CPU情報 ゲームについて その他

ゲーム機メーカーAOKZOE、AMD Ryzen 7 6800U 3,500個を開封

投稿日:

近日発売予定の携帯ゲーム機「A1」を手がけるゲーム機メーカーAOKZOEの創業者Chengzhi Zong氏は先日、同機を搭載するAMD Ryzen 7 6800U CPUの同社初のロットの納品をYouTubeで紹介しました。

AOKZOE CEO、クラウドファンディングのストレッチゴールの1つとして携帯ゲーム機「A1」向けに3500個以上のAMD Ryzen 7 6800U CPUをアンボックスした

動画では、初期セットとして、5つのトレイと32個のAMD Ryzen 7 6800U CPUが入ったボックスが用意されていた。

合計で計算すると、お届けしたのは3,520個のプロセッサーと推定され、技術系のアンボックスビデオとしては最大級のものとなっています。

AMD Ryzen 7 6800U CPUは、低消費電力のシステムやデバイス向けに製造されており、携帯ゲーム機「AOKZOE A1」に最適な候補となっています。

このCPUは、Zen3+コア・アーキテクチャに基づく8コア、16スレッドを提供し、Rembrandt APUのラインアップに含まれます。

また、同チップには、RDNA 2アーキテクチャに基づく12個のグラフィックス・コンピュート・ユニット(CU)が搭載されます。

以下のビデオでは、AOKZOEのCEOが新しいプロセッサーの箱開けに特別な注意を払い、AMD Ryzen 7 6800U CPUブリックの1つを開ける際に、技術者が待機していることを消費者と視聴者に保証しています。

AMD ZenおよびRDNA2 APUは、当初、XboxやソニーのPlayStation 5システムなどの強力なゲーム機で採用されました。

現在では、Valve、GDP、Onexplayer、さらにはAOKZOEによる最新の携帯型システムなど、より多くのデザインで広く使用され始めています。

新しいAMD Rembrandtシリーズは、コンピュータやデバイスのハイテク市場において、特にモバイルCPUとしては強力で高効率なプロセッサとして、高い商品価値を有しています。

以前は、45Wの高いモバイルCPUは、プロセッサが要求する電力により、デバイスの内蔵バッテリーを消耗するため、弱いチップセットしか選択肢がなかった。

※ 画像をクリック留守と別Window・タブで拡大します。

 

AOKZOEは今年初め、当初自社の製品について説明し、9月に新しいゲーム機の出荷を開始すると公言していた。

現時点では予定通りに進んでいるようで、クラウドファンディングに協力する消費者は来月からゲームを始めることができる。

AOKZOE A1コンソールの詳細については、同社の公式サイトをご覧ください。2022年8月26日まで、Kickstarterで新型携帯端末の予約販売を継続中です。

ソース:wccftech - Console Maker, AOKZOE, Unboxes 3,500 AMD Ryzen 7 6800U CPUs

 

 

 

解説:

新興メーカーAKIZOEがRyzen 7 6800Uを搭載した携帯型ゲーミングPCを発売するようです。

良い機会なので、この手のゲーム機に対する私の見解を書いておきます。

特に今すぐ欲しいというのでなければ、ValveのSteam Deckにしてなるべく費用を抑えるか、Ryzen 7 7000UシリーズやMeteorLakeのいわゆるGPU強化モデルが出るのを待った方がいいと思います。

時期としては1-2年後ですが、それ以前とそれ以後では全く性能が違ってくる可能性が大です。

今でも1280x720では十分な性能だと思いますが、1920x1080で60FPSを超えられる性能になる可能性が高いので、使い勝手もかなり違ってくるのではないかと思います。

今すぐ欲しいという気持ちもわからないではありませんので、そうであるならば今すぐ購入してもよいですが、将来的に性能がドカンと上がる可能性があるということは覚えておいてください。

 

-CPU情報, ゲームについて, その他
-, ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.