GPU情報 その他

SDIGが26K以上のマイニングリグを売却し、暗号通貨の下落による6700万ドルの負債を返済。

投稿日:

米国のStronghold Digital Mining、またはSDIGは最近、最近のデジタル通貨の下落によって見られる不振から6740万ドルの負債を引き受けるために、26,200の暗号マイニングリグを売却したと報告しました。

SDIGは約16,000人のマイナーを擁し、100MW以上の余剰発電を売却している最中である。

Stronghold Digital Miningは、今年初めのデジタル通貨の下落を補うために26,000の暗号マイニングユニットを販売したことを報告します。

重要な暗号マイニング事業は、2022年にかなりの負債を抱えた。

しかし、彼らの採掘ハードウェアはまだ高額の価値があります。

同社は、約1.4EH/sを超えるハッシュレート能力を使用し、電力消費で約55メガワットを描く、約16,000ビットコインマイナーを維持しています。

しかし、SDIGは楽観的な未来を描いている。迫りくる負債を支払うために機械を売却しなければならない状況でも、同社は市場が変化すれば、より手頃な価格でより多くのマイニングリグを購入できるようになると考えています。

同社はまた、最近の機器の削減において、暗号マイニングから2.5EH/sの電力を失ったと報告しています。

Tom's Hardwareは、SDIGの経営陣は、可能性のある暗号の減少がシフトするまで、「暗号通貨価格、電力価格、マイニングリグの価格と効率」に焦点を当てると述べています。

SDIGは最近、Whitehawk Finance LLCとの融資契約を更新し、同社が借りられる$20Mの追加調整可能プールを追加し、期間を36ヶ月に増やし、短期的な経費を削減することを可能にしました。

SDIGは、将来の投資のために、暗号マイニング機器を売却して支払った負債から4700万ドルを残しています。

れっきとした、このビットコインマイニング企業は、市場で最大級の暗号通貨マイニング企業の1つです。

同社は、暗号マイニングリグを所有・運営するだけでなく、およそ165メガワットの発電電力も所有・運営しているという点で垂直統合されています。

SDIGはペンシルバニア州にスクラップグラスとパンサークリークの2つのプラントを所有し、石炭とごみを燃やしてエネルギークレジットの受領を支援しています。

しかし、石炭廃棄物の山は、鉄、マンガン、アルミニウムの残留物が水路に浸出し、酸性地下水が発生するなど、環境に大きな悪影響を与える可能性があります。

この流出により、地表や地下水の汚染を引き起こす可能性があるため、企業はEPAが定めるガイドラインを満たす必要がある。

ストロングホールドはまた、"電力価格/需要の上昇により、ビットコインの採掘を縮小するには良い時期だ "と感じている。

同社のマイニング事業は約56メガワットまで減少しているため、ストロンゴールド社は余った電力を売却しなければならない。

同社は、エネルギーを送出物資と採掘プロセスのどちらかに振り分けるという柔軟性を持たせているため、より良い利益を得るのに役立っている。

暗号通貨の価格は、今年6月の劇的な下落以降、改善されている。イーサリアムは2カ月前の2倍に上昇し、ビットコインは約5000ドル上昇し、1BTCあたり23.500ドルまで上昇した。

7月、ビットコインの採掘価格は約1万3000ドルだった。1カ月で1万ドル近く伸びたことは、デジタル通貨に投資する人たちに希望を与えている。

ソース:wccftech - SDIG sells off over 26K mining rigs to pay off $67M debt from crypto decline

 

 

 

解説:

SDIGとはNASDAQに上場しているマイニング企業の一つです。

世界最大級と言ってもよいのではないでしょうか。

マイニングが蛇蝎のように嫌われているのはこういう環境ルールもろくに守らない企業が今までのGPUの流通を破壊してきたからという理由もありますね。

知らなかった方もいると思いますが、結局マイナーが嫌われる理由と言うのはこうしたことです。

26,200の暗号マイニングリグを売却した

元記事中にはこうありますが、売却していたということは持っていたということです。

26200のリグと言うことは1リグで1GPUと言うことは無いでしょう。

つまり26200x「いくらか」のGPUを使っていたということになります。

もちろんですが、マイニングを大規模に行っている企業はSDIGだけではないでしょう。

SDIGはペンシルバニア州にスクラップグラスとパンサークリークの2つのプラントを所有し、石炭とごみを燃やしてエネルギークレジットの受領を支援しています。

しかし、石炭廃棄物の山は、鉄、マンガン、アルミニウムの残留物が水路に浸出し、酸性地下水が発生するなど、環境に大きな悪影響を与える可能性があります。

勝ち誇って自己所有のマイニングリグを自慢していたマイナーにはっきり言っときます。

オタクらのやってることの最上位の業者の環境意識なんてこの程度のもので、マイニングやってるなんて堂々と言えるほど立派なものではないです。

こうした巨大マイニング企業は他の国々にもあると思います。

そう言った企業が所有リグx「いくらか」のGPUを使用していたとすると幾ら作っても足りなかったはずと言うのはさすがに何も知らない、調べてすらもいない個人マイナーの方でも理解できるのではないでしょうか。

RTXは普及しているとコメントに書いた方がいましたが、こんなにマイニングで使われていたらもちろん普及しているはずがありません。

フェルミ推定で、多少のアタリは付けられると思うのですが、普段からもうちょっと頭使う癖をつけた方がいいと思います。

こうした売却されたリグとそれに「いくつか」ついているGPUが全て中古市場に放出されればどんな結果になるかバカでもわかると思います。

現行のGPUは今後、下がることはあっても上がることは無いと書きましたが、こういうことです。

通常の需要の何十倍レベルのマイニング落ちGPUと在庫になっている新品のGPUが世界レベルで積みあがっているということになります。

当然ですが、そんなにあっても仕方ないですし、時期的に言って、誰もAmpereは欲しがりませんので、中古は1円で投げ売りされてもおかしくないレベルでしょう。(苦笑。

全てのマイナーが自分と同じレベル・規模でしかマイニングしていないという現状把握は間違いです。

-GPU情報, その他
-, , , ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.