CPU情報

Intel Raptor Lake Core i7-13700K & Core i5-3600K DDR5 & DDR4 ベンチマークがリーク、シングルコアが最大12%高速化、マルチコアが40%高速化、消費電力と温度も向上

投稿日:

IntelのRaptor Lake「Core i7-13700K」と「Core i5-13600K」のDDR5およびDDR4プラットフォームでの最新ベンチマークがリークされた。

今回もBilibiliのExtremePlayer氏が、第13世代CPUの各種性能、消費電力、温度などの結果をまとめたテスト結果となっています。

Intel Raptor Lake Core i7-13700K 16コア&Core i5-13600K 14コアCPUのベンチマークがリーク、高速だが引き換えに消費電力と温度が高くなる

IntelのRaptor Lake CPUであるCore i9-13900K、Core i7-13700K、Core i5-13600Kの各種テスト結果はすでにご覧の通りです。

今回のベンチマークでは、DDR5とDDR4の性能を比較しながら、最終リテール版に搭載されるであろう2つのQSチップの電力数値と温度も確認することができます。

BIOSが未完成のため、リテール版とQS版の間に若干の相違があるかもしれませんが、最終的な性能は5~10%のマージン内に収まると予想されます。

パフォーマンス結果を語る前に、両チップの持つスペックを簡単に紹介しよう。

インテル Core i7-13700K 16コア Raptor Lake CPUのスペック

インテル Core i7-13700K CPUは、Raptor Lake CPUのラインナップの中で最速の第13世代Core i7チップとなります。

このチップは、合計16コア、24スレッドを搭載しています。Raptor Coveアーキテクチャに基づく8個のPコアと、Grace Montコアアーキテクチャに基づく8個のEコアにより、この構成を実現しています。CPUには30MBのL3キャッシュと24MBのL2キャッシュが搭載され、合計で54MBのキャッシュが搭載されている。

動作クロックはベースが3.4GHz、ブーストクロックが5.40GHz。オールコアのブーストは、Pコアが5.3GHz、Eコアはベースクロック3.4GHz、ブーストクロック4.3GHzとなっている。

  • Core i7-13700K 8+8(16/24) - 3.4 / 5.3 GHz - 54 MBキャッシュ、125W(PL1)/ 225W(PL2)?
  • Core i7-12700K 8+4 (12/20) - 3.6 / 5.0 GHz、25 MBキャッシュ、125W (PL1) / 190W (PL2)

インテル Core i5-13600K 14コア Raptor Lake CPUのスペック

Intel Core i5-13600Kは、Raptor Coveをベースにした6つのP-Coreと、現行のGracemontコアをベースにした8つのE-Coreを含む合計14コアを搭載しているのが特徴です。

これはIntel Core i5-12600Kと同じP-Core数ですが、E-Core数は2倍になっています。

つまり、Alder LakeのCore i5-12600Kに対して、コア数は40%、スレッド数は25%アップしていることになる。

CPUには、24MBのL3キャッシュと20MBのL2キャッシュが搭載され、合わせて44MBのキャッシュを搭載する。

クロックはベース3.5GHz、ブースト5.2GHz、オールコアブースト5.1GHzで、E-Coreはベース3.5GHz、ブースト3.9GHzで動作する。

  • Core i5-13600K 6+8 (14/20) - 3.5 / 5.1 GHz - 44 MBキャッシュ, 125W (PL1) /180W (PL2)?
  • Core i5-12600K 6+4 (10/16) - 3.6 / 4.9 GHz - 20 MBキャッシュ, 125W (PL1) / 150W (PL2)

Intel Raptor Lake Core i7-13700K & Core i5-13600K CPUの消費電力(ソース:ExtremePlayer):

※ 画像をクリックしたら別Winodw・タブで開きます。

 

テストでは、ASRock Z690 Steel Legend WiFi 6E マザーボードを DDR5 と DDR4 の両方で使用し、結果を比較しました。

DDR5 では、DDR5-6400 32 GB (CL40) キット、DDR4 では、DDR4-3600 32 GB CL18 キットを使用しました。

冷却はThermalright Frozen Magic 360 AIOクーラーを使用。

性能については、Intel Raptor Lakeの両CPUは、さまざまなベンチマーク内でテストされました。

CPU-zでは、Core i7-13700Kは前モデルに対してシングルコアで10%、マルチコアで34%アップ、Core i5-13600Kは前モデルに対してシングルコアで5%、マルチコアで40%アップを達成しました。

ベンチマークの全容は、以下のチャートで確認できます。

Intel Raptor Lake Core i7-13700K & Core i5-13600K CPUベンチマーク(ソース:ExtremePlayer):

※画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

シングルコアのテストでは、Core i5-13600Kが9.6%向上したのに対し、Intel Core i7-13700Kは12%向上しています。

マルチコアテストでは、Intel Core i7-13700Kは平均32.7%の性能向上を、Core i5-13600Kは前モデルに対して平均34%の性能向上を達成しています。

Intel Raptor Lake Core i7-13700K & Core i5-13600K CPU レイテンシテスト(ソース:ExtremePlayer):

※画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

メモリのレイテンシについては、両チップともDDR4メモリではほぼ同じレイテンシを実現しているが、DDR5 DRAMでは上位モデルでレイテンシの数値が若干向上し、フルレイテンシ時間が4.86%低下している。

Intel Raptor Lake Core i7-13700K & Core i5-13600K CPUベンチマークまとめ(画像提供:ExtremePlayer):

※画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

消費電力については、Intel Core i7-13700KはCore i7-12700KFと比較して約30%、Core i5-13600Kは前モデルと比較して約20%の消費電力が増加している。

この消費電力の増加により発熱も大きく、両チップとも100℃を超える動作となり、Core i7は115℃のウォールリミットにまで達しています。

パッケージの最大消費電力は433Wと報告されている。

※画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

Core i9-13900Kの追加ベンチマークはこちらとこちら、Core i5-13600Kの追加ベンチマークはこちらで確認できます。

Intel第13世代Raptor LakeデスクトップCPUは、フラッグシップCPUであるCore i9-13900KとCore i5-13600Kを含め、Z790プラットフォームで10月に発売される予定です。

このCPUは、同じく2022年秋に発売されるAMDのCPUラインナップ「Ryzen 7000」に対抗することになる。

Intel 第12世代 Alder Lake-S & 第13世代 Raptor Lake-S デスクトップCPU比較(速報版):

CPU名Pコア数Eコア数合計コア数
/スレッド数
Pコアベース /
ブースト(最大)
Pコアブースト
(全コア)
Eコアベース /
ブースト(最大)
Eコアブースト
(全コア)
キャッシュTDP希望小売価格
Intel Core i9-
13900K
81624 / 32未確認 /
5.5GHz+
5.4GHz
(全コア)
未確認未確認68 MB125W (PL1)
228W (PL2)
未確認
Intel Core i9-
12900K
8816 / 243.2 / 5.2 GHz4.9 GHz
(全コア)
2.4 / 3.9 GHz3.7 GHz
(全コア)
30 MB125W (PL1)
241W (PL2)
$599 US
Intel Core i7-
13700K
8816 / 243.4 /
5.4GHz
5.3GHz
(全コア)
3.4 / 4.3 GHz未確認54 MB125W (PL1)
228W (PL2)
未確認
Intel Core i7-
12700K
8412 / 203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz
(全コア)
2.7 / 3.8 GHz3.6 GHz
(全コア)
25 MB125W (PL1)
190W (PL2)
$419 US
Intel Core i5-
13600K
6814 / 203.5 /
5.2GHz
5.1GHz
(全コア)
3.5 / 3.9 GHz未確認44 MB125W (PL1)
228W (PL2)
未確認
Intel Core i5-
12600K
6410 / 163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz
(全コア)
2.8 / 3.6 GHz3.4 GHz
(全コア)
20 MB125W (PL1)
150W (PL2)
$299 US

ソース:wccftech - Intel Raptor Lake Core i7-13700K & Core i5-3600K DDR5 & DDR4 Benchmarks Leaked, Up To 12% Faster Single & 40% Faster Multi-Core Performance, Higher Power Draw & Temps

 

 

 

解説:

Core i7-13700KとCore i5-13600Kのベンチマークがリーク

かなり詳しいベンチマークで、もう発売されているのではないかと錯覚するほどです。

それに伴ってスペックもかなりリークされています。

ちょっと気になるのはCore i9-13900Kのクロックが5.5GHz+となっているところです。

当初5.8GHzとされていましたが、どうなるんですかね。

今までの情報だとCore i9-13900Kが5.8GHz、Core i9-13900KSが6.0GHzと言うことだったと思います。

Core i7-13700KとCore i5-13600Kのシングルコアブーストが100MHz違いでしかないところから考えると確かに5.5GHzでもおかしくはないですが、だとしたらちょっとがっかりです。

フラッグシップですから、他のモデルとは一線を画していてもおかしくはないだけにはっきりしないところです。

今回、

Core i7-13700Kが8+8

Core i5-13600Kが6+8となりますので、

Core i7-13700無印も8+8

Corei5-13X00無印は6+4となる可能性が高いと思われます。

子の構成だと一番コスパが高いのはCorei5-13400無印となるでしょうね。

6+4で10コアもあればマルチスレッド性能もそこそこですし、Pコアのシングルスレッド性能も申し分ないレベルでしょう。

Pコアが6と言うのが少し心もとないですが、気になる方はCorei7-13700無印を購入すればよいでしょう。

Raptorlakeのコスパキングはこの2種類のモデルの何れかですね。

性能とコスパを両立したい方はCore i7-13700無印、コスパを重視したい方はCorei5-13400無印を購入すればよいでしょう。

Alderlakeからたったの一世代で、これほどに性能が上がるのは驚きと言うほかはありません。

ただ、悩ましいことに次々世代のMeteorlakeは大きなアーキテクチャーの変更があるところです。

Raptorlakeも決して買って後悔する製品ではないと思いますが・・・。

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

K無しロックモデル(OC不可)

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.