GPU情報 その他

NVIDIAの株価が過去最高の312ドルを超え、史上最高を記録

投稿日:

開始時の鐘が今日鳴った後、NVIDIA株は300ドルの心理的障壁を突破し、312ドルを超えて会社の最高記録を更新しました。

NASDAQ:NVDA 314.7 6.11%は現在、この重要なレベルでサポートを作成しており、ショーツを傷つけています。

これは同社の投資家がほぼ1年半の間望んでいたことであり、クリスマスが早く来たように見えます。

NVIDIA(NASDAQ:NVDA)は、時価総額1,910億ドルで、史上最高の312.87ドルに達しました。

 

2018年9月まで、ジェンセンは記録的な四半期で記録的な四半期を発表していましたが、NVIDIAの株価は300ドルのレベルを突破し、新たな高みに達しそうです。

過去数年間、GPUが暗号通貨ブームを支えており、AIのGPGPUも同様に離陸していました。

歴史、それは蒸散した異なる計画を持っていた。

記録的な四半期の中断は、株価の崩壊に先行した。

Turingアーキテクチャをベースにした同社の次世代グラフィックスカードの大部分が行き詰まっていたため、株価は145ドルまで急落し、ゆっくりと回復したため、投資家にとっては不振でした。

2020年はNVIDIAの年になると思われます。株価が異常な回復を遂げ、ついに300ドルを突破し、312.87ドルという史上最高を達成したからです。

これは主に、最新のAmpere GPUの発売と、グラフィックカードのパフォーマンスプロファイルを向上させながらコストを削減できる7nmへの予想されるシフトの予想に裏打ちされています。

同社はまた、Nintendo Switchの販売から多くの風変わりを経験しています(ただし、これらは任天堂が直面すると予想しているコロナウイルスの減速の影響を受ける可能性があります)。

このカムバックのもう1つの要因は、チューリングが最終的に手頃な価格になりつつあるという事実です。

SUPERラインナップは、より強力なGPUを(比較的)安い価格で提供することにより、ゲームのコストを削減しました。RTX以外のTuringシリーズは、手頃なGPUと優れたパフォーマンスを備えた群衆のお気に入りであることが証明されています。

AMDはまた、ハイエンドゲームセグメントではほとんど競争力がなく、メインストリームセグメントでの競争しか提供していません。

同社のAmpere GPUは、ゲームのコストをさらに削減し、AMD Radeonカードの熱を上げることができます。

7nmについてのうわさが真実なら、PCゲーマーがパフォーマンスの世代の飛躍を活用するためにアップグレードサイクルに入るので、別の買い狂気を開始します(ノード変更中にかなり大きい)。

ゲーマーのTotal Available Market(TAM)も、ターゲット層のユーザーが購買力を高めるにつれて増加し続けています。

同社のGPUは、さまざまなAI関連のワークロードとオンボードの駆動コンピューターにも利用されており、外出先でGPGPUを使用するための唯一の実行可能な選択肢です。
テスラの神秘的な自動運転コンピューターがなければ、何も近づきません。

任天堂のスイッチ販売とSUPER Turingがすでに完全に価格設定されているため、投資家はAmpere GPUの発売に関連するニュースと、それに関連するラインナップとポジショニングに注目する必要があります。

同社はまた、Intelと協力して、SUPERモビリティGPUを近日中に発売します(以前の独占記事で説明しました)。

ソース:wccftech - NVIDIA Stock Blows Past $312 In Massive Stock Surge To Reach New All-Time High

 

解説:

nVidiaの株価が過去最高値を更新

暗号通貨バブルで爆上がりしたnVidiaの株価はバブルの崩壊によって暴落しましたが、ようやく持ち直し、過去最高値を更新したということです。

基本的に暗号通貨バブルなどに頼らずとも、IoTや自動運転、AI画像処理など、GPUの未来はバラ色であり、おかしなショートカットをするよりも堅実に業績を常重ねていったほうが適正で高い評価が得られるということの証左でしょう。

AMDが新型Radeon(Navi)を発売しましたが、残念ながら価格的な問題で売れているとはいいがたい状況だと思います。

NaviはおおむねTuringと同程度の性能があるといってよいですが、Naviは7nm、Turingは型落ちの12nmで製造されていることを忘れてはいけません。

CPUではintelを圧倒しているAMDですが、GPUではそうではありません。

基本的に同じ製造プロセスを使うことのできるnVidiaに対しては設計の優劣がモロに出てしまうからです。

AMDがnVidiaを圧倒しようとするならば設計で(もしくはソフトウェアのサポート力で)勝たなくてはなりません。

そうでなければ好調のRyzenと組み合わせた値引き販売に頼るしかないでしょう。

それは価格が上がったNaviの惨状を見れば明らかだと思います。

※ 個人的にはNaviは決して悪いGPUではないと思います。ただ、積極的に選ぶ理由がないだけです。

話題のBig NaviはRTX2080Tiを仮想敵としており、RTX3000シリーズのフラッグシップ(RTX3080Ti?)には及ばないでしょう。

IntelにGPU部門の人材を引き抜かれまくった現在、RDNA第三世代の情報はまだ出てきていませんが、AMDがRDNA第三世代でRTX3000シリーズを超えるか匹敵する製品を出せるかどうかです。

IntelのXeの実力が未知数ですので、Xeの存在は考慮に入れてませんが、AMDとnVidiaが昔のようにGPU界のライバルに戻るにはそれがカギになると思います。

それはなかなか難しいと思いますので、しばらくはnVidia無双が続くと思います。

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

RTX2000SUPERシリーズ

 

GTX1600SUPER

 

ハイエンド(性能重視)

RTX2080Ti最安

RTX2080Ti OCモデル

 

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

-GPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.