GPU情報

AMD、Radeon RX 6950 XT、RX 6750 XT、RX 6650 XT RDNA 2 Refresh グラフィックスカードを4月20日に発表。18Gbps、ブラックエディションのリファレンスデザイン

更新日:

AMDのRadeon RX 6000「RDNA 2 Refresh」グラフィックスカードのラインナップは、RX 6950 XT、RX 6750 XT、RX 6650 XTを含み、現在4月20日に発売される予定となっています。

さらに、このグラフィックスカードは、ミッドナイトブラックエディションのリファレンスバリアントが採用されるとの情報もありますが、その発売はまだ確認されていません。

AMDのRadeon RX 6950 XT、RX 6750 XT、RX 6650 XTは4月20日に発売され、ミッドナイトブラックリファレンスモデルが発売されると言われている。

AMDのミッドナイトブラックエディショングラフィックスカードは、Radeon RX 6800 XTで初めて紹介され、そのプレミアムなデザインから、多くのゲーマーが同じデザインを使用するためにさらなるバリエーションを求めています。

現在、Greymon55によって、カードはミッドナイトブラックエディションのリファレンスデザインを取得することが報告されているが、小売業界でそのようなカードが出るのかどうかは、現在疑問視されている。

最初の発売時に限定的なリリースが予定されているようですが、AMDは主にAIBパートナーからのカスタムモデルに注力することになるのでしょう。

AMD Radeon RX 6000 XT RDNA 2 グラフィックスカード リフレッシュ版

AMD Navi 21、Navi 22、Navi 23 GPUは、次期Radeon RX 6X50 XTのラインアップのためにリフレッシュされるGPUです。

AMD Navi 21 GPUは、現在、Radeon RX 6900 XT、RX 6800 XTおよびRX 6800を、Navi 22 GPUはRX 6700 XTを、Navi 23 GPUはRX 6600 XTおよび6600を搭載しているデスクトッププラットフォーム向けGPUです。これらのグラフィックスカードは、18Gbpsのメモリを搭載し、クロックも強化されます。

 

以前の噂で、これらのカードは18Gbps GDDR6メモリ・ダイを搭載することが分かっています。

現在、次期RX 6500 XTとフラッグシップのRX 6900 XT LCを除くすべてのカードは、16Gbpsのメモリ・ダイを搭載しています。

18Gbpsになることで、帯域幅が広がり、パフォーマンスが2~5%向上するかもしれませんが、リフレッシュシリーズとの大きな違いを示すものではありません。

RX 6950 XTのクロックが2.5GHzを超えるという噂を聞いているので、新しいRDNA 2リフレッシュGPUには、明らかに何らかのプロセス強化が盛り込まれているはずだ。

AMDが既存のデスクトップ用GPUに6nm処理を施し、より高い性能効率を引き出すことに成功したのであれば、それは価値のあることでしたが、明らかにそうではありません。

このソフトリフレッシュは、非常に静かなリリースになりそうで、特にAIBカードを通じてのみ提供されることになりそうです。

また、価格差もわずかでしょうし、より高速なメモリチップの追加により、TGPの数値も若干上がることが予想されます。

これらのGPUは、数カ月後に発売されるIntelのハイエンドGPU「ARC Alchemist」と競合する可能性が高い一方、Radeon RX 6950 XTフラッグシップは、現在3月末に発売が予定されているNVIDIAのRTX 3090 Tiグラフィックスカードに明らかに狙いを定めているといえるだろう。

以下の表は、AMDが現在提供しているすべてのRDNA 2グラフィックス・カードを示しています。

AMD Radeon RX 6000「RDNA 2」デスクトップ・グラフィックス・カード・ラインナップ:

グラフィックス
カード名
GPU
コードネーム
製造
プロセス
演算ユニット数
/コア数
メモリ容量
/バス幅
メモリ
クロック
TGP希望
小売価格
発売時期
Radeon RX
6950 XT
Navi 21 XTXH?7nm80 / 512016 GB / 256-bit18 Gbps300W?$999 US?2022/4
Radeon RX
6900 XT LC
Navi 21 XTXH7nm80 / 512016 GB / 256-bit18 Gbps330W$1199 US2021/1
Radeon RX
6900 XTX
Navi 21 XTXH7nm80 / 512016 GB / 256-bit16 Gbps300W$999 US2020/10
Radeon RX
6900 XT
Navi 21 XTX7nm80 / 512016 GB / 256-bit16 Gbps300W$999 US2020/10
Radeon RX
6800 XT
Navi 21 XT7nm72 / 460816 GB / 256-bit16 Gbps300W$649 US2020/10
Radeon RX
6800
Navi 21 XL7nm60 / 384016 GB / 256-bit16 Gbps250W$579 US2020/10
Radeon RX
6750 XT
Navi 22 XT7nm40 / 256012 GB / 192-bit18 Gbps230W$479 US?2022/4
Radeon RX
6700 XT
Navi 22 XT7nm40 / 256012 GB / 192-bit16 Gbps230W$479 US2021/3
Radeon RX
6650 XT
Navi23 XT?7nm32/204812GB / 192-bit18 Gbps160W?$370 US?2022/4
Radeon RX
6600 XT
Navi 23 XT7nm32 / 20488 GB / 128-bit16 Gbps160W$379 US2021/7
Radeon RX
6600
Navi 23 XL7nm28 / 17928 GB / 128-bit14 Gbps132W$329 US2021/10
Radeon RX
6500 XT
Navi 24 XT6nm16 / 10244 GB / 64-bit16 Gbps107W$199 US2022/1
Radeon RX
6500
Navi 24 XL6nm12 / 768?4 GB / 64-bit16 Gbps?TBD$149 US?2022?
Radeon RX
6400
Navi 24 XL6nm12 / 7684 GB / 64-bit16 Gbps53W$139 US?2022/1

ソース:wccftech - AMD To Unveil Radeon RX 6950 XT, RX 6750 XT, RX 6650 XT RDNA 2 Refresh Graphics Cards on 20th April: 18 Gbps, Black Edition Reference Designs

 

 

 

解説:

RDNA2 Refleshがいよいよ登場か?

RX 6950XT、RX6750XT、RX6650XTの3種が4/20に発売になるようです。

一時期はRX6950XTのみとか時期を合わせずに順次発売されるのではないかという観測も飛んでいましたが、一気に発売されるようですね。

次世代GPUの話も徐々に具体的になる中、一気に発売されるのは喜ばしいことだと思います。

ローンチはあんまり派手にやらずに静かにやるようです。

リファレンスモデルは写真のブラックエディションを採用してプレミアム感を出したいようですが、記事中にもありますが、RDNA2と同じく、AIBカスタムモデルが中心になると考えられているようです。

RadeonVIIでリファレンスモデルしか出なかったのとは対照的と言ってもよいと思います。

RDNA2になってから、Geforceにキチンと対抗できるラインナップになったのは喜ばしいことです。

RDNA3ではぜひともスケジュール通りにGPUを発売し、1年後にRefleshもスマートに発売してほしいところです。

コロナによる工場の乱れや輸送の乱れもありますが、予測が出来るようなスケジュール通りに発売するのはやはり安心感があります。

 

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.