GPU情報

AMD Radeon RX 6000 Refresh ゲーミング&レイトレーシング ベンチマークがリーク:RTX 3090より速い6950 XTが1099ドル、RTX 3070より速い6750 XTが549ドル、RTX 3060より速い6650 XTが399ドル

投稿日:

本日、AMD Radeon RX 6000 Refreshグラフィックスカードの最終リークをお届けします。RX 6950 XT、RX 6750 XT、RX 6650 XTを含む全3種類のゲーミングパフォーマンスと価格ポジショニングが確認されました。

AMD Radeon RX 6950 XT、RX 6750 XT、RX 6650 XTグラフィックスカードのゲーミング、レイトレーシング、RSRベンチマークと価格ポジショニングが確認された。

前2回のリークでは、3枚のカードの公式スペックと公式合成テストを取り上げてきた。

最後の記事では、Radeon RX 6950 XT、RX 6750 XT、RX 6650 XTのゲーム性能について、各階層のさまざまな解像度での結果を含めて、概要を説明する予定である。

また、正式な価格と、競合製品やAMDの既存のRX 6000シリーズカードとの比較についても説明します。

注:以下の結果は、メディア向けに発表されたAMDの公式データに基づくものです。独立したテストでは、テスト結果が異なる場合があります。

テスト方法 AMD Ryzen 7 5800X3D (X570マザーボード)、SAM & Resizable-BARを有効にした状態。AMDドライババージョン (22.10-220411n) NVIDIAドライババージョン (512.15)

4Kゲーム向け最速グラフィックスカード「AMD Radeon RX 6950 XT」が1099USドルで登場

まずAMD Radeon RX 6950 XTですが、こちらはNavi 21 GPUのフラッグシップとなる製品になります。

XTXHと同じチップを搭載し、さらにビンドデザインを採用することで、レッドチームがチップからもう少し多くのパフォーマンスを引き出すことに成功しました。

性能に関しては、4K解像度でゲーム内のディテールを最大にしてテストされた様々なゲームを見ています。

NVIDIA GeForce RTX 3090と比較すると、RTX 3090 TIと同程度の性能である11%の性能向上となっています。

RTX 3090の小売価格は1499USドルですが、RTX 3090 Tiの小売価格は1999USドルです。

つまり、より高いゲーム性能で、より安い価格を実現しているわけです。同時に、100USドル高い(希望小売価格)Radeon RX 6900 XTよりも4%性能が向上していることになる。

だから、Radeon RX 6900 XTをオーバークロックして終わりにすることもできるが、まだアップグレードしていない人にとって、RX 6900 XTのカスタムモデルと同様の価格設定のRX 6950 XTカスタムモデルを見つけることができれば、前者を選ぶことが最も理にかなっている。

しかし、6900 XTの低価格帯を視野に入れているのであれば、このグラフィックスカードを購入するだけで、数ドルを節約することができるのです。

まとめると

  • RX 6950 XT vs RX 6900 XT = 4%高速
  • RX 6950 XT vs RTX 3090 = 11%高速

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

AMD Radeon RX 6950 XTのレイトレーシング性能は、AMDのハードウェアでわずかに動作が良好なタイトルでテストされました。

テストしたゲームでは平均2~3%の性能向上が見られるが、結局のところ、AMDがレイトレーシング性能にそれほど注力しなかったのには理由があり、それは純粋に、現時点ではNVIDIAのRTX 30シリーズがRT対応タイトルの大半で圧倒的な優位性を持っているからである。

AMD Radeon RX 6950 XTのレイトレーシング性能は、AMDのハードウェアでわずかに動作が良好なタイトルでテストされました。

テストしたゲームでは平均2~3%の性能向上が見られるが、結局のところ、AMDがレイトレーシング性能にそれほど注力しなかったのには理由があり、それは純粋に、現時点ではNVIDIAのRTX 30シリーズがRT対応タイトルの大半で圧倒的な優位性を持っているからである。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

AMD Radeon RX 6950 XT 4Kパフォーマンス

ゲームタイトルAMD Radeon
RX 6950 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
NVIDIA GeForce
RTX 3090
RX6950 XT
vs RTX 3090
RX6950 XT
vs RX6900 XT
Assassin's Creed Valhalla
(DX12 Ultra High)
81776721%5%
Battlefield 5
(DX11 Ultra)
1291231208%5%
Borderlands 3
(DX12 Badass)
78756815%4%
Cyberpunk 2077
(DX12 High)
646165-2%5%
Deathloop
(DX12 Ultra)
7774761%4%
Doom Eternal
(Vulkan Nightmare)
15915214410%5%
F1 2021
(DX12 Ultra High)
15215112027%1%
Far Cry 6
(DX12 Ultra)
95908117%6%
Forza Horizon 5
(DX12 Max)
6966656%5%
GTA V
(DX11 Ultra)
152148159-4%3%
Hitman 3 (DX12 Ultra Dubai)15014612025%3%
Metro Exodus
(DX12 Extreme)
7270703%3%
Resident Evil Village
(DX12 Max)
14013511522%4%
The Riftbreaker
(DX12 Ultra)
2292212138%4%
Deathloop
(DX12 Ultra RT)
93N/A106-12%N/A
Far Cry 6 (DX12 Ultra RT)123N/A10715%N/A
F1 2021
(DX12 Ultra High RT)
139N/A1381%N/A
Resident Evil Village
(DX12 Raytracing Max)
147N/A149-1%N/A

AMDは、Radeon RX 6950 XTグラフィックスカードのRSRパフォーマンスベンチマークを公式に公開しています。

結果は、1800pから4Kへのスケーリング性能、1440pから4Kへのスケーリング性能など。

Ultra Qualityプリセットでは、より高いパフォーマンスでネイティブ画像に近いものが得られ、Balancedプリセットでは、わずかな画質低下でより高いパフォーマンスが得られるという。

AMDはFSR2の数値を公開していないが、これは我々のレビューに含まれることになる。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

AMD Radeon RX 6750 XT、1440pゲーミングで米549ドルのRTX 3070に挑む

Radeon RX 6750 XTについて、AMDは1440pのゲーム性能の数値に注目している。

このカードは、希望小売価格499ドルのNVIDIA GeForce RTX 3070に対抗するもので、レッド・チームは、このカードに対して50ドル高い価格を提示しています。

RX 6750 XTは12GBのメモリを搭載しており(RTX 3070は8GB)、ゲームを実行する際の電力効率は若干高くなっています。

しかし、RX 6700 XTの価格はすでに479ドルで、429ドルから449ドルに設定されるべきであったのに、無茶苦茶な価格設定になっています。

だから、それにプラス70ドルを求めるのは、まったく意味がないのです。

  • RX 6750 XT vs RX 6700 XT = 7%高速
  • RX 6750 XT vs RTX 3070 = 2%高速

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

AMD Radeon RX 6750 XT 1440のパフォーマンス:

ゲームタイトルAMD Radeon RX 6750 XTAMD Radeon RX 6700 XTNVIDIA GeForce RTX 3070RX6750 XT
vs RTX 3070
RX6750 XT
vs RX6700 XT
Assassin's Creed Valhalla
(DX12 Ultra High)
93857721%9%
Battlefield 5
(DX11 Ultra)
1631531499%7%
Borderlands 3
(DX12 Badass)
8882827%7%
Control
(DX12 High)
716776-7%6%
Cyberpunk 2077
(DX12 High)
736777-5%9%
Death Stranding (DX12 Very High)20919317917%8%
Dirt 5 (DX12 Ultra High)103971030%6%
Doom Eternal
(Vulkan Nightmare)
1711591672%8%
Far Cry 6
(DX12 Ultra)
105981023%7%
Forza Horizon 5
(DX12 Max)
726875-4%6%
Hitman 3
(DX12 Ultra Dubai)
1641531565%7%
Metro Exodus
(DX12 Extreme)
686473-7%6%
Resident Evil Village
(DX12 Max)
1541451465%6%
Shadow of The Tomb Raider
(DX12 Highest)
1291211281%7%
Overwatch
(DX11 EPIC)
241223274-12%8%

AMD Radeon RX 6650 XT、メインストリームRTX 3060シリーズのライバルが399USドルで登場

Radeon RX 6750 XTの価格設定は悪いですが、RX 6650 XTも6600 XTより20ドル高いだけで、RTX 3060 Tiと同等になるとはいえ、印象はよくありませんね。

AMDが発表した結果によると、RX 6650 XTはRX 6600 XTより2%高速であることが証明されています。

RTX 3060に対する性能のジャンプは、20~23%のゲインと宣伝されており、このカードはRTX 3060 Tiと同じ性能層に到達しますが、このグラフィックスカードは、その限られたバスインターフェースとそれぞれの帯域幅数値により1440pで大きく損をしています。

AMDは、RTX 3060が70ドル安い329ドル(希望小売価格)であることを忘れているのかもしれません。

まとめると

  • RX 6650 XTとRX 6600 XTの比較=2%高速
  • RX 6650 XT vs RTX 3060 = 23% 高速

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

AMD Radeon RX 6650 XT 1080p パフォーマンス

ゲームタイトルAMD Radeon
RX 6650 XT
AMD Radeon
RX 6600 XT
NVIDIA GeForce
RTX 3060
RX6650 XT
vs RTX 3060
RX6650 XT
vs 6600 XT
Assassin's Creed Valhalla
(DX12 Ultra High)
100987337%2%
Battlefield 5
(DX11 Ultra)
17016613427%2%
Borderlands 3
(DX12 Badass)
1031017440%3%
Cyberpunk 2077
(DX12 High)
77757015%2%
Deathloop
(DX12 Ultra)
100987927%2%
F1 2021
(DX12 Ultra High)
17617212343%2%
Far Cry 6
(DX12 Ultra)
1221199726%3%
Forza Horizon 5
(DX12 Max)
73716021%3%
Ghostwire Tokyo
(DX12, Max SSAO)
12612310027%2%
God of War
(DX11 Ultra)
64635517%2%
GTA V
(DX11 Ultra)
170169174-2%1%
Hitman 3 (DX12 Ultra Dubai)19719315725%2%
Metro Exodus
(DX12 Extreme)
63625417%2%
RDR 2
(DX12 Ultra)
63615221%3%
Apex Legends
(DX11 Ultra High)
20119716621%2%
Fortnite
(DX12 EPIC)
1261241197%2%

AMD Radeon RX 6000 refreshは、Ryzen 3000XT CPUのように、わずかなブーストを提供することを意図しているが、価格が高いように感じられる。

もし、価格が同じで、AMDが既存の製品にわずかな値下げを提供するならば、より良かったのですが、それは小売業者によるプロモ取引でしか行われていないようです。

とはいえ、AMD Radeon RX 6000 refreshのラインナップは、5月10日に正式公開された時点で、さまざまなカスタムモデルが用意される予定だ。

AMD Radeon RX 6000 Refresh グラフィックスカードのスペック:

グラフィック
カード
AMD Radeon
RX 6950 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
AMD Radeon
RX 6750 XT
AMD Radeon
RX 6700 XT
AMD Radeon
RX 6650 XT
AMD Radeon
RX 6600 XT
GPUNavi 21 XTXNavi 21 XTXNavi 22 XTNavi 22 XTNavi 23 XTNavi 23 XT
製造プロセス7nm7nm7nm7nm7nm7nm
ダイサイズ520mm2520mm2336mm2336mm2237mm2237mm2
トランジスタ数26.8 Billion26.8 Billion17.2 Billion17.2 Billion11.06 Billion11.06 Billion
演算ユニット数808040403232
ストリーム
プロセッサ数
512051202560256020482048
TMU数/ROP数320 / 128320 / 128160/64160/64128/64128/64
ゲームクロック2100 MHz2015 MHz2495 MHz2424 MHz2410 MHz2359 MHz
ブーストクロック2310 MHz2250 MHz2600 MHz2581 MHz2635 MHz2589 MHz
FP32演算性能23.65 TFLOPs23.04 TFLOPs13.31 TFLOPs13.21 TFLOPs10.79 TFLOPs10.6 TFLOPs
メモリ容量
・種類
インフィニティ
・キッシュ
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
12 GB GDDR6
+ 96 MB
Infinity Cache
12 GB GDDR6
+ 96 MB
Infinity Cache
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache
メモリバス幅256-bit256-bit192-bit192-bit128-bit128-bit
メモリクロック18 Gbps16 Gbps18 Gbps16 Gbps17.5 Gbps16 Gbps
メモリ帯域幅576 GB/s512 GB/s432 GB/s384 GB/s280 GB/s256 GB/s
実効帯域1728.2 GB/s1664.2 GB/s1326 GB/s1278 GB/s468.9 GB/s444.9 GB/s
TBP335W300W250W230W180W160W
PCIeインター
フェイス
PCIe 4.0 x16PCIe 4.0 x16PCIe 4.0 x16PCIe 4.0 x16PCIe 4.0 x8PCIe 4.0 x8
価格~$1099 US$999 US~$499 US$479 US~$399 US$379 US

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 6000 Refresh Gaming & Raytracing Benchmarks Leaked: 6950 XT Faster Than RTX 3090 For $1099, 6750 XT Faster Than RTX 3070 For $549, 6650 XT Faster Than RTX 3060 For $399

 

 

 

解説:

RDNA2 refleshのベンチマークがリーク。

RX6950XT、RX6750XT、RX6650XTの3種類のベンチマークがリークしました。

これらの3つのモデルともに5/10に発売予定です。

さて、記事中の気になるところに触れていきます。

RX6950XTに関しては特にありません。

RX6950XTはベンチマーク対策用のモデルだと思います。

RTX3090Tiで890Wまで消費電力をあげられるBIOSが出てきましたが、それと比較してどうなるかですね。

力技のRTX3090Tiが勝つのか、それとも製造プロセスで勝るRX6950XTが勝つのか?次世代GPUが出るわずかな間の話ですが、気になるところです。

RX6750XTに関してはライバルであるRTX3070に対して12GBと言うメモリ容量が相変わらず効いていると思います。

旧モデルであるRX6700XTと比較して7%と言う他のモデルに比べるとかなり大きめの性能アップとなっています。

インフィニティキャッシュを搭載することによってメモリ帯域を気にせずに容量を比較的自由に設定できるようになりましたので、非常に優れた仕組みだと思います。

RTX4000シリーズでnVidiaも似たような仕組みを採用することを考えると、RDNA2の設計が如何に先進的なのかよくわかるのではないでしょうか。

RX6650XTに関してもは比較がRTX3060になっていますが、価格的にRTX3060Tiと比較したほうが良かったのかな?と思います。

3モデルとも価格が比較的割高になっています。

メーカーが強気で売っても現場で余れば価格は下がっていくものなのですが、元々1年目のSUPERリフレッシュと呼ばれるモデルチェンジはnVidiaが始めたものです。

マイニング特需のような特別な事情がない限り、基本的にSUPERリフレッシュは同価格帯で少しお得なモデルを設定しつつ、フルモデルチェンジへ向けてのAIBの練習作のような製品でした。

そのため、RDNA3でも同様のSUPERリフレッシュを設定するならば、少し性能を上げるか価格を下げるか、どちらかにした方が良いと思います。

nVidiaの場合、初期モデルは歩留まりを気にしてカットダウン率が高めに設定されています。

そして、価格を下げずに性能を上げるという、値下げを防ぐために設定されていす。

これはうまい売り方だと私は思います。

AMDは初期から割とカットダウン率が高め(と言うか0%の場合もある)なので、SUPERリフレッシュは設定しにくいところはあるのかもしれません。

この辺もRDNA3では気にしたほうが良いと思います。

マイニング特需終了後にこのSUPERリフレッシュをRDNA2と同じように設定してしまうと、またユーザーやマスコミから叩かれることになると思います。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.