GPU情報

Intel 初のハイエンドゲーミンググラフィックス「Xe-HPG DG2」の写真を公開 - 噂されていたスペックも詳細に判明、TSMCの6nmノードで512EUsを実現、NVIDIAのRTX 3080とAMDのRX 6800 XTに対抗予定

投稿日:

IntelのハイエンドGPU「Xe-HPG DG2」を搭載したディスクリート・ゲーミング・グラフィックス・カードの最初の写真と仕様が、Moore's Law is Deadによってリークされました。

このリーク者は、エンジニアリングボードの最初の写真を掲載しただけでなく、このフラッグシップパーツの仕様と予想されるパフォーマンスの数値を詳細に説明しています。

Intelのハイエンドゲーミンググラフィックスカード「Xe-HPG DG2」の写真が公開 - TSMCの6nmノードで512EU、TDP275W、性能はNVIDIAのRTX 3080までアップ

Xe HPG DG2」は、第12世代グラフィックス・アーキテクチャを採用した新設計のGPUであり、今回のような新しいシェーディング技術の採用が期待されています。

また、Intelのディスクリート・グラフィックス・カードは、レイトレーシングをはじめ、Intel独自のDLSS(社内ではXeSS(Xe Super Sampling)と呼ばれています)など、さまざまな機能を完全にサポートします。

カード自体については、MLID社は、写真のサンプルは非常に初期のエンジニアリングサンプルであり、最終デザインではないとしている。

このことは、緑色のPCBと安価なプラスチック製のシュラウドを見れば明らかです。

写真では、デュアルスロットフォームファクターのカードに、デュアルファン冷却、大きなアルミフィンヒートシンク、小さなアクリルパネルに貼られたIntelロゴ(Lがないことに注意)が写っている。

以下は、Intel Xe-HPG DG2グラフィックスカードのエンジニアリングサンプルの最初の写真です。

なお、この写真は最終的なデザインではありません。画像提供:Moore's Law is Dead

このカードは、8+6ピンのコネクタ構成を採用しており、MLIDによると、Intel Xe-HPG DG2ゲーミングディスクリートグラフィックスカードの予想TDPは最大275Wとなる見込みです。

PCBや背面は、MLIDの情報源を追跡できるような痕跡が含まれているため、今回のリークでは表示されていません。

Intel Xe-HPG DG2 512 EUディスクリート・ゲーミング・グラフィックス・カードの仕様

Xe-HPGベースのDG2 GPUの各SKUには、完全なチップからいくつかのカットされたバリエーションまで、さまざまな構成があります。

これは、NVIDIAのAmpere GA102-400、GA102-200や、AMDのNavi 21 XTX、Navi 21 XT、Navi 21 XLのような命名規則に似ています。

最上位のDG2 512 EUバージョンは、今のところ1つの構成しか掲載されておらず、4096コア、256ビットバスインターフェース、最大16GB GDDR6メモリ(8GB GDDR6も掲載されている)のフルダイを使用しています。

需要と歩留まりに応じて、Intelはこのフラッグシップチップのバリエーションをさらに増やす可能性がありますが、今のところは断言できません。

Xe-HPG DG2 512 EUチップは、最大2.2GHzのクロックを持つことが示唆されていますが、これが平均クロックなのか最大ブーストクロックなのかはわかりません。

また、Intelの当初のTDP目標は225-250Wでしたが、現在は275W程度に引き上げられていると述べられています。

Intelがさらにクロックを押し上げることを望むのであれば、デュアル8ピンコネクタを備えた300Wのバリエーションも期待できます。

Intel Xe-HPG DG2 GPUベースのディスクリートゲーミンググラフィックスカードの仕様:

GPUモデルGPU SKU実行ユニットシェーディング
ユニット
(コア数)
メモリ容量メモリバス幅TGP
Xe-HPG
512EU
DG2-512EU512 EUs409616/8 GB
GDDR6
256-bit~275W
Xe-HPG
384EU
DG2-384EU384 EUs307212/6 GB
GDDR6
192-bitTBC
Xe-HPG
256EU
DG2-384EU256 EUs20488/4 GB
GDDR6
128-bitTBC
Xe-HPG
192EU
DG2-384EU192 EUs15364 GB GDDR6128-bitTBC
Xe-HPG
128EU
DG2-128EU128 EUs10244 GB GDDR664-bitTBC
Xe-HPG
96EU
DG2-128EU86 EUs7684 GB GDDR664-bit~120W

Intel Xe-HPG DG2 512 EUディスクリート・ゲーミング・グラフィックス・カードの性能と特徴

繰り返しになりますが、これらはXe-HPGアーキテクチャを採用したいくつかのバリエーションのうちのほんの一部です。

Intel DG2 GPUは、今年後半にデスクトップPCとモバイルPCの両方に搭載される予定で、おそらくTSMCの6nm(N6)ノードのような外部のファウンドリープロセスノードを採用すると噂されています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します

 

そのほか、いくつかの性能目標についても言及されており、フラッグシップモデルのXe-HPG DG2ディスクリートグラフィックスカードは、NVIDIA GeForce RTX 3080と同等の速度を持つことが示唆されており、AMD Radeon RX 6800 XTにも近い性能を持つと考えられます。

3DMark TimeSpyのスコアは、さまざまなサンプルに基づいて大きく変化し、最終的にはRTX 2080とRTX 3090の間に収まっています。このパフォーマンス指標は、構成の異なるDG2 SKUのものである可能性があります。

非常に優れたドライバを提供するとされていますが、これはカード自体のタイミングによります。Intelは2つのルートを取る可能性があり、ドライバを成熟させるためにラインを押し戻すか、早期にリリースしても良いサポートを提供するが他の機能の面では不足している、発売から数ヶ月経ってもDLSSの対抗馬が来ていないAMDのRDNA 2と似ています。

エンコーディングやプロシューマー向けの機能も、Xe-HPGグラフィックスカードは非常に素晴らしいものになるだろう。

Intel Xe-HPG DG2 512 EUディスクリート・ゲーミング・グラフィックス・カードの発売日と価格

リーカーは、このカードは2021年第4四半期、あるいは来年初頭(適切な入手先)まで発売の準備ができていないと述べています。

このカードはまだIntel自身によるデザイン調整が行われているため、AIBはまだこのカードに関する適切な情報を受け取っていません。また、プロシューマー向けの製品も期待されていますが、こちらは2022年まで待たなければなりません。

コンシューマー向けには、まず512 EU SKUが発売され、その後すぐに128 EU SKUが発売されることになりそうです。

また、このリーク情報によると、DG2の後継GPUはElasti「DG3」と呼ばれ、2023年の発売を予定しているとのことです。

 

価格については、ミッドレンジのカードは、Raja Koduri氏がゲームのスイートスポットと考えている200~300ドル程度になると予想しています。

上位機種の価格については言及されていませんが、500ドル以上になると思われます。

Intelのデスクトップディスクリートゲーミンググラフィックスのラインアップに関する情報は、2021年半ば頃に期待しています。

ソース:wccftech - Intel’s First High-End Xe-HPG DG2 Gaming Graphics Pictured – Rumored Specifications Detailed Too, 512 EUs on TSMC 6nm Node, Will Compete With NVIDIA’s RTX 3080 & AMD’s RX 6800 XT

 

 

解説:

Xeの最上位はRTX3080、RX6800XTとほぼ同等!?

と言う信じられないリークが飛び込んできました。

いやあ、びっくりですね。

前のリークではDG2の最上位のTDPが150Wと言う話が出ていたので、AMD、nVidiaに勝てないから開き直ったかと思っていたのですが、回すだけ回して既存のハイエンドカードに殴り込みをかける方向になったようですね。

TDPは275Wなので、これでこの性能だと凄いと思います。

レイトレとIntel版DLSSも対応しているということで、ソフトのサポートはさすがIntelと言った感じです。

発売は2021年Q4とのこと。

既に後継のコードネームDG3も予定されており、2023年に発売するとのこと。

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.