GPU情報

Intelは16個のXe-Coreを持つ第3のArc GPUをリリースするかもしれない、Intel Graphics Compilerの新しいパッチが示唆する。

投稿日:

 

2048コアを搭載したIntel ACM-G12

Intelは、3番目のArc GPUを諦めていないようだ。オープンソースのIntel Graphics Compilerに、3つ目のまだリリースされていないArc GPUに特化したパッチが適用されたのだ。

先週、Intelは2つのArc Alchemistプロセッサを公式に確認した。

ACM-G10とACM-G11、これらはDG2 GPUシリーズの新しい(そして完全に不要な)名前です。

実際、Intel Arc Alchemist GPUは現時点で、DG2-G10、SOC1またはDG2-512などの多くの名前によって呼ばれている。

前者は、内部用GPU名と公開用GPU名のハイブリッドと思われ、IntelがLinuxソフトウェア開発で使っているものだ。

Intel A-シリーズ (Alchemist) GPU、ソース:Intel

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

3月中旬の報告によると、Intelはまだ3番目のSKU、DG2 256を計画しているかもしれません。

ノートPC向けにArc Alchemistが発表されたのと同じ日にリリースされたパッチで、Intel Graphics Compiler for OpenCLとUbuntu OSにそうした名称が登場した。

しかし、興味深いことに、この日は2つのA-Series GPUしか表示されず、第3のGPUが存在しないことが確認されたか、あるいはモバイルシリーズで使われているのはこれらのGPUだけである。

明らかに、Intel はまだ DG2 256 または ACM-G12 として知られている 3 番目の亜種の周り開発をしている、これはデスクトップ GPU (仕様がまだ Intel によって確認されなかった) またはおそらくワークステーション プロセッサであることを示唆、第3四半期に期待される。

Intel ACM-G12, ソース: Intel (Github)

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

IGCのエントリには、DG2-256とACM-G12の両方のコードネームが記載されています。

前者は、基本的に256 Execution Unit GPU(Xe Vector Enginesとも呼ばれる)であることが確認されている。

これは、8個のXeコアと2048個のFP32コアを意味し、フラッグシップGPUのACM-G10のちょうど半分となる。

まだ確定していないのはメモリバスのスペックで、GPUは128-bit幅のコントローラか192-bitのどちらかを搭載する可能性がある。

IntelがArc A-Series GPUのプレゼンテーションで、このGPUを省略した理由はよくわからないが、この部分は単に後から立ち上げると考えることもできるだろう。

SOC3の公開ソフトウェア開発は、明らかにほんの数週間前から始まっている。

インテル ARC Alchemist DG2 GPU

ACM-G10ACM-G12ACM-G11
別名SOC1/DG2-512
/DG2-G10
SOC3/DG2-256
/DG2-G12
SOC2/DG2-128
/DG2-G11
アーキテクチャーXe-HPGXe-HPGXe-HPG
製造プロセスTSMC N6TSMC N6TSMC N6
ダイサイズ406 mm²不明157 mm²
トランジスタ数217億不明72億
Xeコア数32168
Xeベクタエンジン数
/EU数
512256128
FP32演算
コア数
409620481024
最大メモリ容量 16GB GDDR6不明 8GB GDDR6
メモリバス幅 256-bit不明96
ArcシリーズA700 Desktop/
Laptop
A500 Laptop
A500 Desktop?A300 Laptop
A300 Desktop

ソース:wccftech - Intel might still release a third Arc GPU with 16 Xe-Cores, new patches for Intel Graphics Compiler suggest

 

 

 

解説:

Intel ARC Alchemistは第三のSoCを準備している?

Intelの単体GPU参入の第一世代製品であるARC Alchemistですが、ハイエンドのSoC1とローエンドのSoC2の存在が確認されていますが、当初から中間に位置するSoC3の存在が噂されていました。

結局、最終的な噂では2チップになるのではないかと言われていたのですが、どうもミドルレンジに位置する3番目のチップが存在するようです。

Githubにて公開されているIntel Graphics Compiler for OpenCLとUbuntu OSにそのような記述があったようですが、こちらの公開日がつい最近と言うことで、それまではそのような記述は存在していなかったようです。

TSMCのFabのリードタイムは6か月ほどと言われていますので、SoC2があるとすれば昨日、今日の話ではないのでしょうが、いきなり登場してくるというのは違和感のある話です。

SoC2はモバイル向けではないようですので、Alchemistを購入される予定の方、手に取る可能性があるかもしれません。

Alchemistを巡る一連のリークの出方を見ていると、初期製品を発売するというのは本当に大変だなと思います。

恐らく、第一世代の製品は長くても1年ほどしか販売されないと思いますが、最初の製品(モバイル向け)がロンチされ、Intelの担当部署もほっと一安心しているのではないかと思います。

携わった方にはお疲れ様でしたと言いたいです。

この成熟しきった市場であるGPUに新製品を出すというのはかなりの苦労ではないかと思います。・

残念ながら私は購入予定はないですが・・・(というか、買えません。)

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.