CPU情報

Intel 第14世代Meteor Lake-SデスクトップCPUがリークされたドライバで確認、メインストリームPCビルダー向けのチップをタイル状に配置

投稿日:

Intelの最新のManagement Engine Interfaceドライバにより、14th Gen Meteor Lake CPUが、来年の発売時に本当にデスクトッププラットフォームに登場することが確認されました。

Intel第14世代Meteor Lake-SデスクトップCPUはタイル型アーキテクチャで2023年にデスクトップに登場する

最近、Intelの第14世代Meteor Lake CPUは、モバイルプラットフォームに限定され、デスクトッププラットフォームでの活躍がゼロか限定的だったBroadwell、Cannonlake、Tiger Lakeチップと同様の末路を辿るかもしれないという噂や憶測が流れていた。

しかし、最新のMEI(Management Engine Interface)ドライバはそうではないと述べており、これらのチップはきちんとコンシューマ向けデスクトップPCセグメントに向けて発売されるようだ。

Intel Meteor Lake CPUは、コンシューマ向けとしては初の完全なタイル型チップデザインで、EMIBとFoveros技術によって接続された最大4つのタイルを同一パッケージ上で提供します。

このチップは、CPU、GPU、I/O、キャッシュのダイをホストし、すべてがチップレットと同様に接続され、性能と効率に飛躍的な進歩をもたらします。

現在、Intelは実際にMeteor Lakeのプロトタイプと初期のユニットをモバイル向けで最初に示しましたが、それは単に発売までデスクトップチップの公開を差し控えているだけです。

Meteor Lakeは、同じLGA 1700/1800ソケットプラットフォームでサポートされるのか、それとも、タイル型チップの設計が、現在我々が入手しているAlder LakeとRaptor LakeのハイブリッドCPUとは全く異なることを考えると、別のソケットを使ってしまうのか、注目されるところである。

Intel 14th Gen Meteor LakeのCompute Tileは、チップの中で最初にテープアウトしてPower-Onを達成したセクションの1つです。

その後、チップ全体がPower-Onを達成し、2023年のリリースに向けてスケジュールされています。

インテル第14世代CPU「Meteor Lake」。Intel 4プロセスノード、Tiled Arc GPUデザイン、ハイブリッドコア、2023年発売予定

第14世代Meteor Lake CPUは、全く新しいタイル型アーキテクチャのアプローチを採用するという意味で、ゲーマーチェンジャーとなりそうです。

Intel 4プロセスノードをベースにした新CPUは、EUV技術によって1Wあたりの性能を20%向上させ、2022年後半までにテープアウトする予定(製造可能)だという。

最初のMeteor Lake CPUは、2023年前半までに出荷され、同年後半に入手可能となる予定です。

Intelによれば、第14世代Meteor Lake CPUは、全く新しいタイル型アーキテクチャを採用し、これが意味するところは、基本的にチップレットを全面的に採用することになったということだ。

Meteor Lake CPUには、3つの主要なタイルがある。

IO Tile、SOC Tile、そしてCompute Tileだ。Compute Tileは、CPU TileとGFX Tileで構成される。

CPU Tileは、Redwood Cove P-CoreとCrestmont E-Coreからなる新しいハイブリッドコア設計を採用し、低消費電力でより高性能なスループットを実現し、グラフィックスタイルはこれまで見たこともないようなものになる予定です。

CPUは5Wから125Wまで、つまり超低TDPのモバイルPCからハイエンドのデスクトップPCまで対応する予定です。

Raja Koduri氏が述べるように、Meteor LakeのCPUは、タイル型Arcグラフィックス搭載GPUを利用することで、全く新しいクラスのグラフィックスオンチップとなる。iGPUでもdGPUでもなく、現在はtGPU(Tiled GPU / Next-Gen Graphics Engine)と見なされている。

Meteor LakeのCPUは、全く新しいXe-HPGグラフィックス・アーキテクチャを採用し、既存の統合GPUと同レベルの電力効率で性能を向上させることができるようになる。

また、現時点ではAlchemistのラインナップのみが対応しているDirectX 12 UltimateやXeSSのサポート強化も可能になります。

IntelメインストリームデスクトップCPUの世代間比較:

Intel CPU
ファミリ
製造
プロセス
最大
コア数
TDPチップセットプラット
フォーム
メモリ
サポート
PCIe
サポート
発売
Sandy Bridge
(2nd Gen)
32nm4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge
(3rd Gen)
22nm4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell
(4th Gen)
22nm4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell
(5th Gen)
14nm4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake
(6th Gen)
14nm4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02015
Kaby Lake
(7th Gen)
14nm4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02017
Coffee Lake
(8th Gen)
14nm6/1235-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake
(9th Gen)
14nm8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake
(10th Gen)
14nm10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake
(11th Gen)
14nm8/1635-125W500-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 4.02021
Alder Lake
(12th Gen)
Intel 716/2435-125W600-SeriesLGA 1700DDR5PCIe Gen 5.02021Q4
Raptor Lake
(13th Gen)
Intel 724/3235-125W700-SeriesLGA 1700DDR5PCIe Gen 5.02022
Meteor Lake
(14th Gen)
Intel 4未確認35-125W800-Series?LGA 1700DDR5PCIe Gen 5.02023
Arrow Lake
(15 th Gen)
Intel 20A40/48未確認900-Series?未確認DDR5PCIe Gen 5.0?2024
Lunar Lake
(16 th Gen)
Intel 18A未確認未確認1000-Series?未確認DDR5PCIe Gen 5.0?2025
Nova Lake
(17 th Gen)
Intel 18A未確認未確認2000-Series?未確認DDR5?PCIe Gen 6.0?2026

ソース:wccftech - Intel 14th Gen Meteor Lake-S Desktop CPUs Confirmed In Leaked Drivers, Tiled Chips For Mainstream PC Builders

 

 

 

解説:

MeteorLakeは遅れない

デスクトップ版は遅くなるという噂が出ていたMeteorLakeですが、どうもそうはならないようです。

MeteorlakeからIntel4になり、過去のBroadwellのようにデスクトップ版は遅れるのではないかと言われていましたが、きちんと来年にすべてのラインナップが出るという噂が出てきました。

昨日の記事ではRaptorLakeを迷っている方は買った方がいいと言いましたが、Meteorを待っている方は待った方がいいかもしれません。

MeteorlakeはGPUがかなり強化されると思われます。

デスクトップ版のGPUはモバイルの最上位と比較するとかなり性能が落ちますが、それでも相当強化されるはずなので、どの程度の性能になるのか注目ですね。

恐らく、Zen4の内蔵GPUよりは性能が高いと私は考えています。

PコアのRedwood Cove、EコアのCrestmontに関しては、どのような性能になるのかははっきり書いてません。

しかし、電力効率を上げると書いてありますので、この時点でAMDに対して勝利を確信している可能性が非常に高いです。

理由は前回のSandyBrigde以降の時もそうでしたが、Intelは勝利を確信するとデスクトップ向けでも省電力に振ってくる傾向があるからですね。

Zen5がまだ出ていない状態でこの判断は早すぎると思うのですが、Ryzenを設計したジム・ケラー氏が雇われていましたので、的を射ている可能性が高いですね。

 

MeteorLakeの懸念点

Ryzenもそうでしたが、一件欠点がなさそうなMeteorlakeの懸念点はチップ間の通信による遅延をどのように解決しているかと言うことだと思います。

RyzenもCCX、CCD間の通信が入ると遅延が発生することが一つの欠点でしたが、Meteorlakeはこの点をどのように解決してくるのか注目しています。

もっとも、CPUは全て同一タイル上にあるようですので、最初の写真にあるように、かなりタイルの大きさに差があるようです。

生産効率を落としてでもチップ間の通信が極力発生しないようになっているのでしょうね。

 

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

K無しロックモデル(OC不可)

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.