GPU情報

AMD、Navi 23に32MBのInfinity Cacheが搭載されていることを確認、VanGogh APUには搭載されていない

投稿日:

AMD Radeon RX 6600に32MBのInfinity Cacheを搭載?

AMD APU用のLinuxカーネルHSAドライバであるAMKFDに新しいパッチが発行されました。

このパッチでは、様々なAMD GPUのL1、L2、L3キャッシュサイズが確認されています。

AMD社員は、「L1キャッシュの情報が更新され、L2/L3の情報が追加されました。この変更はVega10以降のASICに対して行われました。Vega10以前の古いASICには変更はありません」と述べています。

今回のアップデートでは、kfd_crat.cファイルに699の挿入と50の削除が行われています。

パッチは新しいGPUやAPUに限られたものではありません。

Vega10やAldebaran(次期Instinct MI200)など様々なGPUのキャッシュ情報も追加されました。

 

Navi 21/22/23

ファイルには、Sienna Cichlid (Navi 21)、Navy Flounder (Navi 22)、Dimgrey Cavefish (Navi 23)のアップデートがありました。Infinity Cacheについては直接言及されていませんが、ファイルにはLevel 3 Cacheが記載されており、基本的にはInfinity Cacheのことを指しています。

Navi 21には128*1024(128MB)のInfinity Cacheが搭載されていますが、発売されたばかりのNavi 22には96MBが搭載されています。

このファイルによると、Navi 23は32MBのようですね。

AMD Navi 23, Navi 22, Navi 23のキャッシュサイズ, ソース: Freedesktop

 

Van GoghとAldebaran

このファイルには、VanGoghとAldebaranの情報も含まれています。

後者は、将来のCompute Acceleratorであり、グラフィックプロセッサではないため、Infinity Cacheの搭載は予想されていませんでしたが、VanGoghにInfinity Cacheが搭載されていないことは驚きかもしれません。

この次期APUは、Zen2コンピュートコアとNavi統合グラフィックスを搭載します。

これは、RDNAベースのグラフィックスを提供する最初のAMD APUですが、このAPUの目的は明らかになっていません。

ある噂では、名前のない携帯型ゲーム機のための特別なAPUではないかと言われていますが、他の噂では、もうひとつのミッドレンジAPUとして発売されるのではないかと言われています。

AMD Van Gogh、Aldebaranのキャッシュサイズ、ソース:Freedesktop社

 

どのAMD Radeon RX 6000グラフィックスカードにNavi 23 GPUが搭載されるかは明らかではありません。

一部の噂では、Navi 23はRadeon RX 6600シリーズに採用されるのではないかと言われていますが、他の噂ではRadeon RX 6500シリーズに採用されるのではないかと言われています。

また、AMDはNavi 24を開発しています。これはエントリーレベルのラップトップ向けのローエンドGPUです。

しかし、AMDが必要と考えれば、デスクトップ用のRX 6300シリーズとして発売される可能性もあります。

 

AMD GPUとAPUのキャッシュサイズ

RDNA L1 (GL1)L2 (TCC)L3 / Infinity Cache (MALL)
Raven / Picasso
Renoir / Lucienne
/ Cezanne
n/a1Mn/a
Raven2n/a512Kn/a
Vega20n/a4Mn/a
Arcturusn/a8M?n/a
Aldebarann/a8Mn/a
Navi10 / Navi12128K4Mn/a
Navi14128K2Mn/a
Van Gogh128K1Mn/a
Sienna Cichlid128K4M128M
Navy Flounder128K3M96M
Dimgrey Cavefish128K2M32M

AMD GPUおよびAPUのキャッシュサイズ、ソース:Coelcanth's Dream

ソース:Videocardz.com - AMD confirms Navi 23 has 32MB of Infinity Cache while VanGogh APU lacks it

 

 

解説:

RX6600無印に32MBのインフィニティ・キャッシュを搭載か?

Navi22が使われているRX6700XTですが、RX6700無印にも採用されるとされています。

RX6600XTも12GBのメモリですので、Navi22が使われる可能性もあると思います。

それとは別にRX6600無印にNavi23が使われる可能性が示唆される要るのではないかと思います。

インフィニティキャッシュの容量は32MBとのことですので、Navi21のSP数から逆算すると、1280前後のSP数になるのではないかと思われます。

Navi14が1536SPだったのでもっと多い可能性もありますが、インフィニティキャッシュの容量から逆算するとこうなります。

 

Navi23はRX6500に搭載されるのではと言う噂もあって今のところどうなるのかははっきりしません。

現在Navi24も開発中でこちらは低価格帯のノートPC向けに開発されているとも噂されていますが、デスクトップ向けにもRX6300シリーズとして発売される可能性もあるのではと言われています。

現在は猛烈なGPU不足であり、仕切り値も含めた価格が下落することはあり得ず、ミドルレンジが値崩れて下位モデルを食っていたためしばらく出ていなかったAMDの下位モデルが発売されることになるかもしれません。

現在はRX550に新製品を投入してローエンドをカバーしていますが、ローエンドもNaviになるかもしれませんね。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ発売

 

Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥358,800 (2021/06/24 05:52:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.