GPU情報

Intelの "すべての父 "Xe HP MCM GPUは、絶対的に巨大な3696mm²のパッケージで撮影された

投稿日:

我々はついに、Intelがそのラボで構築している絶対的に巨大なMCMベースのXe HP GPUを最初に垣間見ることができた。

パッケージとテストラボの意図的にダウンレザリングされた画像は、謎に包まれたジム・ケラーと一緒にインテルのチーフアーキテクトのラジャ・コドゥーリによってしばらく前にツイートされました。

baap of all "という言葉は、私たちが以前にラジャ氏から聞いたことがある言葉なので、すぐに点と点を結びつけることができました。

すべてのGPUの父は、ちょうどその最初の写真を撮影し、それは絶対的な怪物だ。

Intel Xe HPの「すべての父」MCM GPUは、ダイサイズの合計で2000mm²を簡単にヒットすることができ、16ビットのフロート機能を備えています。

2019年12月に戻って(これははるか昔のことのように思える)、Raja Koduri氏はバンガロールの彼の率いるチームが、世界最大級のシリコンを簡単に設計する上で「重要なマイルストーンを越えた」と次のようなツイートを発信した。

しかし、ここでの重要なポイントは、Raja氏がツイートの中で明確に述べているように、これがIntel Xe HP GPUであるということだ。

彼はこのGPUに、ヒンディー語/ウルドゥー語で「すべての父」を意味する「the baap of all」と命名した。

https://twitter.com/Rajaontheedge/status/1202393950771744768?ref_src=twsrc%5Etfw

翻訳

すべてXeのHPです - @intelのここのチーム

バンガロールは、簡単にインドで設計された最大のシリコンとどこでも最大の間であろうものへの旅に重要なマイルストーンを越えて祝った。チームはそれを "すべての父 "と呼んでいます。

数ヶ月後、彼は最近、パッケージと伝説のJim Kellerの写真を添付した以下のデッキをツイートしました。

画像のラジャの写真は、どんな詮索もできないようにセンスよく脱着されており、ジム・ケラーの写真も同じ理由で焦点深度が浅いのですが、実際のGPUパッケージの写真ははっきりとしています。

興味深いことに、パッケージにはLGA設計が採用されている。

これは単なるテスト用かもしれないし、エンタープライズ向けの実際の納入形態かもしれない。

X(Chi)は、結局のところ、Phiの次の文字である。

Raja氏はまた、Intel Xe HP GPU向けのこのツイートで16ビットフロートのサポートを確認している。

https://twitter.com/Rajaontheedge/status/1256123479826432000?ref_src=twsrc%5Etfw

翻訳

「すべての父」が帰ってきて、16bitフロートの戦場へ

カメラがほぼ完全に中央に配置されていて、便利なスケールリファレンスが与えられているという事実が、私は絶対に好きです。

それはほとんどラジャが私たちに物事を解明することを望んでいるかのようだ。

さて、信頼できるピクセルカウントアルゴリズムを起動して、単三電池(長さ49.2mm)の保守的な推定値を使用して、以下の推定値に到達しました(恒例の警告:遠近法と歪曲度の小さな偏差は、最終的な数値に大きな偏差をもたらす可能性があり、ここで与えられた数値は、単に初期の参照目的のためのものです)。

チップ全体の大きさは、我々の計算では3696mm²になります。

これは、長さが約2倍の単三電池1個分、幅が約53.6%と、2倍の単三電池よりも大きくなっています。

これにより、高さおよび幅がそれぞれ48.9mm x 75.6mmの見積もりになります。

また、ヒートスプレッダーの下の使用可能な面積も計算しました。これは、約2373mm²でした。

Intelがあまりきつくフィットしないと仮定すると、2000mm²のマークに当たる実際のシリコン表面積を簡単に確認できます。

これはそれまでの常識からかけ離れており、本当にすべての父になるでしょう。

[憶測]

Intelが2000mm²の完全なヒートスプレッダー面積を利用していると仮定すると(そして、彼らは簡単に今この制限の下にはるかにある可能性があることを念頭に置いてください)、我々はまた、タイルの大まかな見積もりを知ることができます。

現時点では、Intel Xe HPとIntelのPonte Vecchio GPUがどのように接続されているかは不明だが、もし2つが接続されているか、または類似しているなら、おそらく最大表面積を達成するために、500mm²のタイルが4枚か、250mm²のタイルが8枚かのどちらかになるだろう。

 

Ponte Vecchioは2021年に登場する予定で、7nmプロセスで構築される。

ソース:wccftech - Intel’s “Father Of All” Xe HP MCM GPU Pictured With An Absolutely Massive 3696mm² Package

 

解説:

最大3696mm2という巨大なGPUチップ

Intelの単体GPUであるXeはMCMを使い高いスケーラビリティを誇ることがリーク情報で伝えられてきましたが、なんと、今回、チップの面積が推定3696mm2という巨大な写真がリークしました。

初期製品というのはその製品にあった最適化が行われていないので、あまり性能が出ないのが普通です。

まあ、しかし、Xeのゲーマー用グレードのフラッグシップは、最低でもRTX2080以上の性能になるのではないかと思います。

ただし、Vegaのように演算性能だけはすごいけど、ゲーム用としてみると微妙であまりフレームレートが出ないという可能性もあります。

私が初期製品に否定的なのはこういった事情もいります。

Intelは確かにすごい企業なのですが、やはり今まで全くノウハウのない単体GPUをいきなり出してnVidiaとAMDと互角に戦えるほうが異常です。

まあ、Xeが言われている通りの性能を発揮するならば、そうなる可能性も無くはないです。

こういう迂遠な表現を使うのは、やはりどこかで疑っているところがあるからですね。

AIBがIntelの誘いに乗らなかったという事情もあり、製品の全体的な品質や安定性にも不安が残ります。

最初にXeのゲーム向け高性能版を購入予定の方は人柱的な覚悟をしておいたほうが良いと思います。

最近で言えば、nVidiaの「XO病」が記憶に新しいです。

実際今の出荷品でもまれに「XO病」が発生しているようです。

もしRTX3000シリーズでも「XO病」が発生するようであれば、当サイトはメーカーサイドに立って物は言えないかなと思います。

国内代理店の方がこの記事を見ていらっしゃったら、nVidiaとすべての不良品を交換する体制を築いてほしいです。

前科がありますので、批判は必須です。

15万円以上20万円近くする高額製品ですから、売ったら終わりでは困りますし、炎上は確実です。

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.