CPU情報

AMD、Threadripper HEDT CPUについて語る、「Threadripperはまだここにある」&「ご期待ください」

投稿日:

AMDのロバート・ハロク氏は、HEDT Threadripperのラインアップがどこにも行かないこと、さらに近々登場することを2つの別々のインスタンスで確認したそうです。

AMDはThreadripperで終わりではない、さらなるHEDT CPUが間もなく登場する、ロバート・ハロックが確認した。

この確認はForbesとHotHardwareのインタビューで行われ、AMDのテクニカルマーケティングディレクターであるロバート・ハロック氏は、Threadripperはどこにも行かないし、HEDT CPUは遅かれ早かれ復活することを確認した。

HotHardwareのインタビューでロバート氏が「乞うご期待」とだけ言った様子から、次のHEDTラインアップは目前であるように見えますが、AMDはComputex 2022のキーノートでRyzen 7000 Desktop CPUを発表しただけで、Threadripperについては全く触れていないので、それはまだはっきりしないことなのでしょう。

Antony 最後に、私の心の中にある、そして読者にも大きくある疑問がThreadripperです。X670EにPCIe 5をフルサポートするハイエンド・チップセットを搭載し、新しい16コアのZen 4製品(おそらくRyzen 9 7950X)でさらにマルチスレッド性能を向上させると、Threadripper 3960X、3970X、3990Xの後継が登場する可能性はますます低くなってきています。AMDの計画では、新しいハイエンドデスクトップCPUはまったくないのでしょうか。

ロバート:私が言えるのは、Threadripperはまだここにあることです。

ロバート・ハロック(AMD)via Forbes

さて、次期AMD Threadripper HEDT CPUに期待することとして、我々は間違いなく新しいZen 4コア、新しいプラットフォーム、そしてより多くのI/Oでもてなされることになるだろう。

しかし、次世代Threadripperのラインナップもベンダー独占されるのか、それともAMDは今回、よりDIYフレンドリーなアプローチを取るのか(過去2世代のThreadripperファミリーはそうではなかった)、という疑問が残ります。

まあ、時間が経てば分かることですが、Intelが今年の秋以降にSapphire RapidsチップでHEDT市場に大きな衝撃を与える準備をしていることを考えると、AMDも2022年末から2023年初め頃にHEDTソリューションを発表するかも知れませんね。

AMDがZen 4CではなくZen 4を使用して、コードネームGenoaと呼ばれる最初のSP5/SP6サーバーファミリーを動かすことを考えると、HEDTセグメントにおける次のThreadripperラインナップに同じ設計が使用されることは理にかなっています。

これにより、技術的には同じ96コアと192スレッドまで可能になり、コアとスレッドの両方が50%増加することになります。

このCPUは、増加したコア、クロック、システムメモリ用の最新のDDR5 DRAMのサポートと相まって、素晴らしいマルチスレッドCPUパフォーマンスを提供します。

また、高いTDPではありますが、より高いI/OとPCIe Gen 5.0レーンを期待することができます。

次世代AMD Threadripperのラインアップについては、今後数ヶ月のうちにさらなる情報が得られると思われます。

ソース:wccftech - AMD On Threadripper HEDT CPUs: ‘Threadripper Isn’t Going Anywhere’ & ‘More Coming’

 

 

 

解説:

Threadripperは死なず

Threadripper何らかの形で我々の前に姿を現すことになるようです。

AMDの幹部からそのようなコメントがあったようです。

しかし、現時点でははっきり断言はできないようですね。

前向きに考えれば、Zen4ベースのthreadripper7000シリーズが発売されることを言っているのだと思います。

しかし、SocketsTRX4のThreadripperは3000シリーズのみで終売になってしまうということになります。

私は余裕がありませんので、ThreadripperのようなHEDTを購入される方の気持ちは全くわかりませんが、一世代で終売になっても何事もなかったかのように次にいけるものなのでしょうか。

とにかく、Threadripperに関する何らかの計画があることだけは確かのようです。

HEDTは爆熱、トランジスタバカ食いのGoldenCoveとならよい勝負になると思います。

恐らく、GoldenCove版Xeonが出たら、Intelのハイブリッドが如何に絶妙な仕組みなのか痛感することになると思います。

HEDT版のThreadripperが出る「かもしれない」と言う話だけで、今回はそれ以上の情報はありません。

Zen4版Threadripperならばソケットは変更になるはずなので、全く新しいプラットフォーム、チップセットになるということになります。

 

-CPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.