GPU情報

PowerColor、AMD Radeon RX 6600 XTおよびRX 6600「Navi 23」グラフィックスカードの発売を決定

投稿日:

PowerColor社は、次期AMD Radeon RX 6600 XTおよびRX 6600グラフィックスカードの製品ページを開設しているようです。

すでにメーカーの公式サイトにページが設置されているので、順調にいけば今月末の発売が期待できそうです。

AMDのRDNA 2「Navi 23」GPU搭載のRadeon RX 6600 XT & RX 6600グラフィックスカードがPowerColorに掲載されました。

PowerColor社の製品リストには、仕様や写真は掲載されていませんが、AMD Radeon RX 6600 XTとRadeon RX 6600が存在し、近々メインストリームのゲームセグメントに登場することが確認されています。

また、Navi 23 GPUベースのグラフィックスカードが両方とも掲載されていることから、AMDが2つの製品を同時に発売する可能性があるという、もう1つの興味深い事実が示されています。

これは非常に興味深いことであり、これらがメインストリームのゲームセグメントを対象としていることを考えると、良い選択だと思われます。Videocardzが発見した製品リストは以下の通りです。

AMD Radeon RX 6600 XTグラフィックスカードの仕様

AMD Radeon RX 6600 XTグラフィックスカードは、32個のコンピュートユニットまたは2048個のストリームプロセッサを搭載したNavi 23 XT GPUを搭載します。

また、32MBのInfinity Cacheと、128ビットワイドバスインターフェースで動作する8GB GDDR6メモリを搭載しています。

Navi 23 GPU自体は、237mm2の大きさで、110億6000万個のトランジスタで構成されています。

しかし、このGPUは、RDNA 2ファミリーの中で最小のチップではなく、それはNavi 24となるでしょう。

ピン速度は16 Gbpsに保たれ、総帯域幅は256 GB/sとなります。

以前の噂では、このカードはイーサリアムのマイニングで30MH/sの性能を発揮すると予想されており、合成性能では、3DMark Time Spyグラフィックテストで9439ポイントを獲得しています。

AMD Radeon RX 6600グラフィックスカードの仕様

AMD Radeon RX 6600グラフィックスカードは、28個のコンピュートユニットまたは1792個のストリームプロセッサを搭載したNavi 23 XL GPUを採用する予定です。

また、32MBのInfinity Cacheと最大8GBのGDDR6メモリを搭載し、128ビットワイドバスインターフェースで動作します。

ピン速度は16 Gbpsに保たれ、総帯域幅は256 GB/sとなります。

噂によると、このグラフィックスカードは、イーサリアムのマイニングにおいて27MH/sの性能を発揮することが期待されており、総合性能においては、3DMark Time Spyグラフィックテストで7805ポイントを獲得しています。

AMD Radeon RX 6600シリーズ(RX 6600 XTを指す)は、1080pのプレミアムゲーミングソリューションとして位置づけられ、RTX 3060よりも高速なパフォーマンスを提供します。

価格については、AMD社がNavi 23を成功させたいと考えているのであれば、個人的にはNavi 23のラインナップは299米ドルになると予想しています。

特に、329米ドルのNVIDIA GeForce RTX 3060に対抗する1080pカードであればなおさらです。

Radeon RX 6600は最初の299ドル以下の製品となり、249ドル前後で販売されると予想されます。

AMD Radeon RX 6000シリーズ "RDNA 2 "グラフィックスカードのラインナップ:

グラフィック
カード
AMD Radeon
RX 6600
AMD Radeon
RX 6600 XT
AMD Radeon
RX 6700
AMD Radeon
RX 6700 XT
AMD Radeon
RX 6800
AMD Radeon
RX 6800 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
Liquid Cooled
GPUNavi 23 (XL?)Navi 23 (XT?)Navi 22 (XL?)Navi 22 (XT?)Navi 21 XLNavi 21 XTNavi 21 XTXNavi 21 XTXH
製造プロセス7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm
ダイサイズ237mm2237mm2336mm2336mm2520mm2520mm2520mm2520mm2
トランジスタ数110.6億110.6億172億172億268億268億268億268億
演算ユニット数2832364060728080
SP数17922048230425603840460851205120
TMU数/ROP数未確認未確認未確認160/64240 / 96288 / 128320 / 128320 / 128
ゲームクロック未確認未確認未確認2424 MHz1815 MHz2015 MHz2015 MHz2250 MHz
ブーストクロック未確認未確認未確認2581 MHz2105 MHz2250 MHz2250 MHz2345 MHz
FP32演算性能未確認未確認未確認13.21 TFLOPs16.17 TFLOPs20.74 TFLOPs23.04 TFLOPs24.01 TFLOPs
メモリ容量・種類
インフィニティ
キャッシュ
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache?
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache?
12 GB GDDR6
+ 96 MB
Infinity Cache?
12 GB GDDR6
+ 96 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
メモリバス幅128-bit?192-bit192-bit192-bit256-bit256-bit256-bit256-bit
メモリクロック16 Gbps?16 Gbps?16 Gbps?16 Gbps16 Gbps16 Gbps16 Gbps18 Gbps
メモリ帯域幅256 GB/s?256 GB/s?384 GB/s384 GB/s512 GB/s512 GB/s512 GB/s576 GB/s
TDP未確認未確認未確認230W250W300W300W330W
価格未確認未確認未確認$479 US$579 US$649 US$999 US~$1199 US

ソース:wccftech - PowerColor Gears For AMD Radeon RX 6600 XT & RX 6600 ‘Navi 23’ Graphics Cards Launch

 

 

解説:

Power ColerのHPにRX6600/XTが記載される

今月末にも発売されるのではないかと言われています。

Navi23はRX5700XTと同程度のラスタライズ性能を発揮し、レイトレーシングにも対応していると言われています。

元記事によると、TimeSpyのスコアが9,439ですので、当サイトのTimeSpyスコアを見るとRX5700XTは9,724となっています。

そのため、ほぼ同程度の性能+レイトレーシングと言うのは正しいということになります。

GPUの価格は世界的に下落中ですから、発売の暁にはぜひとも安値で出てほしいところです。

PS5の内蔵GPUとほぼ同程度の性能と言うことでFP32の演算性能は10TFLOPS前後となるようです。

PS5のGPUの方がSP数は多いと思われますが、Navi23は単体のクーラーを載せていますので、その分回して性能を稼ぐという形になるのでしょう。

この辺も今までお伝えしてきた情報通りと言うことになります。

これで4万円台で出てくれるということないと思います。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ発売

 

Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥358,800 (2021/07/29 06:28:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.