CPU情報

Intel Z590, B560 & H510マザーボードは1月11日に発売されると報告されているが、Rocket Lake第11世代デスクトップCPUは後から発売される

投稿日:

中国のアウトレット、Weixinのレポートでは、Intelのパートナーは1月11日にZ590, B560, H510ファミリーを含む500シリーズのマザーボードを発表すると述べられています。

500シリーズのチップセットマザーボードは、Intelの第11世代Rocket Lake CPUファミリを完全にサポートするように設計されている。

Intelのパートナーが1月11日にZ590ラインナップを含む500シリーズマザーボードを発表、Rocket LakeデスクトップCPUは後に発売、との噂

報告書(@HXL経由)によると、Intelのパートナー企業がZ590、B560、H510チップセットを搭載した500シリーズのマザーボードを発売すると明記されています。

IntelのOEMやボードパートナーが次世代製品を正式に市場に投入するのか、それとも通常の発表の後、後日適切なリテールローンチが行われるのかは不明です。

 

情報源によると、1月11日が500シリーズマザーボードの発売日になると確信していますが、それに付随するRocket LakeデスクトップCPUは2月末か3月初旬まで発売されないと述べています。

Rocket Lake デスクトップ CPU の発売については相反する噂がありますが、他の人はこの噂と同様に 3 月頃の小売発売を指摘している間、いくつかの人は発売は 1 月に固定されていることを示唆しています。

可能性があるのは、Intelが1月にマザーボードの新しいラインと一緒にRocket Lake-Sのラインアップを発表する機会を取るだろうが、実際の発売日は数週間後になるだろうということです。

これは、Intelが正式発表の1ヶ月前に発表したComet Lake-SデスクトップCPUの発表をどのように処理したかに非常に似ています。

これは、これらのプロセッサが洗練された14nmノードに基づいている間、彼らはブランドの新しいチップアーキテクチャを利用しているため、少なくともIntelがいくつかの在庫を構築することができるだろうし、それゆえに、ハイエンドチップのビニングは、Intelが長年にわたってSkylake誘導体を持っていたような単純な仕事ではありません。

500シリーズのプラットフォームへの移行を計画している人のアーリーアダプターは、この場合、Comet Lake-SデスクトップCPUに頼らざるを得ないだろう。

第10世代のラインナップは、400シリーズのプラットフォームと同じソケットを共有しているため、500シリーズのマザーボードとも互換性がある。

500シリーズのプラットフォームには新しいI/O技術のホストが追加され、より具体的にはPCIe Gen 4プロトコルを完全にサポートしている。

これは今のところ噂に過ぎませんが、IntelのRocket Lake-SデスクトップCPUの発売計画についての情報が出てきたら、またお知らせします。

Intel 11th Gen Rocket LakeデスクトップCPUラインナップスペック(速報):

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
(シングルコア)
ブースト
クロック
(全コア)
キャッシュTDP (PL1)
Core i9-
11900K
8 / 163.50 GHz5.30 GHz4.8 GHz16 MB125W
Core i7-
11700K
8 / 16不明5.00 GHz4.6 GHz16 MB125W
Core i5-
11600K
6 /12不明4.90 GHz4.7 GHz12 MB125W
Core i5-
11400
6 /12不明4.40 GHz4.2 GHz12 MB65W

第11世代デスクトップCPUのすべて

IntelのRocket Lake-SデスクトップCPUプラットフォームは、LGA 1200ソケットをサポートすると予想され、400シリーズのマザーボードではあるが、Comet Lake-S CPUと一緒にデビューすることになる。

Intel Rocket Lake-Sプロセッサは500シリーズのマザーボードと一緒に発売されるが、LGA 1200マザーボードがRocket Lake-S CPUをサポートすることが確認されている。

特に、PCIe Gen 4.0がZ490マザーボードの顕著な機能であることを考えると、Rocket Lake-SデスクトップCPUを使用することでのみ有効になる。

インテルのデスクトップ向けCPU「Rocket Lake」の主な特徴は以下の通り。

  • 新しいCypress Coveコア・アーキテクチャによるパフォーマンスの向上
  • 最大8コアと16スレッド(Skylakeを上回る2桁のIPC利得
  • 新しいXeグラフィックス・アーキテクチャ(Gen9より最大50%高いパフォーマンス
  • 増加したDDR4 3200 MHzのメモリサポート
  • CPU PCIe 4.0レーン (Z490 & Z590マザーボードで利用可能)
  • エンハンスドディスプレイ(統合HDMI2.0b、DP1.4a、HBR3
  • CPU PCIe 4.0レーンを追加 = 20 CPU PCIe 4.0レーンの合計
  • エンハンスドメディア(12ビットAV1/HVEC、E2E圧縮
  • CPUアタッチドストレージまたはIntel Optaneメモリ
  • 新しいオーバークロック機能と機能
  • USB オーディオのオフロード
  • 統合されたCNViとワイヤレスAX
  • 統合USB 3.2 Gen 2x2 (20G)
  • 2.5Gbイーサネット・ディスクリートLAN
  • ディスクリート Intel Thunderbolt 4 (USB4準拠)

Rocket Lake CPUのアーキテクチャはCypress Coveと言われており、これはSunny CoveとWillow Coveのデザインのハイブリッドと言われていますが、Xe Gen 12 GPUアーキテクチャを搭載すると言われています。

また、Thunderbolt 4.0対応のZ590マザーボードシリーズも今年後半に発表されると言われているので、今後数ヶ月の間にRocket Lake CPUに関する情報を期待したいところです。

IntelデスクトップCPUの世代比較:

Intel CPU
ファミリ
製造
プロセス
最大
コア数
TDPチップセットソケットサポート
メモリ
PCIe
サポート
発売年
Sandy Bridge
(第二世代)
32nm4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge
(第三世代)
22nm4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell
(第三世代)
22nm4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell
(第五世代)
14nm4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake
(第六世代)
14nm4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02015
Kaby Lake
(第七世代)
14nm4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake
(第八世代)
14nm6/1235-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake
(第九世代)
14nm8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake
(第十世代)
14nm10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake
(第十一世代)
14nm8/16未確認500-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 4.02021
Alder Lake
(第十二世代)
10nm?16/24?未確認600 Series?LGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2021
Meteor Lake
(第十三世代)
7nm?未確認未確認700 Series?LGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2022?
Lunar Lake
(第十四世代)
未確認未確認未確認800 Series?未確認DDR5PCIe Gen 5.0?2023?

ソース:wccftech - Intel Z590, B560 & H510 Motherboards Reportedly Launching on 11th January, Rocket Lake 11th Gen Desktop CPUs Come Later

 

 

解説:

Intel500シリーズマザーボードは先に出る?

Rockdet Lake-Sと組み合わされる予定のIntel 500シリーズチップセットは1月11日に発売されるという噂が飛び込んできました。

理由はよくわかりませんが、マザーボードだけ先に発売するということのようです。

過去の発売日を見ると、1月の同時期に発売されたCPUとマザーボードもありますが、どうもこれを見るとCPUの供給量は現在も押され気味のようです。

それでもComet Lakeと比較するとマシになっているようですが、マザーボードだけ先に発売するというのは意味が無さ過ぎて「本当なのかな?」と疑問に思います。

Socket 1200は過去のIntel製品と違い、互換性がありますのでマザーボードの先行販売に全く意味がないわけではありません。

しかし、やはりCPUと組み合わせてこその製品ですので、先に発売するというのは驚きを禁じえません。

購買層は現在、Comet Lakeを使っている人が中心になるのでしょうが、一体どれだけの人が移行するのか疑問です。

Intelの第11世代はCPUのRocket Lake-Sが8コアにとどまることも含めて、非常に興味深い製品になりそうです。

個人的には、AMDにもRyzen5000シリーズの供給をきちんと行って欲しいものです。

 

第11世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

Core i5-11400F

 

第10世代intelCore i9シリーズ(10コア)

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.