CPU情報

AMD Ryzen 7000「Phoenix Point」CPUが登場:4nmプロセスノードをベースにZen 4コアを8個搭載したノートPC向けCPU

更新日:

薄型軽量ノートPCに新アーキテクチャ「Zen 4」を搭載するAMDのRyzen 7000「Phoenix Point」CPUがMilkyWay@Homeのデータベースで発見されました。

AMD Ryzen 7000「Phoenix Point」8コアCPUが登場、8つのZen 4コアを搭載したラップトップ向け製品

AMD Ryzen 7000「Phoenix Point」APUは、BenchleaksとTUM_APISAKによって発見されました。

どちらのリークも、MilkyWay@Homeという同じデータベースからのものだ。

同データベースは、AMDのZen 4 Desktop CPUの8コアと16コアのフレーバーを最初にリストアップしていた。

このリストには、これがPhoenix Pointチップであるとする具体的な情報はないが、OPNコード「100-000000709-23_N」は、これが確かにPhoenix Point SKUであることを指摘するものである。

※ 画像をクリックするとWwindow・タブで拡大します。

 

Patrick Shur氏が少し前に述べたように、AMD Ryzen 7000「Phoenix Point」APUはA70F00ファミリーに該当し、Ryzen 7000「Raphael」CPUはA60F00ファミリーに該当する。

Milky Way@Homeには、このエンジニアリングサンプルのプロセッサ数も記載されており、16個となっています。

この数字はスレッド数に関連しているため、このSKUでは8コア16スレッドを見ることができます。

AMD Phoenix Point APUは、最大で8コア&16スレッドになると予想され、Ryzen 7000 'Dragon Range' CPUは、ラップトップでコア数を16に押し上げることになる。

MilkyWay@Homeでは、これまでのAMD Ryzen 7000 ES CPUのエントリーとして、以下のSKUを紹介している。

AMD Zen 4 & RDNA 3搭載のPhoenix Point 4nm APUは2023年の薄型軽量ゲーミングノートPC向け

AMDは、Zen 4とRDNA 3の両方のコアを利用するPhoenix Point APUのラインアップを確認した。

新しいPhoenix APUは、LPDDR5とPCIe 5をサポートし、35Wから45WのSKUで提供される予定だ。

また、このラインナップは2023年に発売される予定で、最も可能性が高いのはCES 2023での発表となる。

また、AMDはノートPC向けパーツに、LPDDR5やDDR5以外のメモリ技術を搭載する可能性を指摘している。

以前の仕様に基づくと、Phoenix Ryzen 7000 APUは、Dragon Rangeチップ専用のより高いコア数で、依然として最大8コアと16スレッドを搭載する可能性があるようです。

しかし、Phoenix APUは、RDNA 3グラフィックスコアのCU数がより多くなり、競合他社が提供するどのようなものよりも大きな差をつけて性能を向上させることができます。

AMD Ryzen Hシリーズ モバイル CPU:

CPU
ファミリ名
AMD Strix Point
Hシリーズ
AMD Dragon Range
Hシリーズ
AMD Phoenix
Hシリーズ
AMD Rembrandt
Hシリーズ
AMD Cezanne
Hシリーズ
AMD Renoir
Hシリーズ
AMD Picasso
Hシリーズ
AMD Raven Ridge
Hシリーズ
ファミリ
ブランド
AMD Ryzen 8000
(Hシリーズ)
AMD Ryzen 7000
(Hシリーズ)
AMD Ryzen 7000
(Hシリーズ)
AMD Ryzen 6000
(Hシリーズ)
AMD Ryzen 5000
(Hシリーズ)
AMD Ryzen 4000
(Hシリーズ)
AMD Ryzen 3000
(Hシリーズ)
AMD Ryzen 2000
(Hシリーズ)
製造プロセス不明5nm4nm6nm7nm7nm12nm14nm
CPUコア
アーキテクチャー
Zen 5Zen 4Zen 4Zen 3+Zen 3Zen 2Zen +Zen 1
CPU コア数 /
スレッド数 (最大)
不明16/32?8/16?8/168/168/164/84/8
L2キャッシュ
(最大)
不明4 MB4 MB4 MB4 MB4 MB2 MB2 MB
L3 キャッシュ
(最大)
不明32 MB16 MB16 MB16 MB8 MB4 MB4 MB
最大CPU
クロック
不明未確認未確認未確認4.80 GHz
(Ryzen 9
5980HX)
4.3 GHz
(Ryzen 9
4900HS)
4.0 GHz
(Ryzen 7
3750H)
3.8 GHz
(Ryzen 7
2800H)
GPU Core ArchitectureRDNA 3+ iGPURDNA 3
5nm iGPU
RDNA 3
5nm iGPU
RDNA 2
6nm iGPU
Vega Enhanced
7nm
Vega Enhanced
7nm
Vega 14nmVega 14nm
最大GPU
コア数
不明未確認未確認12CU
(768 cores)
8 CU
(512 cores)
8 CU
(512 cores)
10 CU
(640 Cores)
11 CU
(704 cores)
最大GPU
クロック
不明未確認未確認未確認2100 MHz1750 MHz1400 MHz1300 MHz
TDP (cTDP
Down/Up)
不明35W-45W
(65W cTDP)
35W-45W
(65W cTDP)
35W-45W
(65W cTDP)
35W -54W
(54W cTDP)
35W-45W
(65W cTDP)
12-35W
(35W cTDP)
35W-45W
(65W cTDP)
発売時期20242023Q1?2023Q1?2022Q1?2021Q12020Q22019Q22018Q4

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7000 ‘Phoenix Point’ CPU Spotted: 8 Zen 4 Cores Based on A 4nm Process Node For Laptops

 

 

 

解説:

MilkyWayのデータベースからPhoenix Pointの結果がリーク

MilkyWayは分散コンピューティングで天の川の構造を解析するプロジェクトですが、あくまでも余ったCPUパワーを提供するためのものなのでベンチマーク的な意味はありません。

結果にはある程度のマシン環境を吐き出してくれるので、多少仕様がわかる程度の意味しかないです。

今回の結果はGPUの仕様は全く表示されないMilkyWayと言うのがニクイです。

Phoenix Pointの仕様において重要なのはGPU部分であり、GPUが10としたらCPUは3程度でしょう。

一応RembrandtのCU数は12で768SPだったわけですが、Phoenix Pointに関しては未だに明らかになっていません。

AMDの大本営発表ではRTX3060モバイルと同等の性能があるとされています。

モバイルPCは筐体の総合的な排熱性能によって同じチップを搭載しても性能が極端に変わることがありますが、RTX3060モバイルの中でもかなり下の方と同等らしいです。

しかし、まあ、腐ってもRTX3060モバイルですから、性能はそれなりのはずです。

ちなみに、3DMarkの結果ではRTX3060はモバイルとデスクトップの結果にほとんど差はありません。

RTX3060と同等の結果を出すには最低でもRembrandtの倍、24CU1536SPは必要ではないかと思っています。

また、メモリ速度ももっと高速である必要があるでしょうね。

TimeSpy(WQHD)FireStrike(FHD)
RTX3060M8,83320,017
GTX10706,08018,677
GTX1060 6GB4,26313,124
Ryzen 9 6900HX2,2586,425
Ryzen 5 5900HX1,4573,532

上の表を見たらわかる通り、Rembrandtの3-4倍程度の性能になるということです。

RTX3060モバイルの下の方の結果と言うことですので、3倍と仮定しましょう。

Rembrandt(表では6900HX)も最新のAAAタイトルをFullHDで40-50FPS程度でプレイすることができますが、この3倍と言うのは俄かには信じられない性能です。

これが実現すれば、内蔵GPUの立ち位置が変わる結果であることは間違いないです。

今のところ私は半信半疑です。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥78,980 (2022/09/29 07:59:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.