

また、ボードには合計6つのSATA IIIポートが用意されている。マザーボードには右アングルのATX電源コネクタがあり、さらにUSB Type-C 60W給電用の6ピンコネクタが付属している(接続しない場合は27Wを提供)。WiFi 6E、10Gb / 2Gb Ethernet LANポート、USB 4.0ポート、プレミアムオーディオ機能など、豊富なI/O機能を搭載しているのがわかる。

もちろん、このマザーボードは高価であり、600ドル以上することになります。

ASUS ROG Crosshair X670E HERO

現在確認されているASUS ROGのマザーボードは、Crosshair X670E HEROで、Extremeをさらに小型化したもので、価格は400~500ドル程度になると思われる。

18+2フェーズのVRM設計を採用し、Extremeと同様のコンポーネントを使用している。

また、I/Oシールド上にPolymo Lightingシステムを組み込んだハイエンドなヒートシンクやデザインレイアウトを採用している。

拡張スロットは、PCIe Gen 5.0 x16×2、PCIe 4.0 x2×1スロットを装備。M.2スロットは、Gen 5.0 x4×2(1本はPCIe 5.0 M.2カード搭載)、Gen 4.0 x4×3の合計5本をサポートすると記載されています。

ストレージオプションは、6つのSATA IIIポートを備えています。

このマザーボードには、2.5 GbE LANポート1つ、USB 4.0ポート2つ、大量のUSB 3.2 Gen 2ポート、WiFi 6E機能、およびハイエンドオーディオインターフェイスが搭載されています。

ASUS ROG STRIX X670-E WiFi Gaming

ASUS ROG STRIX X670-E WiFi Gamingは、16フェーズ電源設計を採用し、黒とグレーを基調としたゲーミングな美しさを備えています。

I/Oカバーには小型液晶が搭載されており、好みに応じてカスタマイズすることができる。拡張スロットは、2 つの PCIe 5.0 x16 と 1 つの PCIe Gen 4.0 x16 スロットが含まれています。

M.2オプションは、3つのPCIe Gen 5.0 x4スロットと1つのPCI-E Gen 4.0 x4スロットが含まれるはずです。

プライマリM.2ヒートシンクは、ヒートパイプベースの冷却ソリューションが採用されているようです。

ストレージオプションは4つのSATA IIIポートを含み、ユーザーが利用できる膨大なI/Oも用意されています。

ASUS「PRIME X670E-PRO WiFI」

ASUSのPRIME X670-E PRO WiFiは、デュアル8ピンコネクタ構成でジュースを供給する16フェーズの電源供給も装備しているようです。

近未来的なレイアウトで、白と黒の独特な美しさを持つPRIMEシリーズの復活を見ることができます。

ボードには3つのM.2ヒートシンクがあり、1つのPCIe Gen 5.0 x4と3つのPCIe Gen 4.0 x4 SSDをサポートします。

PCIe Gen 5.0 x16スロットは2つ、PCIe Gen 4.0 x4スロットは1つ搭載しています。

また、マザーボード上に4つのSATA IIIポートを備えています。

ASUS TUF GAMING X670-PLUS WIFI

ASUS TIF Gaming X670-PLUS WiFIは16フェーズのデザインを維持しているようだが、今回のマザーボードで唯一、ヒートシンクのないM.2スロットが1つ露出しているのも特徴的だ。

こちらは非Gen5.0ポートである可能性が高い。

とはいえ、PCIe Gen 4.0 x4 M.2スロットは3本、PCIe Gen 5.0 x4スロットは1本。PCIe拡張スロットは、Gen 5 x16が2つ、Gen 4 x4が1つです。

TUF Gamingのマザーボードはグレーとイエローを基調とした美しさが特徴で、このボードも同様です。

ASUS ProArt X670-Creator WiFi

ASUS ProArt X670-Creator WiFiマザーボードは、素晴らしいアクリルI/Oカバー、アルミニウムヒートシンク、シルバーとグレーの美学を持つ工業デザインで16フェーズの電源供給を特徴としています。

PCIe 5.0 x16スロット(x8/x8/x4バス幅)を3本搭載し、PCIe Gen 5.0 x4スロット2本とPCIe Gen 4.0 x4スロット1本を装備しています。

マザーボードは最大4台のSATA IIIストレージデバイスをサポートし、WiFi 6Eインターフェイスを搭載しています。

また、60W USB Type-C充電用の6ピンコネクタも搭載しています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

ASUS X670E & X670 マザーボード仕様

マザーボード
ROG Crosshair
X670E Extreme
ROG Crosshair
X670E HERO
PRIME X670E
-PRO WiFi
ROG STRIX
X670-E WIFI
Gaming
TUF Gaming X670
-PLUS WiFi
ProArt X670-
Creator WiFi
チップセットX670EX670EX670EX670X670X670
フォーム
ファクター
E-ATXATXATXATXATXATX
PCB色BlackBlackBlackBlackBlackLight Black
マザーボード
Black + SilverBlack + SilverWhite + BlackBlack + GreyBlack + GreySilver + Gray
VRM設計20+2 フェーズ18+2 フェーズ16 フェーズ
(不明)
16 フェーズ
(不明)
16 フェーズ
(不明)
16 フェーズ
(不明)
ヒートシンクはいはいはいはいはいはい
PWM
コントローラー
Infineon ASP2205Infineon ASP2205不明不明不明不明
パワーステージ110A110A不明不明不明不明
補助電源
コネクタ (CPU)
8+8 Pin8+8 Pin8+8 Pin8+8 Pin8+8 Pin8+8 Pin
DIMM
スロット数
4 DDR5 DIMM4 DDR5 DIMM4 DDR5 DIMM4 DDR5 DIMM4 DDR5 DIMM4 DDR5 DIMM
サポート
メモリ
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
メモリ容量128 GB (最大)128 GB (最大)128 GB (最大)128 GB (最大)128 GB (最大)128 GB (最大)
PCIe Gen 5.0
スロット数
222222
PCIe Gen 4.0
スロット数
111111
M.2 Gen 5.0
スロット数
421112
M.2 Gen 4.0
スロット数
133332
M.2
ヒートシンク
はい (全て)はい (全て)はい (全て)はい (全て)はい (全て)はい (3 ヒート
シンク)
SATA III
ポート数
664444
WiFi WiFi 6EWiFi 6EWiFi 6EWiFi 6EWiFi 6EWiFi 6E
有線LAN10 GbE LAN
2.5 GbE LAN
2.5 GbE LAN2.5 GbE LAN2.5 GbE LAN2.5 GbE LAN2.5 GbE LAN
USB 4.0
ポート数
22不明不明不明不明
USB 3.2
ポート数
1211不明不明不明不明
USB 3.1/3.0/2.0
ポート数
466666
RGB 同期
ソフトウェア
ASUS Aura Sync
ARGB Gen 2
ASUS Aura Sync
ARGB Gen 2
ASUS Aura Sync
ARGB Gen 2
ASUS Aura Sync
ARGB Gen 2
ASUS Aura Sync
ARGB Gen 2
ASUS Aura Sync
ARGB Gen 2
価格~$700 US~$500 US不明不明不明不明

 

MSI X670E & X670 マザーボード

MSIは、MEG、MPG、PROのラインアップの中で、4つの新しいX670Eマザーボードを展開する予定です。

先日、フラッグシップマザーボードであるMEG X670E GODLIKEを公開しましたが、メーカーからスペックとPCBを確認しました。

  • MSI MEG X670E GODLIKE
  • MSI MEG X670E ACE
  • MSI MPG X670E Carbon
  • MSI PRO X670E-P WiFI

では、マザーボードの紹介はここまでにして、各製品が持つ個々のスペックや特徴について見ていこう。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

MSI MEG X670E GODLIKE マザーボード - フラッグシップの名に恥じない製品です。

フラッグシップということで、まずはこのモンスターマザーボードの大きさについて説明します。

MSI MEG X670E GODLIKEは、305mm x 288mmのサイズになります。MEG Z690 GODLIKEより若干小さいですが、間違いなく最大級で最強のマザーボードとなり、他のすべてのメーカーが独自のX670Eフラッグシップで取り組もうとしているため、注視しているところでしょう。

  • AMD Ryzen 7000デスクトップCPU(AM5)ソケット対応
  • 24+2+1フェーズ(105A)CPU VRMデザイン
  • CPU用デュアル8ピン電源コネクタ
  • 4つのDDR5 DIMMスロット(最大128 GBの容量)
  • EXPOサポート、DDR5-5600+メモリサポート
  • 10層と2オンスの銅製PCBデザイン
  • x16 PCIe Gen 5スロット(x16/x8/x8電気)
  • 4つのM.2スロット(1x Gen 5, 3x Gen 4)
  • M.2スロット用Shield Frozrヒートシンク
  • スチール補強されたPCIeおよびメモリスロット
  • デュアルX670E「Promontory」PCHダイ
  • 8つのSATA IIIポート、デュアルUSB 3.2 Type-C Gen 2ポート(60W PDチャージ付き0
  • デュアルフロントパネルUSB 3.0ヘッダ

電源供給の面では、マザーボードに105A MOSFETを用いた24+2+1フェーズ以上を搭載しているようです。

CPUへの電源供給は、デュアル8ピンコネクタ、マザーボード用24ピンATXコネクタ、PCIeレーン用6ピン電源コネクタ(底部)、フロントUSB 3.2 Gen2x2 20Gbps Type Cコネクタ用PD 60W充電用6ピンPD電源コネクタ(24ピンATXコネクタの横)により行われている。

また、デュアルX670E PCHがマザーボード上でかなりのスペースを占めていることにも注目です。

MSI MEG X670E GODLIKEマザーボードには4つのDDR5メモリスロットがあり、最大128GBの容量に対応、速度はまだ不明だが、Ryzen 7000 "Raphael" CPUのJEDECネイティブ速度はDDR5-5600とされているので、EXPOサポートで6/7Gbps以上の転送速度が期待できそうだ。

基板はDDR5スロットの近くに配置されたデュアル8ピンコネクタで電源供給され、ケーブルマネジメントが容易になっている。

また、マザーボード上にも2つのUSB 3.2 Gen 2フロントパネルヘッダ(60W電力供給&20Gb/sのType-C)が搭載されています。

MSIの最上位X670Eマザーボードには、「M.2 Shield Frozr」技術の一環として、全く新しいM.2 SSD取り付け設計が採用され、M.2ポートの横には磁気ロックも搭載される予定となっています。

このマグネットロックは、M.2_2、M.2_3、M.2_4ポート用のShield Frozrヒートシンクに搭載されているRGB LEDへの接続を提供することになるのです。

また、マザーボード上には大量のファン(+ポンプ)、RGB、外部ヘッダが搭載されています。

MSI MEG X670E ACE マザーボード - エンスージアスト層向けのデザインで、ゴールドをひとつまみ使用。

MSI MEG X670E ACEマザーボードは、「MSI Insider」チームがウェブキャストで紹介した1台である。その前に、主な特徴を整理しておこう。

  • ヒートパイプ付きスタックドフィンアレイヒートシンク
  • 22+2 フェーズ/90A パワーステージ
  • Lightning Gen5スロットおよびM.2サポート
  • スクリューレスM.2 Shield Frozr
  • マグネットデザインのM.2 Shield Frozr
  • オンボード10G LANとWIFI 6E搭載
  • フロントUSB Type-CはPD 60Wに対応

MSI MEG X670E ACEマザーボードは、フィン付きデザインの非常に大きなヒートシンクが特徴で、さらに複数のM.2 Shield Frozrヒートシンクが付属しています。

中でもDDR5 DIMMスロットの横にあるものは、ツールレスで取り付けられる設計になっており、特殊なノブ機構で簡単に取り外し、所定の位置にラッチすることができるのが面白い。

MSI MPG X670E Carbon WIFIマザーボード - ハイエンドなI/Oを備えたオールラウンダー

MSIは、次のCARBON WIFIマザーボードにもX670E処理を施しました。このマザーボードでもストレージとグラフィックスに同じPCIe Gen 5をサポートすることになります。記載されている機能は以下の通りです。

  • ヒートパイプ付きエクステンドヒートシンク
  • 18+2フェーズ/90Aパワーステージ
  • Lightning Gen 5スロットおよびM.2サポート
  • スクリューレス M.2 Shield Frozr
  • オンボード2.5G LAN & WIFI 6E
  • USB Type-CはDP2.0まで対応

上質な機能でX670セグメントに参入!「MSI PRO X670-P WIFI

安定した機能性と高品質アセンブリを兼ね備えたMSI PRO X670-P WIFIがついに登場した。

MSIの発表によると、X670Eクラスのマザーボードは10層PCBデザインで、X670マザーボードは最大8層PCBデザインになるとのことです。

X670Eクラスのマザーボードでは、ディスクリートGPUとストレージの両方でGen 5.0のシグナルインテグリティを維持するために、サーバー品質のPCB層を増やす必要があることが分かっています。

X670マザーボードでは、dGPUとM.2 Gen 5の両方をサポートする必要がないため、8層というハイエンドPCB設計を省略することができるのです。

このマザーボードの主な特徴は以下の通りです。

  • 拡張ヒートシンク設計
  • 14+2 フェーズ / 80A SPS ステージ
  • Lightning Gen 5 M.2対応
  • 1x ダブルサイドM.2 Shield Frozr
  • オンボード2.5G LAN & WIFI 6E
  • USB Type-CはDP2.0まで対応

MSI X670E & X670 マザーボード仕様

マザーボード
MSI MEG X670E GODLIKEMSI MEG X670E ACEMSI MPG X670E CarbonMSI PRO X670E-P WiFi
チップセットX670EX670EX670EX670E
フォーム
ファクター
E-ATXE-ATXATXATX
PCB色BlackBlackBlackBlack
PCBレイヤー数10 Layer10 Layer8 Layer8 Layer
マザーボード
Black + White + GoldBlack + GoldBlackBlack + White
VRM設計24+2+1 (105A)22+2+1 (90A)18+2+1 (90A)14+2+1 (80A)
ヒートシンクWavy Fin / Cross heat-pipe / MOSFET backplateStacked Fin Array / Direct Touch Heat Pipe / MOSFET BaseplateExtended Heatsink with HeatpipeExtended Heatsink
PWM
コントローラー
不明不明不明不明
パワーステージ不明不明不明不明
補助電源
コネクタ (CPU)
8+88+88+88+8
DIMM
スロット数
4 DDR5 DIMM4 DDR5 DIMM4 DDR5 DIMM4 DDR5 DIMM
サポート
メモリ
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
メモリ容量128 GB (Max)128 GB (Max)128 GB (Max)128 GB (Max)
PCIe Gen 5.0
スロット数
3 (x8/x4/x4)3 (x8/x4/x4)2 (x16/x8)0
PCIe Gen 4.0
スロット数
1 (x16)01 (x16)3 (x8/x4/x4)
/ 1 (x1)
M.2 Gen 5.0
スロット数
1121
M.2 Gen 4.0
スロット数
3323
M.2
ヒートシンク
M.2 Shield Frozr HeatsinksM.2 Shield Frozr HeatsinksM.2 Shield Frozr HeatsinksM.2 Shield Frozr Heatsinks
SATA III
ポート数
8666
WiFi WiFi 6EWiFi 6EWiFi 6EWiFi 6E
有線LAN1 x 10 GbE
(Marvell AQtion)
1 x 2.5 GbE
(Intel I225V)
1 x 10 GbE
(Marvell AQtion)
1 x 2.5 GbE
(Realtek 8125B)
1 x 2.5 GbE
(Realtek 8125B)
USB 4.0
ポート数
0000
USB 3.2
ポート数
15171313
USB 3.1/3.0/2.0
ポート数
4464
RGB 同期
ソフトウェア
MSI Mystic
Light
MSI Mystic
Light
MSI Mystic
Light
MSI Mystic
Light
価格不明不明不明不明

ASRock X670E & X670 マザーボード

ASRock は、AMD Ryzen 7000 デスクトップ CPU ファミリー向けに 5 枚の新しい X670E マザーボードを発売する予定です。各マザーボードは、CARRARA Taichi、Standard Taichi、Phantom Gaming、Steel Legend および Pro Series ラインアップを含む独自のセグメントに配置されます。以下は、ASRock の期待されるマザーボードです。

  • ASRock X670E Taichi Carrara
  • ASRock X670E Taichi
  • ASRock X670E Steel Legend
  • ASRock X670E Pro RS
  • ASRock X670E PG Lightning

では、マザーボードの紹介はここまでにして、各製品が持つ個々のスペックや特徴を見ていこう。

ASRock X670E Taichi Carrara

ASRock X670E Taichi Carrara は、ASRock の 20 周年を記念して設計された特別版マザーボードです。

Taichi Carrara は、カッラーラ大理石の高い強度と美しさに似ており、このマザーボード開発の主要要素にもなっています。このマザーボードには、ハイエンドの 26 フェーズ SPS Dr.MOS 電源が搭載されており、4 つの DDR5 DIMM スロットが最大 128 GB 容量とオーバークロック (EXPO) プロファイルをサポートします。

CPUソケットは、デュアル8ピンコネクタ構成で電源供給されます。

拡張スロットは、PCIe Gen 5.0 x16スロット(x16/x8 electrical)×2、PCIe Gen 5 x4×1、PCIe Gen 4 x4 M.2スロット×3で、いずれも大型金属製ヒートシンクで覆われています。

また、SATA IIIポートも8基搭載しています。I/Oは、USB 3.2 Gen 2 Type-A×5、USB 3.2 Gen 1×7、デュアルUSB 4ポートを搭載しています。WiFi 6E機能、2.5GbEイーサネットLANポートも装備しています。

仕様

  • Ryzen 7000シリーズプロセッサー(AM5)対応
  • 26フェーズSPS Dr.MOS電源設計
  • DDR5メモリ対応
  • PCIe 5.0 x16×1、PCIe 5.0 x8×1
  • グラフィックス出力オプション HDMI
  • Realtek ALC4082 7.1 CH HDオーディオコーデック、ESS SABRE 9218 DAC、WIMA Audio Caps
  • 8 SATA3、1 Blazing M.2 (PCIe Gen5 x4)、2 Hyper M.2 (PCIe Gen4 x4)、1 Hyper M.2 (PCIe Gen4 x4およびSATA3)
  • 2 Thunderbolt™ 4/USB4 Type-C、1 Front USB 3.2 Gen2x2 Type-C
  • 5 リア USB 3.2 Gen2 Type A、7 USB 3.2 Gen1 (リア3、フロント4)
  • Killer E3100G 2.5G LAN、Killer AX1675X 802.11ax(WiFi 6E)+Bluetooth
  • キラーダブルショットプロ
  • Lightning ゲーミングポート

ASRock X670E Taichi

ASRock X670E Taichi は、Carrara 提供製品と同じ設計を共有しています。

両マザーボードには、PCIe 5.0 および DDR5 機能、Thunderbolt 4.0 のサポートを含む非常識な IO 能力など、多くのエキサイティングな機能と新技術が装備されており、X670 プラットフォームをハイエンドデスクトップのカテゴリーにさらに押し上げました。

色の違いの他に、もう 1 つのモデルがより収集的なアイテムであることを考慮すると、標準の Taichi はもう少し安くなると予想されます。

仕様

  • Ryzen 7000シリーズプロセッサー(AM5)対応
  • 26フェーズSPS Dr.MOS電源設計
  • DDR5メモリ対応
  • PCIe 5.0 x16 x1、PCIe 5.0 x8 x1
  • グラフィックス出力オプション HDMI
  • Realtek ALC4082 7.1 CH HDオーディオコーデック、ESS SABRE 9218 DAC、WIMA Audio Caps
  • 8 SATA3、1 Blazing M.2 (PCIe Gen5 x4)、2 Hyper M.2 (PCIe Gen4 x4)、1 Hyper M.2 (PCIe Gen4 x4およびSATA3)
  • 2 USB4 Type-C、1フロントUSB3.2 Gen2x2 Type-C
  • 5 リア USB3.2 Gen2 Type A、7 USB3.2 Gen1 (リア3、フロント4)
  • Killer E3100G 2.5G LAN、Killer AX1675X 802.11ax(WiFi 6E)+Bluetooth
  • キラーダブルショットプロ
  • Lightning ゲーミングポート

ASRock X670E Steel Legend

ASRock X670E Steel Legend は、18 フェーズ SPS 設計と PCIe Gen 5.0 拡張スロット、M.2 ポート、および、いくつかの Gen 4 ポートなどのさまざまな機能により、強力なメインストリーム製品になるはずです。

このボードは、2.5GbEと1GbEイーサネット接続によるデュアルLAN機能を備えています。

このマザーボードは、米国で300ドルから350ドル程度の価格帯になるはずです。

仕様

  • ‧AMD X670チップセット
  • ‧18フェーズSPS Dr.MOS電源設計
  • ‧DDR5メモリをサポート
  • ‧1 PCIe 5.0 x16、1 PCIe 4.0 x4
  • ‧ グラフィック出力オプション。HDMI、DisplayPort
  • ‧Realtek ALC1220 7.1 CH HDオーディオコーデック、Nahimicオーディオ
  • ‧SATA3 x4、Blazing M.2 (PCIe Gen5 x4)x1、Hyper M.2 (PCIe Gen4 x4)x3。
  • ‧フロント+リア USB 3.2 Gen2x2 Type-C
  • ‧リア USB 3.2 Gen2 Type A x1、USB 3.2 Gen1 x10(リア x6、フロント x4)
  • ‧Dragon 2.5Gbps LAN、Intel 1Gbps LAN、802.11ax (WiFi 6E) + Bluetooth

ASRock X670E Pro RS

ASRock X670E Pro RS はエントリーレベルの製品で、価格は 250 ~ 300 米ドル程度になるはずです。

このマザーボードには、16 フェーズ VRM が搭載され、ガンメタルシルバーとブラックの美しい外観が採用されています。

マザーボードにはPCIe Gen5.0拡張とM.2スロットが用意されている。

I/Oは、WiFi 6E機能とドラゴン2.5GbE LANポート、そして大量のUSBポートを搭載しています。

 

 

仕様

  • ‧AMD X670チップセット
  • ‧16フェーズSPS Dr.MOS電源設計
  • ‧DDR5メモリをサポート
  • ‧1 PCIe 5.0 x16、2 PCIe 4.0 x1
  • ‧ グラフィック出力オプション。HDMI、DisplayPort
  • ‧Realtek ALC897 7.1 CH HDオーディオコーデック、Nahimicオーディオ
  • ‧SATA3 x6、Blazing M.2 x1 (PCIe Gen5 x4)搭載。
  • ‧Hyper M.2 (PCIe Gen4 x4)×3、M.2 (PCIe Gen3 x2/SATA)×1、 ‧リア USB 3.2。
  • ‧背面USB 3.2 Gen2 x2 Type-C、背面USB 3.2 Gen2 Type A+C。
  • ‧8 USB 3.2 Gen1 (リア4、フロント4)
  • ‧Dragon 2.5Gbps LAN

ASRock X670E PG Lightning

最後に、ASRock X670E PG Lightning を紹介します。これは、メーカーがあまり披露していないボードの 1 つです。

このボードは最もエントリーレベルのソリューションですが、8+4 ピン CPU 電源コネクタ構成で、18 フェーズ VRM を提供します。PCIe Gen 5.0 x16 および Gen 5.0 x4 M.2 スロットが 1 つ搭載されており、マザーボードに必要な最も基本的な I/O が装備されています。

ASRock はまだ製品ページを公開していないため、正確な USB ポート数や I/O 能力を知ることはできませんが、WiFi 6E が搭載されていないことは間違いありません。

ASRock X670E & X670 マザーボードのスペック

マザーボード
ASRock X670E Taichi CarraraASRock X670E TaichiASRock X670E Steel LegendASRock X670E Pro RSASRock X670E PG Lightning
チップセットX670EX670EX670EX670EX670E
フォーム
ファクター
E-ATXE-ATXATXATXATX
PCB色BlackBlackBlack White (Camo)Black Grey (Texture)Black Grey (Texture)
PCBレイヤー数8層8層8層8層8層
マザーボード
White BlackBlack GoldWhite BlackWhite BlackAll-Black
VRM設計26 Phase SPS Dr.MOS26 Phase SPS Dr.MOS18 Phase SPS Dr.MOS16 Phase SPS Dr.MOS18 Phase SPS Dr.MOS
ヒートシンクはいはいはいはいはい
PWM
コントローラー
不明不明不明不明不明
パワーステージ不明不明不明不明不明
補助電源
コネクタ (CPU)
8+88+88+88+48+4
DIMM
スロット数
4 DDR5 DIMM4 DDR5 DIMM4 DDR5 DIMM4 DDR5 DIMM4 DDR5 DIMM
サポート
メモリ
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
メモリ容量128 GB (Max)128 GB (Max)128 GB (Max)128 GB (Max)128 GB (Max)
PCIe Gen 5.0
スロット数
2 (x16/x8)2 (x16/x8)1 (x16)1 (x16)1 (x16)
PCIe Gen 4.0
スロット数
001 (x4)2 (x4)3 (x4)
M.2 Gen 5.0
スロット数
11111
M.2 Gen 4.0
スロット数
33342
M.2
ヒートシンク
はいはいはい (3)はい (3)はい (2)
SATA III
ポート数
88664
WiFi WiFi 6EWiFi 6EWiFi 6EWiFi 6EN/A
有線LANKiller E3100G
2.5G LAN
Killer E3100G
2.5G LAN
Dragon
2.5Gbps LAN
Intel 1Gbps
LAN
Dragon
2.5Gbps LAN
Dragon
2.5Gbps LAN
USB 4.0
ポート数
222N/AN/A
USB 3.2
ポート数
13131310TBD
USB 3.1/3.0/2.0
ポート数
6 (Front Panel)6 (Front Panel)6 (Front Panel)6 (Front Panel)6 (Front Panel)
RGB 同期
ソフトウェア
Polychrome
Sync
Polychrome
Sync
Polychrome
Sync
Polychrome
Sync
Polychrome
Sync
価格不明不明不明不明不明

ギガバイト X670E & X670 マザーボード

Gigabyteはこれまで、AORUSラインナップの4製品とAEROラインナップの1製品、計5製品のマザーボードを公開してきた。

マザーボードの価格については以前のイベントで詳しく説明されているので、ここではそのラインナップを紹介しよう。

  • Gigabyte X670E AORUS Xtreme
  • Gigabyte X670E AORUS Master
  • Gigabyte X670 AORUS Pro AX
  • Gigabyte X670 AORUS Elite AX
  • Gigabyte X670E AERO D

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

それでは、マザーボードの紹介はここまでにして、各製品のスペックや特徴について見ていこう。

Gigabyte X670E AORUS Xtremeマザーボード - 500ドル前後のUSフラッグシップ価格

Gigabyte X670E AORUS Xtremeは、AM5(LGA 1718)ソケットと、AMD Ryzen 7000 Desktop CPUに電力を供給する18フェーズ(105A)電力供給を特徴とする、メーカー初のAM5フラッグシップとなる製品である。

マザーボードは、デュアル8ピンコネクタと24ピンATXプラグを備え、ソケットの隣にはEXPO (Ryzen Extended Profiles For Overclocking) サポートの4つのDDR5 DIMMスロットがあり、最大容量128GBまでサポートされます。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

I/O面では、PCIe x16スロット×3(Gen5 x8×1、Gen4 x4×2)、PCIe Gen5.0 M.2スロット×4を装備する。

Gen 5 M.2スロットの数が多いため、PCIeスロットの帯域幅はx8レーンに減少しますが、それでもPCIe Gen 4.0 x16インターフェースと同等の帯域幅が確保されています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

マザーボードには6つのSATA IIIポート、VRMを覆う大型アルミフィンスタック、M.2スロットとPCH用のオールヒートシンクシュラウドが搭載されています。

また、Marvell AQC113Cチップコントローラを搭載し、PCIe 4.0インターフェースを経由して10GbE Ethernet LANに接続し、バックプレートにはQ-Flash PlusおよびCMOSクリアボタンを含む膨大な種類のI/Oを搭載しています。

少なくとも10個のUSB Gen2ポートとRDNA 2 iGPU用のHDMI/DPポートがあります。

AORUS X670E Xtremeマザーボードは、現行のX570 AORUS Xtremeよりも低い500ドル前後の価格帯をターゲットにしているという。

360USドルのオールラウンダー「Gigabyte X670E AORUS Master」マザーボード

Gigabyte X670E AORUS Masterは、Gigabyteのベストセラーハイエンドシリーズで、価格とエンスージアストクラスの機能のバランスが取れている。

VRMは16+2+2(105A)のパワーデリバリーでレイアウトされ、デュアル8ピンコネクタで給電される。

アルミフィンアレイスタックがVRMを覆い、Xtreme同様、マザーボードはE-ATXフォームファクターで提供されます。

I/O面では、マザーボードに3つのPCIe x16スロット(1x Gen 5 x16、2x Gen 4 x4)と合計3つのPCIe Gen 5.0 M.2スロットが装備されています。

ストレージオプションは6つのSATA IIIポートを備え、外観はこれまで同様、ブラックとメタル仕上げのヒートシンクを採用し、よりインダストリアルなアプローチになっています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

背面には12個のUSB(10個のGen 2)ポートと2.5 GbE Ethernet LANコネクタがあります。残念ながら、3つ目のGen 5 M.2ポートが追加されているため、このマザーボードではUSB 4.0は利用できません。

価格はX570S AORUS Masterと同様、約360米ドルで、ハイエンドRyzen 7000 PCビルダーにとって、このボードは有力な選択肢となるはずです。

Gigabyte X670 AORUS PRO AXマザーボード - エントリーレベルのX670クラスで300ドル

Gigabyte X670 AORUS PRO AXマザーボードは、X670ファミリーのステップイン製品で、約300ドルの価格を目指している。

このマザーボードは、16+2+2(90A)の電源供給が特徴で、デュアル8ピンコネクタのデザインで供給される予定です。

フィンヒートシンクデザインを採用した他の2つのハイエンドオプションとは異なり、PRO AXは標準的なアルミニウムヒートシンクを搭載し、冷却のための完全なカバーを提供します。

I/O面では、マザーボードにPCIe x16スロット×3(Gen4 x16×1、Gen4 x4×1、Gen3 x4×1)、PCIe M.2スロット×計4を装備し、そのうち1つはGen5対応、残りはGen4スロットとなっています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

また、バックプレートには6つのUSB Gen 2ポートと4つのUSB 3.0ポート、1つの2.5 GbE LANポート、デュアルUSB Type-Cポート(1x Gen 2x2、1x Gen 2)と同様のI/Oが配置されています。

Gigabyte X670 AORUS Elite AXマザーボード - 250ドル 予算重視のユーザー向け

Gigabyteは、AORUSラインナップの1つ下の階層にあるX670 Elite AXで、16+2+2フェーズ設計、シングルGen 5.0 NVMeスロット、WiFi 6E、2.5GbE LAN、VRM、PCH、M.2スロットの適切なサイズのヒートシンクなどAMD Ryzen 7000プラットフォームに期待される機能を採用している。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

400ドル前後の本格的なインダストリアルデザイン「Gigabyte X670(E) AERO D」マザーボード

最後に、Gigabyte X670(E) AERO Dマザーボードは、400ドルをやや上回る価格で登場する。このマザーボードはAORUS Masterと多くの類似点があるが、Gen 5 M.2スロットとASMedia ASM4242 USB4ホストコントローラを交換し、リアI/Oプレートに2つのUSB 4ポートを提供している。

マザーボード背面の写真では、DDR5 DIMM用回路のすぐ下に2つのAMD X670(E)チップセットが配置されているのがわかる。これは2つのPCHダイを搭載した1枚の基板ではなく、独立した2つのチップセットである。冷却は同じPCHヒートシンクで、アルミ製のがっしりとしたボディを持つ。

Gigabyte X670(E) AERO D(ソース:TechPowerUP):

Gigabyteは、Tachyonシリーズのマザーボードも提供する予定ですが、そちらはX670シリーズのチップセットではなく、B650(E)チップセットをベースとしたものになります。

Gigabyte X670E & X670 マザーボード仕様

マザーボード
Gigabyte X670E AORUS XtremeGigabyte X670E AORUS MasterGigabyte X670 AORUS PRO AXGigabyte X670 AORUS Elite AXGigabyte X670(E) AERO D
チップセットX670EX670EX670X670X670(E)
フォーム
ファクター
E-ATXE-ATXATXATXATX
PCB色
マザーボード
黒+グレー黒+グレー黒+グレー
VRM設計Direct 18 Phase (105A SPS)Twin 16 Phase (105A SPS)Twin 16 Phase (90A SPS)Twin 16 Phase (70A SPS)Twin 16 Phase (90A SPS)
ヒートシンクFins-Array III
(8mm Heatpipe) 12W/mK
Therma Pad
Fins-Array III
(Enlarged Heatsink +
8mm Heatpipe) 12W/mK
Therma Pad
Full-Cover Heatsink
(8mm Heatpiipe) 7W
/mK Therma Pad
Full-Cover Heatsink
(8mm Heatpiipe) 5W
/mK Therma Pad
Full-Cover Heatsink
(8mm Heatpiipe) 7W/
mK Therma Pad
PWM
コントローラー
Renesas RAA229628Renesas RAA229620Infineon XDPE192C3Infineon XDPE192C3Infineon XDPE192C3
パワーステージYesYesYesNoYes
補助電源
コネクタ (CPU)
8+8 Pin8+8 Pin8+8 Pin8+8 Pin8+8 Pin
DIMM
スロット数
4 DDR5 DIMM 4 DDR5 DIMM 4 DDR5 DIMM 4 DDR5 DIMM 4 DDR5 DIMM
サポート
メモリ
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
メモリ容量128 GB (Max)128 GB (Max)128 GB (Max)128 GB (Max)128 GB (Max)
PCIe Gen 5.0
スロット数
1 (x16)1 (x16)001 (x16)
PCIe Gen 4.0
スロット数
1/1 (x4/x2)1/1 (x4/x2)2/1 (x16/x4/x2)2/1 (x16/x4/x2)1/1 (x4/x2)
M.2 Gen 5.0
スロット数
42111
M.2 Gen 4.0
スロット数
02333
M.2
ヒートシンク
1 4cm高
ヒートシンク
3 拡大された
サーマルガード
ヒートシンク
1 4cm高
ヒートシンク
3 拡大された
サーマルガード
ヒートシンク
1 4cm高
ヒートシンク
3 拡大された
サーマルガード
ヒートシンク
4 拡大された
サーマルガード
ヒートシンク
1 4cm高
ヒートシンク
3 拡大された
サーマルガード
ヒートシンク
SATA III
ポート数
66646
WiFi WiFi 6E (AX210)WiFi 6E (AX210)WiFi 6E (AX210)WiFi 6E (RZ616)不明
有線LAN10 GbE (Aquantia AQC113c)2.5 GbE (Intel i225V)2.5 GbE (Intel i225V)2.5 GbE不明
USB 4.0
ポート数
(FPピンヘッダ)
11111
合計USB
ポート数
21212222TBD
RGB FusionRGB FusionRGB FusionRGB FusionRGB Fusion
価格~$500 US~$360 US~$300 US~$250 US~$300 US

Biostar X670E & X670 マザーボード

Biostarはこれまで、X670ポートフォリオの中で1枚のマザーボードしか披露していませんが、それは彼らのフラッグシップデザインであるX670E Valkyrieでもあります。

このボードは、ATXフォームファクターと黒/金/銀のアクセントを持つ、非常に洗練されたデザインです。

このマザーボードは、105AのDr.MOS MOSFETを搭載した22フェーズのVRMデザインを8層PCBパッケージと2オンスのCopperデザインで特徴づけています。

CPUの電源は、8ピンの電源コネクタを2つ搭載しています。

最大128GBの容量に対応する4つのDDR5メモリスロットがあり、AMDのEXPOテクノロジーで確実に高速化を実現しています。

拡張スロットとしては、Biostar ValkyrieにPCIe Gen 5.0 x16スロット(x16/x8)×2、PCIe Gen 4.0 x16(x4)スロット×1、Gen 5とGen 4 M.2スロット×2、SATA IIIポート合計6が装備されています。

その他、USB 3.2 (Gen 2x2 & Gen 2) ポート13基、USB 2.0 ポート4基、Intel の I225V コントローラによる 2.5 GbE Ethernet LAN ポート、WiFi 6E 機能、内蔵 Thunderbolt ヘッダーを備えています。このマザーボードは、米国で350ドルから500ドルの価格帯で販売される予定です。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

Biostar X670 & X670E マザーボードのスペック

マザーボード
Biostar X670E Valkryie
チップセットX670E
フォーム
ファクター
ATX
PCB色
PCBレイヤー数8層
マザーボード
Black + Gold + Silver
VRM設計22フェーズ
(105A)
ヒートシンクFull-Coverage with Heatpipe Design
PWM
コントローラー
不明
パワーステージ不明
補助電源
コネクタ (CPU)
8+8
DIMM
スロット数
4 DDR5 DIMM
サポート
メモリ
DDR5-5600 (JEDEC)
DDR5-**** (EXPO)
メモリ容量128 GB (Max)
PCIe Gen 5.0
スロット数
2 (x16/x8)
PCIe Gen 4.0
スロット数
1 (x4)
M.2 Gen 5.0
スロット数
2
M.2 Gen 4.0
スロット数
2
M.2
ヒートシンク
Full Coverage Heatsinks
SATA III
ポート数
6
WiFi WiFi 6E
有線LAN2.5GbE (Intel I225V)
USB 4.0
ポート数
0
USB 3.2
ポート数
13
USB 3.1/3.0/2.0
ポート数
4
RGB 同期
ソフトウェア
Aurora
価格不明

ソース:wccfteh - AMD X670E & X670 Motherboards Roundup Ft. ASUS, ASRock, MSI, Gigabyte, Biostar

 

 

 

解説:

各社のX670/Eマザーボード

一覧が出そろいました。

一応X570とそれほど価格は変わらないようですが、X570登場時より円安になっていますので、若干価格が上がる可能性は0ではないと思います。

X670EとX670の違いはM.2のNVMe SSDがPCIe Gen5に対応しているかしてないかですが、X670無印のマザーでもPCIe Gen5対応NVMe SSDが一つは使えるようですので、SSDを満載する予定の無い方にとってはどちらもほとんど変わらないということになります。

一般の方向けはX670、高級志向、完全主義者向けはX670Eと覚えておけばよいでしょう。

ミドルから低価格向けはB650が担うので、X670はミドルレンジ、X670Eはハイエンド向けと単純に考えておけばよいと思います。

各社マザーボードのラインナップでも上位はX670E、ミドルレンジ以下はX670無印と棲み分けされています。

一時期私が心配していたX670無印マザーはPCIe Gen 5 SSDが使えないという事態は単なる杞憂でした。

この点は安心できると思います。

マザーボードのBIOSのフラッシュROMの容量はやはり出ていませんね。

スペックに出るのか出ないのか微妙なラインの仕様なので、出来れば確認できたほうが良いかなと思います。

256M-bit(32MB)はあると思うのですが・・・・。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥78,980 (2022/09/29 07:59:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-マザーボード関係
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.