GPU情報

AMD RadeonおよびNVIDIA GeForceグラフィックスカードは、希望小売価格の2倍の価格で販売されており、GPUの価格はすぐには改善されない

投稿日:

2021年も残りわずかとなりましたが、AMD RadeonとNVIDIA GeForceのグラフィックカードのGPU価格は、これまで以上に上昇しています。

300%以上のインフレのピークに達した後、グラフィックカード市場は軌道修正に入っていましたが、最近の暗号通貨需要と技術部品の不足により、価格は徐々に上昇し、現在は希望小売価格の200%となっており、2022年も状況が良くなるとは思えません。

AMD RadeonとNVIDIA GeForceグラフィックスカードの価格はまだ悪いが、GPUの入手状況は2021年の初めに比べてわずかに良くなっている

前回のレポートでは、NVIDIA GeForceグラフィックスカードは88%、AMD Radeonグラフィックスカードは希望小売価格の101%となっていました。

しかし、暗号が再び盛り上がりを見せていることや、チップの不足が2022年いっぱい続くとする企業幹部の発言が最近すべて確認されていることから、状況は悪化しています。

以下は、3DCenterのチャートで、GPUの価格とETHの価格ヒストグラムを示しています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

https://twitter.com/3DCenter_org/status/1462682761085341707?ref_src=twsrc%5Etfw

翻訳

2021年11月21日グラフィックカードの価格

入手性はまだ大丈夫(変化なし)。しかし、6800無印を除いて、ほとんどのカードの価格が再び上昇しています。RDNA2は希望小売価格の90%増、Ampereは希望小売価格の95%増となっています。

追記:チャートにETHの価格が含まれるようになりました。

10月と比較すると、NVIDIA製グラフィックスカードは95%(対88%)、AMD製グラフィックスカードは90%(対101%)となっています。

わずかな上昇ではありますが、NVIDIAの下落傾向を打ち破り、2021年7月以降では最大の価格上昇となっています。

この傾向は、価格が6ヶ月間の最高値にもなっており、誰も現在の価格状況を修正することはできませんが、10月に比べて今月は全体的にグラフィックカードの入手状況が少し良くなったようです。

AMD Radeon RX 6000シリーズグラフィックスカードの価格(RDNA 2 GPU) 3DCenterより:

小売業者名RX6600RX6600XTRX6700XTRX6800RX6800XTRX6900XT
Curmudgeon€ 579-713€ 649-1099€ 889-12601299-1598 €1399-1690 €1529-1853 €
Alternate€ 599-639€ 669-819€ 989-11591299 €1399-1569 €1549-2049 €
CasekingN/AN/A€ 889-941N/A1411-1538 €1619-1789 €
Computer Universe€ 544N/AN/A1259 €N/A1427-1706 €
EquipprN/AN/AN/AN/AN/AN/A
Galaxus€ 626€ 703-900€ 963-1258N/AN/A1623-1852 €
Hardwarecamp24619-629 €€ 6991019 €N/A1499 €1629 €
Mindfactory€ 579-599€ 649-900979 €N/A1399-1449 €1529-1699 €
Notebook cheaper€ 609-629€ 699-749N/A1399 €1449-1499 €1549-1849 €
ProShop690 €N/AN/AN/AN/A1549-1904 €
希望小売価格339 €€ 380€ 479€ 579€ 649999 €
上乗せ+ 60%より+ 71%より+ 86%より+ 117%より+ 116%より+ 43%より
10/31から
の変化
+ 1pp+ 8pp-10PP-42PP+ 8pp+ 3pp
入手性333234
※ 入手性は5段階評価。1が最も入手しずらく、5が最も入手しやすい

Big Navi RX 6800シリーズも希望小売価格の117%と最も高い価格設定となっています。

1080pメインストリームセグメントを対象としたRadeon RX 6700 XTも希望小売価格の86%増、6600 XTは希望小売価格の71%増、XT以外のモデルは希望小売価格の60%増となっています。

Radeon RX 6800、Radeon RX 6800 XT、Radeon RX 6600 XT、GeForce RTX 3070 Ti、RTX 3080 & RTX 3090などの特定のSKUは入手困難な状態です。

AMD Radeon RX 6800 (無印) は、今最も入手困難なカードなので、もう存在しないも同然です。

NVIDIA GeForce RTX 30シリーズグラフィックスカードの価格(Ampere GPU) 3DCenterより:

小売業者名RTX3060RTX3060TiRTX3070RTX3070TiRTX3080RTX3080TiRTX3090
Curmudgeon€ 719-1127€ 799-1067€ 989-17991179-1449 €1449-1999 €1859-2399 €€ 2799-3569
AlternateN/A€ 889-939€ 989-1199€ 1199-12491549-1679 €1949-2099 €2929 €
CasekingN/A€ 991-10561348 €N/A1720 €2046-2461 €3211 €
Computer UniverseN/AN/AN/AN/AN/AN/AN/A
EquipprN/AN/AN/AN/AN/AN/AN/A
Galaxus€ 873-1280946-1199 €1114-1197 €1299-1730 €1779-1811 €1809-2361 €€ 3,089
Hardwarecamp24€ 709N/A1129 €N/A1469 €1929 €N/A
MindfactoryN/A€ 799-839€ 989-1129N/A1449 €1879 €N/A
Notebook cheaper€ 699-749€ 829-8791199 €1199-1229 €1499-1599 €1899 €€ 2799-2999
ProShopN/AN/AN/AN/AN/AN/AN/A
希望小売価格€ 329€ 419€ 519€ 619€ 7191199 €1549 €
上乗せ+ 112%より+ 91%より+ 91%より+ 90%より+ 102%より+ 51%より+ 81%より
10/31から
の変化
± 0+ 19pp+ 6pp+ 29pp+ 7pp+ 13pp+ 7pp
入手性3443343
※ 入手性は5段階評価。1が最も入手しずらく、5が最も入手しやすい

LHRシリーズに注目が集まったことで、マイナーの関心はNVIDIA GeForce RTX 3090シリーズに移ったようで、様々な手段で限界を突破したものの、3090はLHR以外のGeForceカードの中で最も高いハッシュレートを提供し続けています。

とはいえ、「GeForce RTX 3080 Ti」の価格は希望小売価格の51%増しとなっており、NVIDIA GeForce RTX 30シリーズのカードの中では最も低い価格となっています。

3DCenterに加えて、HardwareUnboxedは、NVIDIA GeForceとAMD Radeonのグラフィックスカードの米国での価格を示す新しいビデオを公開しました。

様々な小売店によると、GeForce GPUの小売価格は、RTX 3080、RTX 3070、RTX 3060 Tiが悪く、平均113%の希望小売価格を超えており、一方、AMD Radeon GPUの小売価格は、平均100%の希望小売価格を超えており、前月に比べて9%の値上げとなっています。

AMD RadeonグラフィックスカードとGPUの価格 - 2021年11月 (Hardware Unboxedより):

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

NVIDIA GeForceグラフィックスカードとGPUの価格 - 2021年11月 (vHardware Unboxedより):

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

価格の内訳は、以下のビデオでご覧いただけます:

現在、すべての報告書は2023年の正常化を目指しており、それ以前に奇跡を期待してはいけない。今後数ヶ月のうちに新しいGPUの発売が予定されているので、価格は高くならないまでも同程度になるだろう。

ソース:wccftech - AMD Radeon & NVIDIA GeForce Graphics Cards Are Still Twice As Expensive As Their MSRP & GPU Prices Aren’t Going To Get Better Any Time Soon

 

 

 

解説:

GPU価格は上昇傾向だが、ここにきてRadeonが下がり、Geforceが上がる。

GPUは価格は7月に底を打ってからずっと上昇し続けていますが、11月はRadeonが下がり、Geforceが上がったようです。

Geforceが上がったのはクリスマス需要なのかなと思いますが、Radeonが下がったのはちょっと理由がわかりません。

半導体の部材で最も不足していると言われているサブストレートの工場は来年から今まで投資された分で工場を拡大し、増産されるとされていますが、この問題が解決するのは2025年とも言われています。

それまではマイニングで急増したGPU需要は満たせないので上昇傾向は続いていくかもしれませんね。

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.