GPU情報

ntel Arc Alchemist ゲーミンググラフィックスカードの発売が真夏まで延期、ドライバに問題があることが判明

投稿日:

Igor's Labの最新情報によると、Intelの待望のArc Alchemistゲーミンググラフィックスカードは、真夏に延期される可能性が非常に高い。

このグラフィックカードは第2四半期末に発売される予定ですが、ドライバに関する様々な問題から、発売が遅れる可能性が高いようです。

Intel初のゲーミンググラフィックスカード「Arc Alchemist」が2022年真夏まで延期と報告、遅延の原因として再びドライバが挙げられています。

数日前、Intelのゲーミングセグメント向けグラフィックスカード「Arc Alchemist」の発売予定時期をお伝えした。

Alchemist Xe-HPGアーキテクチャをベースにしたArc A-Seriesの最初のカードは、今四半期末に店頭に並ぶと予想されていた。

実際、IntelはすでにトップであるArc Limited Editionグラフィックスカードを2022年第2四半期末までに発売することを発表している。

また、Intelは、新しいグラフィックカードが店頭に並ぶ前に、いち早く手に入れることができるScavenger Huntの当選者を発表しています。

しかし、現在のところ、正式な発売に関する報道は厳しいものとなっています。

Igor Wallossek氏によると、様々な情報源から、Intelはゲーミンググラフィックカードのラインナップの実際の発売を夏の終わりまで延期するかもしれないとのことです。

これは、7月1日から8月31日までの期間を設定するものです。

また、Igorは、AIBがIntelの計画にかなり不満を感じており、グラフィックスカードが実際にいつ発売されるのか分からないと報告しています。

その理由は、またしてもドライバであることが挙げられている。前回のレポートでも、ドライバが遅延の主な原因であり、Intelはカードをリリースする前にすべての問題を解決したいと考えていることを挙げたのを覚えているだろうか。

これが、IntelがArc Aシリーズの最初の製品をアジア市場で限定的に発売した理由の1つである。

ノートPC向けのArc A350MとArc A370MのGPUは、今のところ、アジアの一部の地域と一部のノートPCでしか入手できない。

米国やEUなどの主要地域では、まだArcを搭載したノートPCを入手することはできません。

エントリーモデルの出荷台数がこれほど少ないということは、ハイエンドのArc 5シリーズやArc 7シリーズがいかに少ない台数で出荷されるかが想像できるだろう。

この遅延がラインナップ全体にどう影響するかですが、最終的な仕様はすでに決まっているので、クロックやファームウェアが変わることはないでしょう。

しかし、現状では、ドライバに疑問符がつきます。

実際に最終的なドライバを所有している人はおらず、手元にあるのは実際の性能をカモフラージュするためか、ネットのプレスメディアを通じてネガティブな報道を避けるためだけなのだそうです。

NVIDIAとAMDは、IntelがArc Alchemistゲーミンググラフィックスカードの形で何を持ち込もうと、彼らの現在の製品は十分に競争力があると、彼らの調査結果に基づいて既に確信しています。

NVIDIAのGeForce RTX 3070 Ti 16GBがキャンセルされ、AMDがRX 6750 XTをRTX 3070よりはるかに高く押し出さないのは、両GPUの巨人が既存のラインアップに非常に自信を持っていることの証拠と言えます。

夏の半ばから後半にかけての発売ということは、Intelのラインナップが、同じく2022年第4四半期頃に予定されているNVIDIAとAMDの次世代グラフィックスカードの発売と超接近することになることも意味しています。

さらに、これらの遅延やドライバの問題は、Intelの最初のグラフィックス発売にとって良い兆候ではありません。

さらに、この状態が続けば、Intelは潜在的なボードパートナーを失い、Arcグラフィックスカードの展開にさらに影響を及ぼす可能性があります。

全体として、これは全く良いことではありませんが、Intelが来る「VISION」イベントでより良い発売時期を提示し、今月末のComputex 2022でより詳細な仕様と価格の開示を行うことを期待しています。

Intel Arc Aシリーズデスクトップグラフィックスカードのラインナップ「噂」:

グラフィック
カードモデル
GPUモデルGPUダイ実行
ユニット数
シェーディング
ユニット数
(コア数)
メモリ容量
・種類
メモリ速度メモリバス幅TGP
Arc A780Xe-HPG
512EU (不明)
Arc ACM-G10512 EU
(不明)
4096 (不明)16 GB GDDR616 Gbps256-bit~275W
Arc A770Xe-HPG
512EU (不明)
Arc ACM-G10512 EU
(不明)
4096 (不明)16 GB GDDR616 Gbps256-bit~250W
Arc A770Xe-HPG
512EU (不明)
Arc ACM-G10512 EU
(不明)
4096 (不明)8 GB GDDR616 Gbps256-bit~250W
Arc A750Xe-HPG
384EU (不明)
Arc ACM-G10384 EU
(不明)
3072 (不明)12 GB GDDR616 Gbps192-bit~200W
Arc A580Xe-HPG
256EU (不明)
Arc ACM-G10256 EU
(不明)
2048 (不明)8 GB GDDR616 Gbps128-bit~150W
Arc A380Xe-HPG
128EU (不明)
Arc ACM-G11128 EU
(不明)
1024 (不明)6 GB GDDR616 Gbps96-bit~100W
Arc A350Xe-HPG
96 (不明)
Arc ACM-G1196 EU
(不明)
768 (不明)4 GB GDDR616 Gbps64-bit~75W
Arc A310Xe-HPG
64 (不明)
Arc ACM-G1164 EU
(不明)
512 (不明)4 GB GDDR616 Gbps64-bit~50W

ソース:wccftech - Intel Arc Alchemist Gaming Graphics Cards Availability Reportedly Delayed Till Mid-Summer, Drivers Still Problematic

 

 

 

解説:

産みの苦しみにのたうち回るIntel

以前にAlchemistのドライバのバージョンが2系統あるという話が出ていましたが、なんと、まっとうに動くドライバが存在せず、Alchemistの発売が遅れる見込みだそうです。

元記事だとAIBにまで不信感を持たれているという表現がありますので、相当深刻な状態のようです。

私はIntelの第一世代のゲーム向け高性能単体GPUはミドルレンジにとどまると言いましたが、はからずもそれが当たってしまった形になったうえに、ドライバと言う基本的なところでIntelが躓くとは思ってもみませんでした。

やはりIntelと言えども最初の製品を出すのはかなり苦労を伴うようです。

 

これ以上遅れると・・・

これ以上遅れると、RTX4000やRX7000シリーズが発売されてしまい、旧世代製品の価値は激減します。

そもそも、Alchemistの噂が出ていたのはTuringが現役の世代の頃で、その当時に出ていれば相当先進的なGPUだったでしょう。

しかし、今となってはA780もRTX3060Ti相当と言われており、これをRTX4000シリーズが出てから売るのはかなり厳しいと言わざるを得ません。

Intelの重要なマイルストーンであることは確かですが、どうもその道は想像を絶するほど険しいものになりそうです。

このドライバ問題が遅れれば遅れるほどAIBとの関係もこじれることは必至でしょう。

Mid-summerと書いてありますので8月と読めますが、元々7-8月とされていたものが遅れるとなって8月で済むものなのかどうかは大きな疑問です。

9月になれば、RTX4090/4080が発売されてしまうでしょうし、RTX4090はRX7900XTに合わせて12月末か1月になるとおもいますが、TSMC5nmで生産されるRTX4000シリーズに型落ちで安価なプロセスであるTSMC6nmのAlchmistをぶつけるというのは無謀以前の問題ではないでしょうか。

AMDで言えば、今年の夏にRX5700XTをフラッグシップとして発売するようなものですね。

なかなか厳しい話だと思います。

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.