CPU情報

インテル Core i9-12900KS 5.5GHz CPU、発売に先駆けて最初の顧客に出荷され、カメラに向かって笑顔を見せる

投稿日:

インテルの次期CPU「Core i9-12900KS 5.5GHz」が、発売に先駆けて最初の顧客に出荷されたことが明らかになった。

米国の小売業者であるBottom Line Telecommunicationsが、このチップをWebサイトに掲載して販売していることが報じられた。

Intel Core i9-12900KS 5.5 GHz CPUが正式発売前に最初の顧客の手元に届く

これは、インテルのフラッグシップ・プロセッサー「Core i9-12900KS」の正式発売前の初回ロットの出荷が送られたものと思われる。

販売元は販売ページを削除してしまいましたが、デジタルクリエイターDAGINATSUKOはこのチップを購入することに成功しました。

写真から、これはIntel Core i9-12900KSの初期ロットのCPUで、OPNコードはSRLDDであり、このCPUはまだAVX-512命令をサポートしていることがわかります。

読者は、AVX-512命令が、システム上の設定を変更することによって、有効にできることを覚えているだろう。

Intelは、同社がチップの命令を融合し、今後のロットでこれ以上のオーバークロックをブロックすることを公式に定めている。

現在、このプロセッサーの正確な価格は不明だが、同サイトが掲載を取りやめる前、790ドル近い価格であることをお伝えしていた。

販売停止までに消費者の手に渡ったプロセッサは2つだけという話もある。

Intel Core i9-12900KSは、第12世代Alder LakeデスクトップCPUのラインアップの中で、同社のプレミアムチップである。Golden Coveコア8個とGracemontコア8個の合計16コア(8+8)、24スレッド(16+8)を搭載しているのが特徴です。

Pコア(Golden Cove)は1~2コアのアクティブ時に最大5.5GHz、全コアアクティブ時に最大5.2GHz、Eコア(Gracemont)は1~4コアで3.90GHz、全コア搭載時に最大3.7GHzで動作する最大ブースト周波数となります。

CPUには30MBのL3キャッシュが搭載される。性能面では、シングルスレッドで最大5%、マルチスレッドで最大10%の向上が期待される。

Intelは、今年初めのCES 2022から、このプロセッサについて繰り返し示唆してきましたが、チップの具体的な発売時期を示すことはありませんでした。

しかし、AMDが来月20日にRyzen 7 5800X3Dをリリースするため、Intelは市場に競争力をつけるために、このプロセッサを同時にリリースする可能性があります。

インテル第12世代Alder LakeデスクトップCPUのスペック "速報版"

CPU名Pコア数Eコア数全コア/
スレッド数
Pコア ベース /
ブースト (最大)
Pコアブースト
(全コア)
Eコア ベース /
ブースト
Eコアブースト
(全コア)
L3キャッシュTDP (PL1)TDP (PL2)予想
小売価格
Core i9-
12900KS
8816 / 243.2 / 5.5 GHz5.2 GHz2.4 / 3.9 GHz3.7 GHz30 MB150W260W$750 US
程度?
Core i9-
12900K
8816 / 243.2 / 5.3 GHz5.0 GHz
(全コア)
2.4 / 3.9 GHz3.7 GHz
(全コア)
30 MB125W241W$599 US
Core i9-
12900
8816 / 242.4 / 5.2 GHz4.9 GHz
(全コア)
未確認未確認30 MB65W~200W$509 US
Core i9-
12900T
8816 / 24未確認 /
4.9 GHz
未確認未確認未確認30 MB35W未確認未確認
Core i7-
12700K
8412 / 203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz
(全コア)
2.7 / 3.8 GHz3.6 GHz
(全コア)
25 MB125W190W$429 US
Core i7-
12700
8412 / 202.1/ 4.9 GHz4.6 GHz
(全コア)
未確認未確認25 MB65W~200W$359 US
Core i7-
12700T
8412 / 20未確認 /
4.7 GHz
未確認未確認未確認25 MB35W未確認未確認
Core i5-
12600K
6410 / 163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz
(全コア)
2.8 / 3.6 GHz3.4 GHz
(全コア)
20 MB125W150W$279 US
Core i5-
12600
606 / 123.3 / 4.8 GHz4.4GHz
(全コア)
未確認未確認18 MB65W~200W$249 US
Core i5-
12600T
606 / 12未確認 /
4.6 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i5
-12500
606 / 123.0 /
4.6 GHz
未確認未確認未確認18 MB65W未確認未確認
Core i5
-12500T
606 / 12未確認 /
4.4 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i5-
12400
606 / 122.5 / 4.4 GHz未確認未確認未確認18 MB65W~200W$210
$180(F)
Core i5-
12400T
606 / 12未確認 /
4.2 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i3-
12300
404 / 82.5 / 4.4 GHz未確認未確認未確認12 MB60W
58W(F)
~100W未確認
Core i3-
12200T
404 / 8未確認 /
4.2 GHz
未確認未確認未確認12 MB35W未確認未確認
Core i3-
12100
404 / 83.3 /
4.3 GHz
未確認未確認未確認12 MB60W
58W(F)
~100W$140
$110
Core i3-
12100T
404 / 8未確認 /
4.1 GHz
未確認未確認未確認12 MB35W無し未確認
Intel Pentium
G7400
202 / 43.7 GHzN/AN/AN/A6 MB46W無し$80 US
Intel Celeron
G6900
202 / 43.4 GHzN/AN/AN/A4 MB46W無し$60 US

ソース:wccftech - Intel Core i9-12900KS 5.5 GHz CPU Smiles For The Camera As It’s Shipped To First Customer Ahead of Launch

 

 

 

解説:

Core i9-12900KSが正式発売前に顧客のもとに届く。

所謂フライングゲットと言う奴ですが、無事に手に入れることができた幸運な人がいたようです。

価格もほぼプレミアの付いていないメーカー希望小売価格(リストプライス)近い価格で、本当に運が良い人と言った感じです。

Intel大攻勢が始まる中、AMDは中・低価格帯のモデルを拡充して備えています。

本来、Core i9-12900KSはRyzen 9 5900X3DやRyzen 9 5950X3Dと言った実際には存在しない製品との対戦を想定してリリースされたモデルでしょう。

しかし、実際にはRyzen 7 580X3Dしか発売されないことが決まっていますので、Core i9-12900KSには事実上ライバルが存在しません。

暫くはフラックシップとして君臨し続けるでしょう。

次のRaptorLakeでここまで無理するかどうか(無理する必要があるかどうか)わかりませんので、そう言う意味でも存在感のあるモデルだと思います。

私の興味は既にZen4とRaptorLakeの対決に移っていますが、「AlderLakeでいいや」と考えているファンにとっては魅力的な選択肢の一つだと思います。

正直、Eコアは実質的に4コアもあれば十分だと思うので、Raptorlakeまで待てないという方はAlderlakeを買っても後悔はしないと思います。

 

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

K無しロックモデル(OC不可)

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.