GPU情報

Intel Arc GPUの噂。デスクトップグラフィックカードロードマップ、AIBデザイン、Alchemistリフレッシュ、Q3公式出荷日について

投稿日:

IntelのArc GPUラインナップとその後のグラフィックス製品は、2021年の当初の発売予定に間に合わなかったことから、大きな論争に直面しています。

今回、Moore's Law is Deadによって、Arcグラフィックスカードのラインナップに関する内部資料&流出したロードマップのリストが公開され、Intelのグラフィックス部門の実情が見えてくるかもしれません。

Intel Arc GPU&デスクトップグラフィックスカードの "オリジナル "とされるロードマップを詳述、ラインナップは大幅な遅延に直面、リフレッシュ&キャンセルの可能性も語られる

Intel Graphicsの当初のマーケティングチームは、クリス・フック氏が率い、2020年までに最初のディスクリートグラフィックス製品を提供することを明言していた。

それから2年が経過したが、GPUのラインナップは一般に公開されるにはほど遠い。

グラフィックス部門は、現在もラジャ・コドゥリ氏が陣頭指揮を執っているが、彼は優秀で高い野心とビジョンを持ったエンジニアであり、前職のAMDからもその仕事ぶりは賞賛されている。

Intelのグラフィックスマーケティングチームには、トム・ピーターセン氏(元NVIDIAのテクニカルマーケティングマネージャ)とライアン・シュラウト氏(PCPerspectiveのチーフエディタ)が加わっている。

Intelの両担当者は、YouTubeやソーシャル・チャンネルで、現在および将来のArc GPUに関する最新情報を提供しています。

しかし、Arcディスクリートグラフィックスカードがこの夏の終わりに主要な発売に向けて準備されていると言われている一方で、Intelのグラフィックス部門については計画通りに進んでいないようです。

Intel Arcのロードマップ。7月発売が9月に延期?

ムーアの法則は死んでいる "がIntelから直接来るいくつかの疑惑の文書とロードマップで指摘するように、それはArcディスクリートグラフィックスカードのラインアップは、大規模なその元の時間枠を過ぎて滑っている可能性がありますように見えます。

Arc Graphics DesktopのSKUスケジュールでは、7月末までにグローバルなラインナップのローンチが予定されており、デスクトップ向けに合計4製品が含まれる予定だったことがわかる。

これは、Arc GPUをOEMやSIからグローバルに供給するハードローンチであり、DIYローンチは8月末頃になると予想されていた。

また、IntelのArctic Sound-Mは、当初はXe-HPブランドで複数のハイエンドワークステーションSKUを計画し、はるかに壮大な計画でラインナップされる予定だったが、後にキャンセルされ、7月26日に発売されることが同じロードマップで述べられているが、昨日、IntelはArctic Sound-M ディスクリートGPUをティーザーとして再度提供し、SupermicroなどのOEMからサーバーラック内に組み入れる予定だとしている。

このように、Intelのグラフィックスロードマップの予定が予想される日付の近くで起こったことを考えると、このロードマップは信憑性があると言えるでしょう。

当社のデータセンター向けGPU(コードネーム:Arctic Sound-M)は生産を開始し、メディアストリーミングやクラウドゲーミングに始まり、AIの視覚推論や仮想デスクトップのサポートなど、多様なワークロードをサポートする顧客に向けて出荷を開始しました。

インテルCEO、パット・ゲルシンガー 2022年第2四半期決算説明会

興味深いのは、「Desktop Launch Event」と呼ばれるイベントです。Arc Experience "と呼ばれる興味深いイベントが、来月開催される SIGGRAPH 2022 の近くに計画されており、プレス向けのディープダイブとカスタマーショーケースのパネルが含まれる予定になっていました。

このイベントは9月下旬に予定されていますが、Intel自身が話している唯一の顧客向けショーケースは、LANFestに向かういくつかのArc-powered PCを積んだ「Intel Truck」なので、9月下旬にずれ込んだ可能性があります。

Intel Arc Desktop発売の噂のスケジュール(画像出典:Moore's Law is Dead):

※ 画像をクリックすると別window・タブで拡大します。

 

Intelの初期Arcグローバルローンチは4つのデスクトップSKUを含むとされていた

では、今月グローバルローンチが予定されていたとされる4つのSKUについて説明しよう。これらは以下の通りです。

  • SKU 1: Intel Arc A770
  • SKU 2: Intel Arc A750
  • SKU 3: Intel Arc A580
  • SKU 6: Intel Arc A380

Intel Arc Aシリーズデスクトップグラフィックスカードのラインナップの「噂」版:

グラフィックス
カードモデル
GPUモデルGPUダイ実行ユニットシェーディング
ユニット数
(コア数)
メモリ容量メモリ速度メモリ
バス幅
TGP
Arc A780Xe-HPG
512EU (不明)
Arc ACM-G10512 EU
(不明)
4096 (不明)16 GB GDDR616 Gbps256-bit~275W
Arc A770Xe-HPG
512EU (不明)
Arc ACM-G10512 EU
(不明)
4096 (不明)16 GB GDDR616 Gbps256-bit~250W
Arc A770Xe-HPG
512EU (不明)
Arc ACM-G10512 EU
(不明)
4096 (不明)8 GB GDDR616 Gbps256-bit~250W
Arc A750Xe-HPG
384EU (不明)
Arc ACM-G10384 EU
(不明)
3072 (不明)12 GB GDDR616 Gbps192-bit~200W
Arc A580Xe-HPG
256EU (不明)
Arc ACM-G10256 EU
(不明)
2048 (不明)8 GB GDDR616 Gbps128-bit~150W
Arc A380Xe-HPG
128EU (不明)
Arc ACM-G11128 EU
(不明)
1024 (不明)6 GB GDDR615.5 Gbps96-bit~100W
Arc A350Xe-HPG
96 EU (不明)
Arc ACM-G1196 EU
(不明)
768 (不明)4 GB GDDR616 Gbps64-bit~75W
Arc A310Xe-HPG
64 EU (不明)
Arc ACM-G1164 EU
(不明)
512 (不明)4 GB GDDR616 Gbps64-bit~50W

Arcデスクトップ用ディスクリートグラフィックスカードファミリーのうち、最もエントリーレベルのArc A310を含む5つのSKUがほぼ確認されている。

IntelはArc A380、Arc A750、Arc A770を確認したが、リークされたベンチマークを通じてArc A580も存在することを完全に立証している。

Arc A770 Limited Edition、Arc A750 Limited Edition、Arc A380の2つのカスタムモデルが確認されており、そのうち1つはすでにリテールで販売されているが、中国市場限定であることが判明している。

グローバルでの発売には程遠い状況です。DT SKU Scheduleのロードマップでは、この4つのSKUは8月のDIYローンチに続いて、2022年7月までにSIやOEM PCで利用できるようにするとしていたが、それはすぐには実現しないようである。

実際、Intelは、当初は自社と一部のリテールパートナーが販売するLimited Editionモデルが届いただけだと述べている。

DIYの現場はどうなっているかというと、ちょっと複雑なんです。

例えば、Arc A380は、発売時に少なくとも5つのAIBモデルが用意されるはずでしたが、今のところ、中国専用メーカーによる1つだけが小売用に用意されています。

ASUS、MSI、Gigabyte、ASRockなどの著名なメーカーは、まだカスタムデザインの提供を開始していません。

私は、ムーアの法則が死んだと言うことをここで確認します。ほとんどのメーカーは、Intelから正しく伝達されておらず、そのほとんどは、最終的な発売スケジュールが何であるかさえ知りません。

私はこの数週間、4つのメーカーにArc380のカスタムモデルの準備ができているかどうかを確認しましたが、彼らが言うことができたのは、数週間後に製品ページを公開する予定だが、入手可能かどうかについてはまったく分からないということだけでした。

つまり、Arc A380の発売予定日である7月を逃してしまい、さらにDIY市場のパートナーも自社製品がいつ店頭に並ぶのかさえもわからないという状況です。

AXG については、GPU 単位の目標は達成できないものの、今年度は 10 億ドル以上の売上を達成できる見通しを立てています。第2四半期には、サムスン、レノボ、エイサー、HP、エイサスなどのラップトップやOEM向けに、インテル®Arc®グラフィックスを増産し始めました。COVIDに関連するサプライチェーンの問題や当社独自のソフトウェア準備の課題が、入手の遅れを招きましたが、克服に向けて努力を続けています。

インテルArc A5およびA7デスクトップ・カードは、第3四半期に出荷を開始する予定です。当社のエネルギー効率に優れたブロックチェーンアクセラレータBlockscaleは、第2四半期に主要顧客への収益出荷という大きなマイルストーンを達成し、テープインから出荷まで1年未満で行うことができました。今年は当初予想になかった数百万台の出荷を見込んでいます。

インテルCEO、パット・ゲルシンガー氏、2022年第2四半期決算説明会

一方、IntelのCEOであるPat Gelsinger氏は、厳しい2022年第2四半期の決算説明会で、Arc A5とA7デスクトップグラフィックスカードは2022年第3四半期に出荷を開始すると再確認したので、結局それが事実かどうかは9月まで待たなければならない。

Intel ArcデスクトップSKU 噂の発売スケジュール(ソース:Moore's Law is Dead):

※ 画像をクリックすると別window・タブで拡大します。

 

Intel Arc デスクトップ発売日 噂されるAIB 発売日(画像出典:Moore's Law is Dead):

※ 画像をクリックすると別window・タブで拡大します。

 

インテル Arc リフレッシュ&キャンセルの噂が高まる

IntelのArc GPUとグラフィックのラインナップが良くないスタートを切ったことを考えると、Intel自身が発売後すぐにArcをキャンセルするのではないかという噂がすでに出ている。

Arcの行く末を語るのはまだ早いし、Arcは確かにベストな状態ではないが、Intelのような会社は、リリースからたった1世代でこんな大きなプロジェクトをあきらめたくはないだろう、と私は言いたい。

しかし、Intelにとっては、黎明期にあるブランドを傷つけることになりかねない誇大宣伝をするよりも、正しいニュースを顧客に伝えることの方が重要だと思うのです。

また、Intelの将来のArc GPUであるBattlemageやCelestialが同様の課題のために延期され、モバイル向け(デスクトップも)のAlchemist Refreshが2023年前半に投入されるという噂がある。

これは、Alchemistが、Arcの遥かに先を行くであろうNVIDIAやAMDの次世代GPUソリューションと競争しなければならないことを意味し、Intelにとっての唯一の方法は、取るに足らない価格で提供することでしょう。

Intel のArcのソフトウェア周り は間違いなく大きなボトルネックになっていますが、Intel の Arc とグラフィックス部門がこのネガティブな状況から大きく復活することを期待していますし、今すべきことは、パートナーだけでなく将来の顧客に対しても何が起こっているかを明らかにすることです。

ソース:wccftech - Intel Arc GPU Rumors: Desktop Graphics Card Roadmap, AIB Designs, Alchemist Refresh & An Official Q3 Shipping Date

 

 

 

解説:

ARC alchemistがまた延期か?

最新のリークではドライバの不具合で7月から8月に延期とされていましたが、今度はまた9月に延期になるようです。

記事中では公式な文書から7月下旬にと言うスケジュールだったとしていますが、リーク界にはドライバの不具合で8月にずれ込むということになっていたはずです。

Alchemistはもう完全に次世代GPUと戦うことになりそうですね。

そして、その商品価値はかなり下がったといってよいでしょう。

限定版ではない通常モデルのトップSKUであるA770がRTX3060Tiと同程度ということですから、贔屓目に見てもAmpereと同世代のGPUで、これでRTX4000シリーズとまともに競争するのはかなり無理があります。

無理ゲーと言う奴ですね。

元記事中にもありますが、今後Intelが取れる方策はAlchemistを安売りしていくしかないでしょう。

市場が成熟しきった分野に新規の製品を投入するということがどれほど困難なことなのか、Intelがもがき苦しむ姿を見るとよくわかるのではないでしょうか。

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.