GPU情報

AMD Radeon RX 6950 XT、RX 6750 XT、RX 6650XT「RDNA2Refresh」グラフィックスカードは、世界中の小売業者によって発売前に宣伝されています

投稿日:

世界各地の数カ所で、発売予定のAMD Radeon RX 6950 XT、RX 6750 XT、RX 6650 XTシリーズグラフィックスカードの広告が出されているとの情報が入ってきた。

この新モデルは、まだリリースされていないAMD RDNA 2 refreshのラインナップの一部であり、一部のサイトではすでにカードの在庫があることが示されています。

AMD Radeon RX 6950 XT、RX 6750 XT、RX 6650 XTの各グラフィックスカードが正式発売前に入荷し、1000ドルもの高値で販売されていることが世界の各種オンラインショップで確認できる。

Canada Computers & Electronicsは、バナー広告でこのカードを表示した最初の小売業者です。

しかし、このリンクはユーザーを同社のAMD Radeon RX 6000シリーズのページに連れて行くが、カードが販売されていることは掲載されていない。

発売前の新カードの写真はすでに見ているが、未発売のシリーズを宣伝するものを見るのは小売店レベルではこれが初めてである。

写真には、Radeon RX 6950 XT、RX 6750 XT、RX 6650 XTの3枚のカードが全て写っている。

AMDの新しいRDNA 2リフレッシュカード3種は、ブラックカラーの美しさを維持しているが、AMDが当初示さなかった他のファンを示すものもある。

ウェブサイトへの掲載は、ユーザーを混乱させる。AMDは、グラフィックスカードをパートナーに供給するつもりであることを表明しているが、それを宣伝すれば、カードがまもなく購入できるようになることを知らせることになる。

フランスでは、AMDのRadeon RX 6750 XTとRX 6650 XTのASUS製バリエーションが、PlanetCommerce21としても知られるフランスのオンライン小売業者、PC21に数点掲載されており、販売商品を最安値で販売していると宣伝している。

しかし、この2機種については、手数料が予想以上に高いと感じる人もいるようです。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します

 

フランスの小売業者は、AMDの最新ラインから2枚のASUSグラフィックスカードを「在庫あり」として表示しており、これは正式な世界発売日前にすでに販売されていることを意味します。

残念ながら、どちらのリストも製品の写真や仕様が欠けています。

一部の情報筋によると、ASUSの製品ラインを知り、そのビジネス手法を熟知していれば、この2枚のカードにはいくつかの重要な機能が欠けており、AMDの各パートナーのローエンドモデルであることがわかるという。

このカードは、配送に最大で合計48時間以内を約束し、RX 6650 XTが600ドル、RX 6750 XTが930ドルで販売されています。

フランス本土の首都圏での配達を希望する場合、9.66ドルの追加料金を要求されます。

追加でリストからわかることは、どちらもデュアルファンモデルであるということのみ。

AMDが設定した3つの新しいグラフィックカードの正式な発売日は、10日後の5月10日に世界中で発売されます。

AMD Radeon RX 6000「RDNA 2」デスクトップ・グラフィックス・カード・ラインナップ:

グラフィック
カード名
GPU コード
ネーム
製造
プロセス
演算ユニット
数/コア数
メモリ容量
/ バス幅
メモリ
クロック
TGP希望小売価格発売日
Radeon RX
6950 XT
Navi 21 XTXH?7nm80 / 512016 GB /
256-bit
18 Gbps300W?$999 US+?2022年5月
Radeon RX
6900 XT LC
Navi 21 XTXH7nm80 / 512016 GB /
256-bit
18 Gbps330W$1199 US2021年7月
Radeon RX
6900 XTX
Navi 21 XTXH7nm80 / 512016 GB /
256-bit
16 Gbps300W$999 US2020年10月
Radeon RX
6900 XT
Navi 21 XTX7nm80 / 512016 GB /
256-bit
16 Gbps300W$999 US2020年10月
Radeon RX
6800 XT
Navi 21 XT7nm72 / 460816 GB /
256-bit
16 Gbps300W$649 US2020年10月
Radeon RX
6800
Navi 21 XL7nm60 / 384016 GB /
256-bit
16 Gbps250W$579 US2020年10月
Radeon RX
6750 XT
Navi 22 XT?7nm40 / 256012 GB /
192-bit
18 Gbps230W?$479-$499?2022年5月
Radeon RX
6700 XT
Navi 22 XT7nm40 / 256012 GB /
192-bit
16 Gbps230W$479 US2021年3月
Radeon RX
6650 XT
Navi 23 XT?7nm32 / 20488 GB /
128-bit
18 Gbps160W?$379-$399?2022年5月
Radeon RX
6600 XT
Navi 23 XT7nm32 / 20488 GB /
128-bit
16 Gbps160W$379 US2021年7月
Radeon RX
6600
Navi 23 XL7nm28 / 17928 GB /
128-bit
14 Gbps132W$329 US2021年10月
Radeon RX
6500 XT
Navi 24 XT6nm16 / 10244 GB /
64-bit
16 Gbps107W$199 US2022年1月
Radeon RX
6500
Navi 24 XL6nm12 / 768?4 GB /
64-bit
16 Gbps?不明$149 US?2022年4月
Radeon RX
6400
Navi 24 XL6nm12 / 7684 GB /
64-bit
16 Gbps53W$139 US?2022年1月

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 6950 XT, RX 6750 XT, RX 6650 XT ‘RDNA 2 Refresh’ Graphics Cards Being Advertised By Retailers Worldwide & Prior To Launch

 

 

 

解説:

RDNA2 Refleshが5/10に発売されますが、もうすでに世界のあちこちで事前の宣伝が始まっているようです。

リーク界隈では有名なPC21.frでは既に在庫があることが明示されており、事実上のフライング販売されているようですね。

ただし、価格はかなり高めです。

GPUはマイニング特需が始まってから、フライング販売、上乗せ価格、横流しが常態化しており、もはや誰もルールなんて守ってないのではないかと言う状況です。

次世代のGPUではこの状況が改善されることを祈ります。

ゲーマーにはたまったものではない状況ですね。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.