CPU情報

AMD Ryzen 9 7950X, Ryzen 9 7900X, Ryzen 7 7700X, Ryzen 5 7600X Raphael "Zen 4" デスクトップCPUがリーク

更新日:

AMDは、Ryzen 9 7950X, Ryzen 9 7900X, Ryzen 7 7700X & Ryzen 5 7600Xを含む4つの次期Ryzen 7000デスクトップCPUをリークし確認したようだ。

AMD、Ryzen 7000 "Zen 4 "デスクトップCPU4機種を確認。Ryzen 9 7950X、Ryzen 9 7900X、Ryzen 7 7700X、Ryzen 5 7600X

AMD Ryzen 7000デスクトップCPUは、PCIe Gen 5.0やDDR5などの最新のI/O技術をサポートするAM5プラットフォームでサポートされます。

デスクトップCPU自体は、新しいZen 4コアアーキテクチャを採用し、Raphael「Ryzen 7000」ファミリーとして販売される予定です。

AMD独自のリソースライブラリにアップロードされたと思われるリストによると、作中には少なくとも4つのSKUが存在し、いずれも「X」SKUであり、以下にリストアップされている。

  • AMD Ryzen 9 7950X
  • AMD Ryzen 9 7900X
  • AMD Ryzen 7 7700X
  • AMD Ryzen 5 7600X

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大する

 

AMDはまだ各Ryzen 7000デスクトップCPUの仕様やSKUの詳細を提供していませんが、命名法則から、Ryzen 9 7950Xは16コアと32スレッドの構成、Ryzen 9 7900Xは12コアと24スレッドの構成、Ryzen 7 7700Xは8コアと16スレッドの構成、Ryzen 5 7600Xは6コアと12スレッドの構成であろうことが予測されます。

AMDのRyzen 7000の16コア、8コア、6コアのバリエーションは、ベンチマークでリークされているので、これらが我々が見ている構成であると仮定しても安全であることに留意してください。

ここに記載されている最も興味深いSKUは、話題になっていないAMD Ryzen 7 7700Xです。

最近の噂では、上位のRyzen 9 7000 SKUは通常電圧出力で170WのTDPを搭載するとも言われているので、Ryzen 7 7700XとRyzen 5 7600Xは65~125Wというやや控えめなTDPで動作する予想されます。

AMDは、より高いTDPとより高いクロック速度を持つハイエンドのRyzen 5およびRyzen 7 SKUを後日発売する余地を残している可能性があるのだ。

AMD Ryzen 7000 "Zen 4" Desktop CPUのラインナップから予想されるTDPとPPTのレンジは以下の通りだ。

  • 45W(最大PPT 60W)
  • 65W (最大PPT 88W)
  • 95W (最大PPT 129W)
  • 105W (最大PPT 142W)
  • 125W (最大PPT 169W)
  • 170W (最大PPT 230W)

AMDの狙いは、まずハイエンドのエンスージアストをターゲットにすることなので、まずX670(E)およびB650(E)プラットフォームで高TDPのバリエーションを発売し、来年にはTDPを最適化したメインストリーム向けパーツに移行すると思われる。

AMDのRyzen 7000デスクトップCPUは、2022年第4四半期に発売される見込みで、以前リークされたスライドには、2022年9月15日のリテール発売が示唆されていた。

AMD Ryzen 7000「Raphael」デスクトップCPU「速報版」スペック:

CPU名アーキテクチャー製造プロセスコア数 /
スレッド数
コアクロック (SC最大)キャッシュTDP価格
AMD Ryzen
9 7950X
Zen 45nm16/32~5.5 GHz80 MB (64+16)105-170W~$700 US
AMD Ryzen
9 7900X
Zen 45nm12/24~5.4 GHz76 MB (64+12)105-170W~$600 US
AMD Ryzen
7 7800X
Zen 45nm8/16~5.3 GHz40 MB (32+8)65-125W~$400 US
AMD Ryzen
7 7700X
Zen 45nm8/16~5.3 GHz40 MB (32+8)65-125W~$300 US
AMD Ryzen
5 7600X
Zen 45nm6/12~5.2 GHz38 MB (32+6)65-125W~$200 US

ソース:wccftech - AMD Ryzen 9 7950X, Ryzen 9 7900X, Ryzen 7 7700X, Ryzen 5 7600X Raphael “Zen 4” Desktop CPUs Leaked

 

 

 

解説:

Ryzen7000シリーズ4モデルを確認

今回の情報で目新しいのは、Ryzen 7 7700Xが入っていることですね。

Zen3の初期モデルはRyzen7は5800Xのみで所謂お買い得モデルの5700Xは入っていませんでした。(現在はあります。)

Zen4の初期モデルに7700Xが入っているということはZen3発売時のようにAMDのワンサイドゲームにはなっていないと(少なくともAMDは)考えているということになります。

シングルコアターボのMAXも5.5GHzとなっており、一時期言われていた5.85GHzには届かなかったということになります。

今までのリークのように最大5.5GHz、IPC+8%=シングルスレッド性能+15%でRaptorLakeと戦えるかどうかで言えばなかなか厳しいと思います。

そのため、リーク情報に会ったように3D V-Cacheモデルを早めに投入するかAM4でもラインナップを展開するかどちらかの方法をとる可能性が高いのかなと思います。

発売時期がRaptorLakeと同じ時期ですから、発売されれば必ず比較対象になるのでしょう。

そこで負ければ、価格の決定力を奪われますから、どのような価格を付けても価格は下がっていくということになろうかと思います。

Zen4はDDR5にしか対応していませんからシステム価格が高止まりし、勝っているときは良いですが、僅差~負けだとなかなか厳しい評価を受けることになると思います。

私のように負けてもAMDを選ぶという奇特な方はあまり多くは無いでしょうから。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥81,000 (2022/08/19 07:42:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.