GPU情報

32個のXeコアを搭載したIntelのフラッグシップゲーミンググラフィックスカード「ARC Alchemist」が登場:NVIDIA RTX 3070 Tiと同等、最大2.1GHzのクロックを実現

投稿日:

Intel のフラッグシップ ARC Alchemist Gaming グラフィックカードの新しいエントリが SiSoftware Sandra データベース内で発見されました。

Intel ARC Alchemist Flagship Gaming Graphics Cardがリークされたベンチマークで発見される: NVIDIAのRTX 3070 Tiと同レベルの2.1GHzクロック

デスクトップPC向けグラフィックスカード「Intel ARC Alchemist」は、今後数カ月の間に発売が予定されています。

発売が近いにもかかわらず、Intelは製品のスペックや名称、性能に関する情報をあまり共有していないが、直近ではCES 2022でその機会が何度かあった。

その代わりに、Intelは、パートナーからの50以上のデスクトップとノートブックシステムが発売に向けて準備されることを発表することにした。

とはいえ、Xe-HPG アーキテクチャを採用した Intel のフラッグシップ グラフィック カード ARC Alchemist の新しいエントリが SiSoftware Sandra データベース内でリークされました。

今回流出したのは32 Xe SKU(DG2-512)で、4096 ALUと最大2.10 GHzのクロックを特徴とする。

L2キャッシュは4MBで、GPUは16GBのGDDR6メモリを搭載し、256bit幅のバスインターフェイスで構成されているようだ。

SANDRAではすでにARC A380のネーミングが登場しているが、正式なブランド名が付けられていないことを考えると、これがまだエンジニアリングサンプルであることは容易に見て取れる。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

性能面では、Intel ARC Alchemistフラッグシップグラフィックスカードが最大9017Mpix/sを記録し、NVIDIA GeForce RTX 3070 Tiの8369.51Mpix/sをわずかに上回った。

AMD Radeon RX 6800は同ベンチマークで10607.29Mpix/sを、Radeon RX 6700 XTは7910.91Mpix/sを記録しています。

Intel ARC A380は2956.10Mpix/sを記録した。

つまり、エントリーモデルのDG2-128よりも3倍以上高性能であり、4倍以上のコアを搭載していることを考えると、正しい結果であると言えます。

 

 

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

インテルのARC Alchemistグラフィックス・ラインアップについて現在わかっていることのすべて

Intelは、2022年第1四半期に発売するARC Alchemist GPUを少なくとも3つの構成で用意する予定です。

これらは、上位の512 EUダイをベースにした2つの構成と、128 EUダイをベースにした1つの構成になる予定だ。

リークで見えているGPUのコンフィギュレーションはもっとあるが、確認はできないものの、それらが将来の製品に採用される可能性はありそうだ。

では、まず最上位の構成から見ていこう。

Intel Xe-HPG 512 EU ARC Alchemist グラフィックスカード

Alchemist 512 EU (32 Xe Cores)の上位モデルは、今のところ1つのコンフィギュレーションしか掲載されておらず、4096コア、256ビットバスインターフェース、最大16GB GDDR6メモリを搭載し、16Gbpsクロックのフルダイを使用しますが、噂通り18Gbpsも否定はできません。

Alchemist 512 EUチップのサイズは約396mm2で、AMD RDNA 2やNVIDIA Ampereよりも大きくなると予想されています。

Alchemist -512 GPU は、37.5mm x 43mm の BGA-2660 パッケージで提供される予定です。

NVIDIAのAmpere GA104は392mm2なので、フラッグシップのAlchemistチップは同等のサイズであるのに対し、Navi 22 GPUは336mm2と約60mm2小さくなっていることになる。

これはチップの最終的なダイサイズではありませんが、非常に近いサイズになるはずです。

NVIDIAは、テンソルコアと非常に大きなRT/FP32コアをチップに詰め込み、AMD RDNA 2チップは、CUごとに1つのレイ・アクセラレータ・ユニットとInfinity Cacheを詰め込んでいます。

また、Intelは、レイトレーシングとAI支援スーパーサンプリング技術のためのAlchemist GPUを搭載した専用ハードウェアを用意する。

Xe-HPG Alchemist 512 EUチップは、約2.2~2.5GHzのクロックを備えていると示唆されているが、これが平均クロックなのか最大ブーストクロックなのかは不明である。

この場合、RX 6700 XT より 40% 多いが、NVIDIA RTX 3070 より 9% 少ない 18.5 TFLOPs FP32 Compute を提供することになる。

また、Intelの当初のTDP目標は225~250Wだったが、現在は275W程度に引き上げられたと記載されている。

Intelがさらにクロックを上げようとするならば、デュアル8ピンコネクタの300Wタイプも期待できる。いずれの場合も、最終的なモデルは8+6ピンコネクタ構成になると予想されます。

リファレンスモデルは、IntelがARCブランドの発表時に公開したドローンマーケティングショットに非常によく似た外観になる予定です。

このリファレンスデザインも、しばらく前にMLIDによってリークされました。

また、IntelのAIBパートナーによってカスタムラインナップが作られるという話もあるようです。

インテル ARC Alchemist vs NVIDIA GA104 & AMD Navi 22 GPU

グラフィック
カード名
Intel
ARC A780?
NVIDIA GeForce
RTX 3070 Ti
AMD Radeon
RX 6700 XT
GPU名Alchemist
DG-512
NVIDIA GA104AMD Navi 22
アーキテクチャーXe-HPGAmpereRDNA 2
製造プロセスTSMC 6nmSamsung 8nmTSMC 7nm
ダイサイズ~396mm2392mm2335mm2
FP32演算コア数32 Xe Cores48 SM Units40 Compute Units
FP32演算ユニット数409661442560
メモリバス幅256-bit256-bit192-bit
メモリ容量
・種類
16 GB GDDR68 GB GDDR6X16 GB GDDR6
発売時期2022Q12021Q22021Q1

ソース:wccftech - Intel’s Flagship ARC Alchemist Gaming Graphics Card With 32 Xe Cores Spotted: On Par With NVIDIA RTX 3070 Ti, Up To 2.1 GHz Clocks

 

 

 

解説:

Intel ARC Alchemist 最上位モデルはRTX3070TiとRTX3080の中間くらいの性能か?

有名リーカーのTUM_ASPISAK氏により、SandraのデータベースからDG2-512のベンチマークが発見されたようです。

それによると、RTX3070Tiより少し上程度の性能とのことで、RTX3080よりは下でしょう。

AlchemistはやはりRTX3090やRX6900XTとは勝負できる性能ではありません。

話が出てからなかなか発売されず、グズグズしていると今度はRTX4000シリーズやRX7000シリーズが出てしまいそうな勢いです。

リークが出ると、しばらく音沙汰が無くなり、しばらくするとまたリークが出て・・・の繰り返しでなかなか発売されません。

いい加減、そろそろ具体的な発売日が正式に告知されてもよいころだと思いますが・・・・。

最初に話が出始めていた2020年のAmpere発売前に出ていれば、衝撃的なGPUだったと思いますが、もはや遅きに失した感があります。

今となっては普通のミドルレンジGPUと言った性能です。

周回遅れになる前に急いで出した方が良いと思います。

これが産みの苦しみと言う奴なのかもしれませんが、第一世代の単体GPUを早く発売してしまうことが急務だと思います。

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.