GPU情報

Intel Arc Alchemist「グラフィックス・クロック」は、TDPに制約のある環境下でのワーストケースを表している

投稿日:

Intel Arc Alchemist モバイル "Graphics Clock" はゲームで簡単に2GHzを達成できるだろう

最初のIntel Arc GPUが発表されてから約1週間が経ちますが、まだいくつかの詳細が不明です。

以前はNVIDIAに勤務していたIntel Graphics Innovation FellowのTom Petersen氏は、Arc Alchemist モバイル GPUの発表を受け、現在メディアのインタビューに忙しく答えている。

5つのSKUのうち、2つのSKUを発売しただけで、それもまだ販売されているわけではない。

発売後、最も話題になったのは、Arc A-Series mobile GPUのGraphics Clockが比較的低いということだった。

それらは、AMDやNVIDIAのベースクロックと周波数的にはそれほど変わらないのだが、定義上は同じではない。

Intelが発表会で説明しなかったのは、このクロックがどこまで上がるのかということで、これが最大クロックなのではないかと思われましたが、幸いにもそうではありません。

Intel Arc A-Series Mobileのスペック、ソース:インテル

※ 画像をクリックすると、別Winodw・タブで拡大します。

 

HotHardwareのライブインタビューでPetersen氏は、Arcの「Graphics Clock」はAMDやNVIDIAの「Base Clock」とは比較にならないことを説明した。

このIntelのクロック指標は、TDPに制約のある環境で計測された平均クロックであると説明されている。

この値は、多数のチップを元に、Arcの各SKUごとに推定されている。

Petersen氏は、これは基本的にIntelがバッチで見た最も遅いクロックであると付け加えた。

例えば、Arc A370M SKUの場合、1550MHzのクロックは、ノートPCのデザインや、このチップの「Graphics Power」のバリエーションに関係なく、消費者が目にする最小の平均クロックであるとピーターセン氏は明言した。

この意味で、1550MHzのクロックは35WのSKU(NVIDIA Max-QやAMD RX 6000Sシリーズを想定)に適用され、50Wのバリエーションではより高くなることはほぼ間違いないだろう。

周波数もワークロードに依存し、Counter Strikeのようなゲームでは、ゲーマーは2GHz以上のGPUクロックを期待出来るとPetersenは説明する。

インテル ARC グラフィッククロック、ソース:インテル

※ 画像をクリックすると、別Winodw・タブで拡大します。

 

確認ですが、数日前、このGPU-Zのスクリーンショットが中国のソーシャルメディアに投稿されました。

ここで言えることは、GPU-Zの開発者に確認したところ、ここに表示されているArc A3530M GPUのGPUクロック2.2GHzは本物であるということだ。

当然ながら、メモリクロックは本物ではなく、これはまだ修正する必要があります(このソフトウェアはArc GPUの予備的なサポートしか持っていません)。

したがって、ゲーマーはArcのグラフィッククロックが低くても心配する必要はありません。

しかし、残念なのは、GPUの周波数に同様の定義を用いる代わりに、Intelのクロックは、少なくとも紙の上の生のスペックという点では、競合チップと技術的に比較できないことである。

これは、チップを並べて比較する際に、新たな混乱を招くことは間違いないでしょう。

しかし、デスクトップ用のアドインボードカードが登場すれば、これらの周波数はより意味を持ち、理解しやすくなるはずだ、とPetersen氏は言う。

デスクトップ用Arc GPUは、今夏に発売される予定だ。

参考:

ソース:Videocardz.com - Intel Arc Alchemist “Graphics Clock” represents the worst case in TDP-constrained environment

 

 

 

解説:

Alchemistのグラフィッククロックにはどんな意味があるのか?

Intelの第一世代ARC Alchemistのクロック表記には「グラフィック・クロック」と言う表記が使われています。

これは一体何を意味するのかと言う興味深い内容です。

デスクトップ版GPUの場合、

nVidiaはベースクロック、ブーストクロックと表記しています。

このうち、ベースクロックは負荷が低い場合のクロック、ブーストクロックは負荷が高くなった場合の最低保証値となっており、AIB各社の各モデルの冷却能力によっては、もっと高いクロックで動作します。

ここで、各社の個性が出てくるということになります。

AMDの場合、ベースクロック、ゲームクロック、ブーストクロックとなっており、ゲームクロックはゲームのように負荷時が長く続く場合の平均的動作クロック、ブーストクロックは負荷時の最高クロックです。

※間違っている場合はご指摘いただけると幸いです。

Intelのグラフィッククロックは最悪のケースを想定した平均クロックと言うよくわからない表現になっています。

ノートPCは筐体の設計やCPUの排熱によっても動作クロックが下がってしまう可能性があって、こういう兵家で問題ないのかなと私は感じます。

概ね「ベースクロックはもっと下だけど、最低限度ここまではクロックが上がりますよ」と言う解釈でよいのかなと思います。

ノートPCは機種や環境によって、設定されたクロックを下回って動作する可能性がありますので、こういう表記はなかなかわかりにくいところですね。

排熱や冷却に関してはかなり神経質なIntelの考え方が反映されている表記なのでしょうが、デスクトップ版が発売された時、どのような表記になり、実際の動作はどうなるのかと言うのは興味深いところです。

 

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.