CPU情報

インテル、2023年までAMDにシェアを奪われる見通し、2025年までに再成長を目指す

投稿日:

昨日、Evercore ISI TMT conferenceで、IntelのCEOであるPat Gelsinger氏は、Chipzillaが2023年までAMDにさらにシェアを奪われると予想していることを述べた。

2023年までAMDにシェアを奪われるIntel、2025年にはリバウンドが予想される

講演の中でIntelのCEOは、PC市場の劇的な変化が、自社のビジネスだけでなく、技術市場の他の企業のビジネスにも影響を与えていることを語った。

さらに、自社の製品の実行により、前四半期は不利な業績となったが、見通しの変化の大部分は市場の状況によるものであると述べている。

それ以来、事態はほぼ予想通りになっていますが、さらに少し悪くなっていると思います。そこで、インテルが決してやらないことですが、電話会議で見通しの幅を示しました。いつも数字を出すのです。今回は、当時の経済全体の不確実性を考慮して、幅を持たせました。四半期と通期では範囲内ですが、下降トレンドにありますね。

また、年初に予想したよりも状況は悪化していますが、四半期および通期ともに範囲内です。しかし、外はかなり荒れています。多くのOEMが見通しや見通しを変更し、チャネル在庫の調整を行い、さらに多くの経済的な問題を解決しなければなりません。

また、決算説明会でも申し上げましたが、現在、最終市場での消費ペースを下回る出荷を行っているため、在庫の積み上がりが発生しています。このことは、第4四半期の成長の見通しを示していると言えるでしょう。第2四半期、第3四半期が底だと申し上げました。第4四半期は、在庫の積み増しが始まるので、まだ伸びると考えています。一般的に、第4四半期はより良い四半期となります。ですから、これらを総合すると、私たちは、当初(あるいは第2四半期決算発表時)に示したよりも若干控えめではありますが、ほぼこの範囲に収まっていると考えています。

また、基本的に、他のすべての発表は、これまで私たちが業界で述べてきたことを確認するものでした。数少ない例外は、短いノードや技術に関する非常にユニークな独自のポジションを持っており、それ以外はすべて、その視点がしっかりしているだけです。

インテルCEO、パット・ゲルシンガー氏(Evercore ISI TMTにて)

同社がAMDの今後の動きをどう見ているかについて、パット氏は、競合は良い仕事をしたし、Intelはまだプロセスノード/技術で負けているが(10nm vs 5nm)、同社は2023年のEmerald Rapids、2024年のGranite Rapids / Sierra Forestと今後の製品でそこに到達しつつあると語る。

続けてCEOは、Sapphire Rapidsの優位性&AIとの相性の良さについて言及する。

Sapphire Rapidsは、AMDの競合製品よりも性能と電力が優れているというが、それほど大きな差はなく、Patの目標は、競合と比較して、単に優れているのではなく、それ以上の製品を速く出すことだという。

しかし、製品の展開には時間がかかるため、Intelはしばらくの間、そして2023年、2024年を通して、AMDにシェアを奪われることを承知しています。

なぜなら、ほぼすべてのセグメントで、競合他社がより大きな勢いを見せているからです。

そのため、パット氏は、Intelが2025年から2026年にかけてシェアを回復し始めると見ている。

それまでどん底から、TAM(獲得可能な最大市場規模)を目指すだろう。

そして、それから一歩下がって、明らかに、IceLakeは現在Sierra Forestで、来年はEmerald Rapidsで、24年にはSierra ForestとGranite Rapidsで、ロードマップはより強力になりますよね?そして、実行に関する前述の質問によると、私たちの規律、品質、およびボリューム デリバリーは改善されています。そうは言っても、私たちの競争相手はうまくやっていますよね?そして、私たちは何年もそうではありませんでした.そして、私たちはまだプロセス技術の赤字にあります.Sierra・Sapphire Rapids、いい感じです。今年中に生産に入ると言っていました。それは今、よさそうです。そして、顧客はこれに非常に興奮しています。

Sapphire Rapids は、Al のパフォーマンスやセキュリティ機能などの分野で最高の製品であり、市場の他のどの製品とも大きく差別化されています。電力性能の点では AMD の代替品よりも優れていますが、それほど劇的ではありません。私たちはベンチマークを勝ち取りましたが、圧倒的なリーダーの地位にあるというわけではありません。製品が競合に近いかどうかを私たちのチームに伝えると、それは良い製品ではありませんよね?インテル製品は、今後、他の製品よりも劇的に優れたものになるでしょう。

インテルで実行していない場合は、適切な決定を下していないということですよね?そして、業界に対する信頼を再構築する必要があります。全体として、当社のデータセンター事業は、現在の場所から前進するにつれて、すべての耳で成長すると予想しています。私たちが言ったように、02、03、底。しかし、少なくとも来年まではまだシェアを失っていると考えていますよね?

競争の勢いが強すぎて、十分に実行できていません。だから私たちはその底入れを期待しています。ビジネスは成長していきます。しかし、いくらかのシェアの損失が続くと予想しています。シェアを取り戻し始める 25、26 になるまで、全体的な TAM の成長についていくことはできません。

Intel CEO、Pat Gelsinger (Evercore ISI TMTにて)

パット氏が言及した興味深いことの1つは、IntelがPalladiusと呼ばれる新しいPLCモデルのもとで、すべてのプロジェクトを一貫した開発手法に落とし込み、実行マシンを根本的に再構築していることだ。

これは、次世代製品において重要な役割を果たすことになるが、パット氏によれば、Sapphire Rapidsの設計はPalladius以前、約5年前に開始されたものだという。

クライアント向けのArrow LakeやLunar Lake、サーバー向けのEmerald RapidsやGranite Rapidsなど、すでに設計段階にある製品は、A0テープアウトと比較してより良くなっていくが、Intelの新しい設計手法の恩恵を本当に受けるのは、2025年と2026年の製品ラインアップだという。

問題は、Sapphire Rapidsのような製品は、5年前にスタートしたことです。そのため、新しい方法論を進行中のプロジェクトに注入しているようなものなのです。そうでしょう?より良いものにするためとはいえ、新しい方法論で完全に生まれ変わったわけではありません。AOテープアウトの前に完全なソフトウェア・エミュレーションを行うとか、このような種類のものをすべて左遷するとか、単に良い最新の開発プラクティスを実行するだけです。これらは、ロードマップ上のすべての製品に段階的に導入されています。

Lunar LakeやArrow Lakeなど、クライアント製品はどんどん良くなっています。サーバーも、Emerald Rapids、Granite Rapids、CRRと、どんどん良くなっています。しかし、それらが完全に新しい方法論で生まれるのは、'25年になってからです。しかし、私は、開発プログラムのあらゆる側面が良くなっていると確信しています。

私は、チップの設計を生業としていましたので、この分野には情熱を持っています。もうひとつは、私たちがTikTok手法と呼んでいるもので、設計とプロセス技術との整合性を図ることです。というのも、基本的に、最高のトランジスタがあれば、Intelは大丈夫だからです。なぜなら、最高のトランジスタを使った平凡な設計でも、代替品より優れていることに変わりはないでしょう?

最高のトランジスタを使った素晴らしい設計があれば、キラープロダクトになりますよね?このように、4年間で5つのノードを実現し、プロセス技術マシンを再構築することは、うまくいっているのです。そして、製品開発機にとっては、本質的に上昇気流なのです。今、明らかに、24年は競争力があると思います。25年には、トランジスタとプロセス技術で揺るぎないリーダーに返り咲くことができると思います。しかし、そのためには、リスク管理の方法論であるプロセス技術によって、製品のケーデンスを再構築しなければなりません。

常に冗長性を持たせるのです。実績のある設計で新しいプロセスを、あるいは実績のあるプロセスで新しい設計を、常に持っているのです。これはリスクマネジメントの方法論です。このように、私たちはカチカチ音を立てる方法論を取り戻しつつあるのです。ですから、毎年、鞍替えをしながら良くなっていくような気がします、ね、もしや、ね。まだ、アドルは終わっていません。まだまだ今年もチャレンジングな1年が待っています。

しかし、24年、25年に向けて、実行、プロセス技術、リーダーシップ、これらすべての要素が本当に実を結び始めるのです。そして、よりシンプルな設計であるクライアントスペースでは、すでにその成果が現れています。Alder Lakeは予定通り完成しました。Raptor Lakeも予定通り、Lakeも来年には完成しそうです。このように、よりシンプルな設計のサーバーにおいて、より迅速に実行可能な分野が生まれ始めています。しかし、サーバーの設計はもう少し難しく、より複雑です。そのため、実現にはもう少し時間がかかりそうです。

IntelのCEO、Pat Gelsinger氏(Evercore ISI TMTにて)

先月、AMDはEPYCでOpteronの歴史的シェアを超え、サーバーセグメントでIntelからより多くのシェアを奪うという、最大の市場シェアのマイルストーンを達成したばかりです。

確かに、AMDは長い道のりを歩んできており、堅実な実行と毎年の製品投入により、PC市場で大きな利益を上げ続けている。

Intelは、ライバルの勝利とリーダーとしての地位を認めることで、間違いなくこのことから学ぶことができるように見えます。

CPU分野での競争は激化しており、Intelがレッドチームに追いつくには長い道のりだが、製品ラインナップを適切に実行すれば、再びマーケットリーダーという目標に近づくことができると期待している。

インテル Xeon SP ファミリ(予備):

ファミリ
ブランディング
Skylake-SPCascade
Lake-SP/AP
Cooper Lake-SPIce Lake-SPSapphire
Rapids
Emerald
Rapids
Granite
Rapids
Diamond
Rapids
製造プロセス14nm+14nm++14nm++10nm+Intel 7Intel 7Intel 3Intel 3?
プラット
フォーム名
Intel PurleyIntel PurleyIntel
Cedar Island
Intel WhitleyIntel
Eagle Stream
Intel
Eagle Stream
Intel Mountain
Stream
Intel
Birch Stream
Intel Mountain
Stream
Intel
Birch Stream
コア
アーキテクチャー
SkylakeCascade LakeCascade LakeSunny CoveGolden CoveRaptor CoveRedwood
Cove?
Lion Cove?
IPC 向上率
(対前世代比)
10%0%0%20%19%8%?35%?39%?
MCP (マルチ
チップパッケージ)
SKUs
いいえはいいいえいいえはいはい不明
(多分はい)
不明
(多分はい)
ソケットLGA 3647LGA 3647LGA 4189LGA 4189LGA 4677LGA 4677不明不明
最大コア数最大28最大28最大28最大40最大56最大64?最大120?最大144?
最大スレッド
最大56最大56最大56最大80最大112最大128?最大240?最大288?
最大L3
キャッシュ
38.5 MB L338.5 MB L338.5 MB L360 MB L3105 MB L3120 MB L3?240 MB L3?288 MB L3?
ベクター
エンジン
AVX-512/
FMA2
AVX-512/
FMA2
AVX-512/
FMA2
AVX-512/
FMA2
AVX-512/
FMA2
AVX-512/
FMA2
AVX-1024/
FMA3?
AVX-1024/
FMA3?
サポート
メモリ
DDR4-2666
6チャンネル
DDR4-2933
6チャンネル
最大6-Channel
DDR4-3200
最大8-Channel
DDR4-3200
最大8-Channel
DDR5-4800
最大8-Channel
DDR5-5600?
最大12-Channel
DDR5-6400?
最大12-Channel
DDR6-7200?
PCIe Gen
サポート
PCIe 3.0
(48 レーン)
PCIe 3.0
(48 レーン)
PCIe 3.0
(48 レーン)
PCIe 4.0
(64レーン)
PCIe 5.0
(80レーン)
PCIe 5.0
(80レーン)
PCIe 6.0
(128レーン)?
PCIe 6.0
(128レーン)?
TDPレンジ
(PL1)
140W-205W165W-205W150W-250W105-270W最大350W最大375W?最大400W?最大425W?
3D Xpoint
Optane DIMM
N/AApache PassBarlow PassBarlow PassCrow PassCrow Pass?Donahue Pass?Donahue Pass?
競合製品AMD EPYC
Naples 14nm
AMD EPYC
Rome 7nm
AMD EPYC
Rome 7nm
AMD EPYC
Milan 7nm+
AMD EPYC
Genoa ~5nm
AMD EPYC
Bergamo
AMD EPYC
Turin
AMD EPYC
Venice
発売年201720182020202120222023?2024?2025?

ソース:wccftech - Intel Anticipates Further Market Share Loses To AMD Through 2023, Aims To Re-Establish Growth By 2025

 

 

 

 

解説:

本格的な巻き返しは2025年になってからとゲルシンガーCEOが発言

2025年あたりから、恐らく、ジム・ケラー氏が何らかの形でかかわった製品が出てくるのかもしれませんね。

ゲルシンガーCEOも触れていますが、GoldenCoveはZen3やZen4と比べて極端に優れているわけではありません。

ホモジニアスな構成ですとそのトランジスタ数の多さと発熱から圧倒的な高性能をたたき出しているわけではないです。

優れているのはハイブリッドを採用しているコンシュマー向けデスクトップと同じダイを使っているワークステーション向けXeonのほうで、単一コアを使っているサーバー向けではさほど圧倒しているわけではありません。

しかし、ゲルシンガーCEOは2025年からは取れるだけのシェアを取ると言っていますので、2025年からの製品にはかなり自信があるのでしょう。

2025年と言うとLunarlakeかNovalakeだったと思います。

恐らく、SandyBridgeでAMDを圧倒した時のように勝つと言っているのだと思います。

Arrowlakeより先の製品に関してはそれほど情報が公開されているわけではありませんので、私はこの自信の根拠はわかりませんが、Intelほどの会社がただのハッタリをかますとは考えられないので、恐らくは我々エンドユーザーもアッと驚くような製品を用意しているのだと思います。

 

 

 

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

K無しロックモデル(OC不可)

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.