GPU情報

96のExecution Unitsを備えたIntel Gen 12 GPUがCompubenchで頭角を現します

投稿日:

インテルの今後のGen12 iGPUソリューションは、10年で統合グラフィックステクノロジーのIntelの最大のアーキテクチャの変化を正々堂々と宣伝しています。

たとえば、各実行ユニットは、レジスタの読み取りと書き込みの間でデータの一貫性を保証する必要があるという追加の作業負荷から解放されます-その作業は、再加工されたコンパイラーに引き渡されるため、三角形の処理に費やすことができるサイクルを解放します。

ただし、もちろん、実行ユニットの数を増やすだけで、設計を大幅にやり直すことなくGPUのパフォーマンスを向上させる簡単な方法があります(AMDとNVIDIAが何度も何度も見せてくれたように)。

そして、IntelはGen12でも同様のことを行う準備ができているようです。

未確認のIntel Gen12 iGPUがCompuBenchでベンチマークされ、レポートには実行ユニットの数-96、これまでのIntelの最も強力なiGPUであるIris Pro P580、および72 EUを大幅に上回るなど、興味深い情報が含まれています 、消費者市場のUHD 630と24のEUから遠く離れています。

ベンチマークされたGen12 iGPUは、Intelの最高パフォーマンスiGPUと比較してEUカウントを33%増加させます-「広範なアーキテクチャのリワーク」によりパフォーマンスが向上し、約40%を達成するIntel iGPUパーツ(投機的 )現在の最高のパフォーマンスよりも優れています。

デバイスは1.1 GHzでクロックで、Iris Pro P580も最適なブースト条件の下でその最大クロックまで上昇しました。

次世代のインテルが私たちのために用意しているものを見てみましょう。

ソース:techpowerup - Intel Gen12 iGPU With 96 Execution Units Rears Its Head in Compubench

 

解説:

CPU以外は割と順調なIntel

最新プロセスの移行に苦しみ、CPUの分野では後れを取っていますが、それ以外の分野では割と順調なIntelです。

内臓GPUのGen12に関して、新しい話が出てきました。

それまでで最大だった内臓GPUの実行ユニット数を72EUから96EUに大幅に増やしたようです。

知っての通り、GPUは極端に並列化が進んでいる製品であり、コア数を増やしていくだけで性能を右肩上がりに向上させることのできる製品です。

Xeもこの実行ユニットの数をそのまま増やした製品になりますが、Gen12のiGPUはほぼAMDの内臓GPUと同じ性能をたたき出しており、あとはメモリの速度が足を引っ張るのでそれ以上は性能を上げても意味がないというところまで到達しています。

※ AMDのAPU製品もメモリの速度が上がると性能が上がります。

よって、Intelの単体GPUの第一世代Xeもかなり期待できる性能になるのではないかと私は思っています。

第一世代Xeは現在のRTX2080(もしくはSuper)程度の性能を5-6万円くらいの価格で提供してくれるのではないかと期待しています。(今までのうわさからの単なる推測ですので、その旨お断りしておきます。)

実績がありませんので出てみないとわかりませんが、Gen12のiGPUの性能を見ると、すでに一定レベルの性能はクリアしているように感じます。

今のnVidia製品が高くなりすぎてしまったことへに対してのカウンターの期待込ですが、案外数年後はIntelのGPUが一番普及しているなんてこともあるかもしれません。(笑

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.