GPU情報

AMD RDNA 3 "Navi 3x" GPU レンダリング画像から、Radeon RX 7000 パワーハウスの外観を確認することができます。

投稿日:

数日前、AMDのRadeon RX 7000グラフィックスカード用GPU「RDNA 3 "Navi 3x"」の新しい仕様と構成が発表されました。

そして今回、TwitterのWild_C氏による、予想されるダイサイズに基づいた初のファンメイドレンダリングが公開されました。

AMD Radeon RX 7000のGPUレンダリングからRDNA 3 "Navi 3x "チップのデザインが更新されたことが判明

TwitterユーザーのWild_C(@_wildc)は、テックアウトレットのユーザーSkyJuice60(@SkyJuice60)が最近リークした情報にマッチする新しいレンダーを作成しました。

数日前にGPUに関する全く新しいディテールを明らかにしたAngstronomics。

AMD RDNA 3 Navi 3X GPUの構成(速報値):

GPU名Navi 21Navi 33Navi 32Navi 31Navi 3X
コードネームSienna CichlidHotpink BonefishWheat NasPlum Bonito不明
製造プロセス7nm6nm5nm/6nm5nm/6nm5nm/6nm
パッケージモノリシックモノリシックMCM
(1 GCD +
4 MCD)
MCM
(1 GCD +
6 MCD)
MCM (不明)
ダイサイズ520mm2203mm2 (Only GCD)200mm2 (Only GCD)
425mm2 (with MCDs)
308mm2 (Only GCD)
533mm2 (with MCDs)
TBD
シェーダー
エンジン数
42468
GPU WGP数4016304864
WGP毎の
SP数
128256256256256
演算ユニット
数(ダイ毎)
80326096128 (GPU毎)
256 (合計)
コア数
(ダイ毎)
512040967680122888192
コア数
(合計)
5120409676801228816384
メモリ
バス幅
256-bit128-bit256-bit384-bit384-bit x2?
メモリタイプGDDR6GDDR6GDDR6GDDR6GDDR6
メモリ容量最大16 GB最大8 GB最大16 GB最大24 GB最大32 GB
メモリ速度16-18 Gbps不明不明20 Gbps不明
メモリ
帯域幅
512-576 GB/s不明不明960 GB/s不明
インフィニティ
キャッシュ
128 MB32 MB64 MB96/192 MB不明
フラッグ
シップSKU
Radeon
RX 6900 XTX
Radeon
RX 7600 XT?
Radeon
RX 7800 XT?
Radeon RX 7700 XT?
Radeon
RX 7900 XT?
Radeon Pro
TBP330W~150W~250W~350W不明
発売時期 2020Q42022Q4?2022Q4?2022Q4?2023?

下の写真では、RDNA 3チップの最初の写真はオリジナルのレンダリングで、2番目はアップデートされたレンダリングのもので、最初に噂されたものとはかなり異なるレイアウトが提供されています。

読者は、これらがファンのレンダリングであることを忘れてはならないので、現在公開されているAMDの次期GPUの画像は、まだオンラインや出版物に掲載されていないのだ。

現在、グラフィックスダイ(GCD)の高さや幅は誰も知らない。

AMD Navi 31 GPUは、サイズが533mm²、GCDが308mm²になると予想されています。

また、新しいNavi 31 GPUチップは、37.5 mm²のMemory DiesまたはMCDを6個搭載する予定です。

Navi 32は350 mm²のサイズで、最大4個のMCDを搭載する見込みです。最後に、Navi 33は203 mm²のスモールダイを提供する見込みです。

Navi 33 GPUは、ファンメイドのレンダリングで登場したx16ではなく、PCIe Gen5 x8インターフェイスをサポートすると見られる。

Navi 33のレンダリングでは、AMDが同社の下位エントリーレベルSKUで見られる角度のついたGPUデザインを取り入れることが示されている。

AMDのRadeon RX 7000グラフィックスカードは、Navi 3X "RDNA 3" GPUを搭載し、今年後半に発売される予定だが、レッドチームはまずNavi 31シリーズなどのハイエンドバリエーションに焦点を当てる。

ソース:wccftech - AMD RDNA 3 “Navi 3x” GPU Renders Show What The Radeon RX 7000 Powerhouses Could Look Like

 

 

 

解説:

RDNA3のレンダリング画像が作成される。

これはあくまでも単なるユーザーが作ったレンダリング画像ですので注意してください。

しかし、GCDやMCDがどのように配置されているかなど、わかりやすいのではないでしょうか。

また、画像を見ると、MCDはNavi31の場合は6、Navi32の場合は4つ使うことによってコスト効率を上げていることがわかると思います。

小型のMCDを大量に生産することによってコスト効率をあげ、GCDと組み合わせることによって性能を上げていくということです。

無理にGCDを2つに分割しなかった理由の一つだと思います。

一方でローエンドでモノリシックのNavi33は128bitバスになると言われており、その下のNavi34があるとしたら、64bitバスやX4になり、またRadeon RX6500XTと同じ轍を踏むのかどうかは気になるところです。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.