CPU情報

AMD Ryzen 7 5800X3D CPU の写真が公開、リーカーは次期 3D V-Cache チップに「オーバークロックのサポートはない」と明言

投稿日:

AMDのRyzen 7 5800X3D CPUのサンプルが出回っていますが、そんなサンプルの所有者が最初の写真を流出させたようです。

AMD Ryzen 7 5800X3D CPUがリークされるも、オーバークロックのサポートはないと報告される

写真の大部分とOPNコードはぼかされていますが、最初のAMD Ryzen 7 5800X3Dチップが野放しになっているようです。

興味深いのは、この写真を投稿したリーカーは、オーバークロックのサポートは対応しないとも述べていることです。

理由はいくつかありますが、すでに分かっているのは、AMDが最初の3D V-Cacheチップで64MBの追加キャッシュをサポートするために、いくつかのトレードオフを行わなければならなかったということです。

そのトレードオフとは、X3Dチップの低クロック化だが、キャッシュダイの下にあるCCDからの発熱が悪影響を及ぼし、オーバークロックした場合にはチップを破壊してしまう可能性があるようだ。

さて、これは現時点では私の方からの憶測ですが、Ryzen 7 5800X3D CPUでオーバークロックが除外されていることの説明としては、これが最も可能性が高いと思います。

もう1つの可能性は、このリーク者が入手したエンジニアリング・サンプルで、オーバークロックが有効になっていない可能性です。

周波数も重要ですが、どのプロセッサーも、どのゲームも、常にトレードオフとボトルネックの緩和の連続です。私たちのアーキテクチャでは、4.5~5GHzの範囲であれば、メモリを大量に搭載しても4~5で十分で、もう周波数の制限はなく、その周波数を狙うために何かをあきらめることもありません。そのため、周波数を少し下げ、熱を下げ、冷却しやすくして、トランジスタ密度と熱密度が高くなる大きなキャッシュの塊を上に載せることができるのです。

ロバート・ハロック(AMDテクニカルマーケティング責任者)PCWorldより

AMD Ryzen 7 5800X3D CPU - 世界初の3D V-Cache搭載チップ

AMD Ryzen 7 5800X3Dは、7nm Zen 3コア・アーキテクチャに基づく3D V-Cacheを搭載した最初で唯一のチップとなります。このCPUは、8コア、16スレッド、64MBの3D Stacked SRAM設計を追加することで100MBの複合キャッシュを提供する予定です。

クロックはベース3.4GHz、ブースト4.5GHzで、TDPは105Wとなる。

価格については、CPUは5800Xと同じ希望小売価格449ドルで、非3Dチップは399ドルかそれ以下に値下げされることになります。

この価格設定は、5800X3Dを、より多くのコア/スレッドを提供するが、より低いキャッシュを提供するIntel Core i7-12700Kよりも高価にする。

この2つのチップの性能ベンチマークを見るのは興味深いことです。

AMD Ryzen 5000 Serie & Ryzen 4000 CPU ラインナップ(2022年):

CPU名アーキテクチャーコア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュ
(L2+L3)
PCIeレーン数
(Gen 4
CPU+PCH)
TDP希望小売価格
AMD Ryzen
9 5950X
7nm Zen 3 'Vermeer'16/323.4 GHz4.9 GHz72 MB24 + 16105W$799 US
AMD Ryzen
9 5900X
7nm Zen 3 'Vermeer'12/243.7 GHz4.8 GHz70 MB24 + 16105W$549 US
AMD Ryzen
9 5900
7nm Zen 3 'Vermeer'12/243.0 GHz4.7 GHz64 MB24 + 1665W$499 US?
AMD Ryzen
7 5800X3D
7nm Zen 3D 'Warhol'8/163.4 GHz4.5 GHz64 MB + 32 MB24 + 16105W$449 US
AMD Ryzen
7 5800X
7nm Zen 3 'Vermeer'8/163.8 GHz4.7 GHz36 MB24 + 16105W$449 US
AMD Ryzen
7 5800
7nm Zen 3 'Vermeer'8/163.4 GHz4.6 GHz32 MB24 + 1665W$399 US?
AMD Ryzen
7 5700X
7nm Zen 3 'Vermeer'8/163.4 GHz4.6 GHz36 MB24 + 1665W$299 US
AMD Ryzen
7 5700
7nm Zen 3 'Cezanne'8/16不明不明20 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W不明
AMD Ryzen
5 5600X
7nm Zen 3 'Vermeer'6/123.7 GHz4.6 GHz35 MB24 + 1665W$299 US
AMD Ryzen
5 5600
7nm Zen 3 'Vermeer'6/123.5 GHz4.4 GHz35 MB24 + 1665W$199 US
AMD Ryzen
5 5500
7nm Zen 3 'Cezanne'6/123.6 GHz4.2 GHz19 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W$159 US
AMD Ryzen
5 5100
7nm Zen 3 'Cezanne'4/8不明不明不明20 (Gen 3)
+ 16
65W不明
AMD Ryzen
7 4700
7nm Zen 2 'Renoir'8/163.6 GHz4.4 GHz20 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W不明
AMD Ryzen
5 4600G
7nm Zen 2 'Renoir'6/12不明不明11 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W$154 US
AMD Ryzen
5 4500
7nm Zen 2 'Renoir'6/123.6 GHz4.1 GHz11 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W$129 US
AMD Ryzen
3 4100
7nm Zen 2 'Renoir'4/83.8 GHz4.0 GHz6 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W$ 99 US

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7 5800X3D CPU Pictured, Leaker States ‘No Overclocking Support’ on Upcoming 3D V-Cache Chip

 

 

 

解説:

Ryzen 7 5800X3DはOC出来ない。

旧モデルであるRyzen 7 5800Xより100MHzクロックを落としているRyzen 7 5800X3DはOC出来ないというリークが上がってきました。

これは当然の話で、キャッシュを2階建てにしている分、排熱が厳しくなり、AM4の規定範囲内では排熱処理しきれないのでしょう。

Zen3の時点で、かなり排熱は厳しい感じでしたが、それ以上の性能と言うことになるとこのようになるのでしょう。

これも何度もかいていますが、3D V-Cache搭載版はノーマルZen3のキャッシュに収まる処理(36MB)の場合は単に100MHzクロックが落ちただけのZen3であり、処理能力は上がりません。

キャッシュ以外は改良されていませんので当然です。

Alderのようにふんだんに新しい技術で武装されているわけではありません、

単なるキャッシュ増量版ですから、当然と言えば当然です。

キャッシュを増量して高速化される処理と言うのは限られているということだけは覚えておいてください。

いついかなる時でも万能に速くなるというわけではありません。

5800X3Dの処理能力高速化はAlderlakeとはまた違ったベクトルの話であるということです。

また、トランジスタを積層している分、排熱処理は厳しくなります。

よって、AM4のように数年前の基準で作られたプラットフォームでは排熱処理や電力の供給が追い付かない(無理が出来ない)のは当然と言うことになります。

こういった事情もあってAM5に移行するという側面もあるのでしょうね。

AM5からは上位モデルと下位モデルのTDP基準は変えて、下位のマザーは思いっ切り安く出来るようにするのも面白いと思います。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥80,889 (2022/10/05 08:02:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.