GPU情報

次世代アップスケーリング技術「AMD FSR 2.0」を近日公開。あらゆるベンダーのGPUで動作し、優れたパフォーマンスと画質を実現

投稿日:

2021年6月、AMDはNVIDIAのアップスケーリング技術DLSSに対する回答として、FSR「FidelityFX Super Resolution」を発表しました。そして今、同社は次世代技術「FSR 2.0」を本当に間もなく発表すると噂されています。

AMD FSR 2.0は、印象的なパフォーマンス、印象的な画質とすべてのベンダーのGPUをサポートし、まもなく登場します

この新情報は、CapFrameXの開発者が、AMDが既に内部でテスト映像を公開している可能性があり、それが非常に印象的であることを報告したものです。

要約すると、AMDのFSR技術は、RDNA GPUに搭載されたコンピュートコアのみで動作し、AIの支援を必要としないため、NVIDIAのDLSSやIntelのXeSS技術とは異なるということです。

また、AMD FSRテクノロジーは、よりオープンソース的であり、比較的容易にゲームに組み込むことができる。

https://twitter.com/CapFrameX/status/1502375332829188097?ref_src=twsrc%5Etfw

AMDには、すべてのゲームで動作し、ゲームエンジンがサポートするために開発者の注入を必要としないRadeon超解像「RSR」技術もあります。

AMDは、FSRとRSRの両方から学んだことを活かして、次世代機ではFSRのコードに新たな拡張を加えることになるだろう。

AMD FSR 2.0テクノロジーでは、以下のような機能が挙げられている。

  • テンポラル・アップスケーリング+最適化されたAA
  • AIを必要としない
  • すべてのベンダーのGPUで動作
  • 印象的なパフォーマンスと画質
  • AMDは、ネイティブよりも良い結果が得られるとさえ主張しています。

AMD FSR 2.0に導入されているテンポラル・アップスケーリングと最適化されたAA方式は、画質と性能をさらに向上させるために活用されるでしょう。

CapFrameXは、パフォーマンスと画質が「印象的」であると述べている。

また、この技術は、すべてのベンダーのGPUに適応されますが、これがすべてのGPUを意味するのか、それとも最新のものだけを意味するのかはわかりません。

IntelのXeSSのアプローチも非常に似ており、すべてのベンダーのGPUで動作可能であるため、レッドチームが発表会で強調するのはこの点だろう。

最後に、AMDはFSR 2.0の画質がネイティブ解像度よりも優れていると言っていますが、これはかなりの大風呂敷であり、我々はこの新技術が実際に動作するのを見るのが待ち遠しいです。

AMDのFSR 2.0技術は、近々発表されると言われており、その公開時期としてはGDC 2022を考えるしかない。

AMDは確かにGDCに参加する予定で、すでに3月24日(日本時間午後4時)に予定されているイベント中のセッションとして「Next-Generation Image Upscaling for Games」を予告しているので、イベント中にFSR 2.0の詳細を聞くことができる可能性がある。

繰り返しになるが、この技術は発表されただけで公開されたわけではなく、AMDがドライバアップデートでこの技術を提供するまでに数カ月かかると言われており、おそらく次世代GPU「RDNA 3」の発売前か発売中になる可能性がある。

ソース:wccftech - AMD FSR 2.0 Next-Gen Upscaling Technology Coming Soon: Features Impressive Performance & Image Quality, Runs on GPUs From All Vendors

 

 

 

解説:

悲報、AMDさんFSR2.0にもAI技術を使わないことを決めてしまう

  • テンポラル・アップスケーリング+最適化されたAA
  • AIを必要としない
  • すべてのベンダーのGPUで動作
  • 印象的なパフォーマンスと画質
  • AMDは、ネイティブよりも良い結果が得られるとさえ主張しています。

このような特徴があるようです。

テンポラル・アップスケーリングが何ものなのかちょっとわかりかねますが、基本的にはアルゴリズム補正の一種なのではないかと思います。

TensorコアのようなAIアクセラレーターは必要ないようですので、RDNA3にもTensorコア相当の演算器は積まないということなのでしょうね。

AMDのFSRは旧世代のモデルも含めて、内臓GPUのような規模の小さなGPUにも恩恵がある路線を徹底的に突き進むようです。

AI関連の技術はHPC向けのAMD Instinct MIシリーズでキッチリ路線を分けてやっていますが、AMDはゲーム向けGPUにTensorコア相当の演算器を搭載するつもりはないのでしょうか。

AI関連の技術をゲーム向けにも積極的に活用していくnvidiaやIntelとは対照的です。

1社だけ取り残されなければよいなと思います。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.