GPU情報

GPU価格の暴落でAIBもAMD Radeonグラフィックスカードのオフロードが困難に、RX 6700 XTは400USドルを下回り、RX 6600は260USドルを下回る

投稿日:

GPU価格の暴落で打撃を受けたのはNVIDIAだけでなく、AIBもAMD Radeon RX 6000グラフィックスカードの売却に苦労しているようです。

AMD Radeon RX 6000グラフィックスカードが販売困難に、AIBは在庫処分のために大幅な値下げを用意

MyDriversが発表したグラフィックスカードチャネルディーラーのレポートによると、ASUS、Gigabyte、MSIは、消費者セグメントで販売するRadeon RX 6000シリーズカードの購入を小売店や販売店に説得するのに苦労しているとのことです。

その理由は、マイニングブームで価格が大きく跳ね上がったものの、現在は価格が大きく急落しているNVIDIAのGPUと同じです。

AMDのRadeon RX 6000シリーズグラフィックスカードの価格は、NVIDIAのGPUよりもさらにひどく急落している&今ゲーミングカードの需要はほとんどない。

AMDは直近の決算(2022年第2四半期)で、ディスクリートゲーミンググラフィックス側が減少していることを確認し、同部門の収益は32%増加したものの、そのほとんどがMicrosoftのXboxやSonyのPlayStationプラットフォーム向けコンソールSOCを含むセミカスタム事業の力強い成長によるものであることを明らかにした。

売上高は、ゲーミンググラフィックスの売上減少をセミカスタムの成長が上回ったことにより、前年同期 比32%増加の17億ドルとなりました。

ゲーミンググラフィックは、マクロ環境の影響により裁量的な支出が減少したため、当四半期は減少しました。

第3四半期はゲーミンググラフィックス市場の落ち込みが予想されますが、当社は、今年後半にハイエンドのRDNA 3GPUを発売するなど、GPUロードマップの実行に引き続き注力しています。

今年に入り、コンシューマー・グラフィックスが非常に好調で、ゲーム需要が非常に高かったことから、第2四半期は減速していますが、これは、現在の需要、つまり供給と需要の関係、および個人消費に関するいくつかのマクロ問題に起因していると考えています。

AMD CEO, Dr. Lisa Su

そのため、SapphireなどAMD専売のAIBパートナーは、すでにプレミアムRadeon RX 6000シリーズグラフィックスカードの値下げを正式に発表している。

ITHomeの報道によると、Sapphire Radeon RX 6700 XTは2999元(元は3699元)の価格に下がったという。

ほぼ2割の値下がりだ(543USドル対440USドル)。

このメーカーは、他のハイエンド製品やローエンド製品についても同様の値下げを計画している。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

ただし、これらはメーカー独自の値下げです。

小売業者側では、すでにほぼ毎日、AMDのグラフィックスカードの価格が下げられているのを確認できます。

この記事を書いている時点で、ASRock Radeon RX 6700 XT Challenger グラフィックスカードはすでに 395.99 米ドルで販売されており、これは元の希望小売価格からほぼ 100 米ドル引き下げられたことになります。

希望小売価格が 329 米ドルだった Radeon RX 6600 は現在、259.99 米ドルで購入でき、ほんの数ヶ月前に 399 米ドルで発売された新しい Radeon RX 6650 XT も 349.99 米ドルに値下げされました。

また、現在469.99ドルで販売されているMSI Radeon RX 6750 XTは、最大80ドルの節約になります(549.99ドルから値下げされました)。

これらのAMD Radeon RX 6000シリーズグラフィックスカードは、ライバルであるNVIDIA GPUよりも低価格に設定されていることである。

RX 6600シリーズはRTX 3060シリーズに対抗するために作られた&ここですでに100~150USドルの価格差があることがわかる。

RTX 3060シリーズが350USドルからなのに対して、RX 6600シリーズは260USドルから。RX 6700シリーズも同様で、現在は480USドル以下からとなっているが、その競合となるRTX 3070はまだ550USドル以上で販売されている。

同じセグメントでの大きな価格差は、NVIDIAのGPUが(昨年よりかなり下がったとはいえ)まだ需要がある一方で、Radeon側が激減していることを改めて指摘することになる。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

最後に、NVIDIA GeForce RTX 3080 Tiグラフィックスカードに新しい取引があります。MSI Ventus 3X OC バリアントは現在、リベート後 844.99 米ドルという低価格で販売されており、これは希望小売価格(1199 米ドル)に対して 30%の価格下落です。

今週初めに述べたように、AMD Radeon と NVIDIA GeForce GPU の価格は全体的に下がり続け、今月末にはいくつかの大きな値下げも予定されているので、数週間後に RTX 3090 が 1000 米ドルを下回ってもショックを受けないようにしましょう。

ソース:wccftech - GPU Price Crash Is Making It Hard For AIBs To Offload AMD Radeon Graphics Cards Too, RX 6700 XT Drops Below $400 US, RX 6600 Below $260 US

 

 

 

解説:

どんどん下がるGPU価格。

在庫の山を前に苦境に陥っているのはnVidia系列だけではないようです。

AMDもミドルレンジのRX6600/XTが売れてないようです。

ミドルレンジは生産数が多いだけにいったん需給のバランスが崩れるとかなり大幅に余りそうな感じはします。

売れてないというより、生産調整される前の在庫品が余っているのでしょうね。

Radeonはゲーミング市場でのシェアと人気がGeforceより格段に劣るため、在庫の処分もなかなか大変そうです。

私もIntelのARCとRadeonのミドルレンジは安くなったら買おうかと思っています。

メーカーさんには悪いですけど、安くなってほしいです。(苦笑。

とりあえず予備や動作チェック用としていくつか持っておきたいです。

今日の別記事でも書きましたが、マイニング企業は1万とか2万とかとんでもない数のマイニングリグを売りに出しており、そこに複数のGPUがぶら下がっているわけで、それが全部、中古市場に出てきたらまさに価格破壊もいいところでしょう。

私は何度も、捨て値でさっさとGPUを処分した方が良いとここに書いてきましたが、メルカリやヤフオクなどで強欲に価格を下げないで頑張っていた転売屋の方々、ゲーム終了ですよ。

一部はeBayなどにも流れてくるでしょうから、eBayを使っている方は今後、そこから格安で投げ売りされている中古品が入手できると思います。

 

 

-GPU情報
-, , , ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.