CPU情報

AMD Ryzen 7000 "Zen 4" CPUが正式発表 - 5nmで最大16コア、ブーストクロック5.7GHz、9月27日発売、価格は299ドル〜699ドル

投稿日:

AMDは、次世代デスクトップCPU「Ryzen 7000」の全仕様、性能、価格を正式に発表した。CPUに加え、レッドチームは次世代AM5プラットフォームも発表し、Ryzenエコシステムの新たな始まりを告げる。

AMD Ryzen 7000 "Zen 4" デスクトップCPUが正式発表 - フルスペック、パフォーマンス、価格も公開

本日の発表では、ユーザーが待ち望んでいたいくつかの点が網羅されています。今月初めにスペックが判明していましたが、今回、それが本当に正しいのか確認することができ、また、AMD自身による正式な性能数値と価格も見ることができます。

しかし、その前に、ローンチ時に手に入れることになるCPUについて見てみましょう。

  • AMD Ryzen 9 7950X - $699ドル
  • AMD Ryzen 9 7900X - 549ドル
  • AMD Ryzen 7 7700X - 399ドル
  • AMD Ryzen 5 7600X - 299ドル

この4つのSKUのコア仕様に入る前に、AMD Ryzen 7000 CPUはTSMC 5nmプロセスノードをベースにZen 4アーキテクチャを採用し、13%のIPC向上がもたらされていることを指摘しなければならないが、性能上のメリットの大半は、前世代に対して各チップに追加された高いクロックスピードと高いTDPに由来している。

AMDは、Zen 4とZen 3のコアを比較した場合、シングルスレッドで+29%、マルチスレッドで35%以上、パフォーマンス/ワットで25%以上向上していることを強調しています。

AMD Ryzen「Zen 4」デスクトップCPUの特徴:

  • 最大16 Zen 4コアと32スレッド
  • シングルスレッドアプリケーションで+29%のパフォーマンスアップ
  • 全く新しいZen 4 CPUコア(IPC/アーキテクチャの改善)
  • 全く新しいTSMC 5nmプロセス・ノードと6nm IOD
  • Zen 3と比較してワット当たり25%の性能向上
  • Zen 3に対して35%以上の全体的な性能向上
  • ~クロックあたりの命令数(IPC)がZen 3より約13%向上
  • LGA1718ソケットのAM5プラットフォームでサポート
  • 新しいX670E, X670, B650E, B650マザーボード
  • デュアルチャネルDDR5メモリのサポート
  • 最大DDR5-5600ネイティブ(JEDEC)速度
  • 28 PCIeレーン(CPU排他)
  • 105-120WのTDP (上限は170W)

L2キャッシュの倍増(1MB対512KB)、前世代と同様の共有L3キャッシュ、EXPO(AMD's Extended Profiles For Memory Overclocking)によるDDR5メモリのサポート、PCIe Gen5.0グラフィックスカード、M.2 SSDサポートなど、最適化したキャッシュ再構築を搭載しているのが特徴である。

PBOやXFRといったオーバークロック機能も、過去のチップから引き継がれる。ということで、さっそくスペックを見ていこう。

AMD Ryzen 9 7950X 16コア "Zen 4 "デスクトップCPU

まずフラッグシップとなるAMD Ryzen 9 7950Xは、前2世代から引き継がれた16コア32スレッドという健在ぶり。

このCPUは、ベース周波数が4.5GHz、ブーストクロックが最大5.7GHz(F-Max5.85GHz)と、シングルコアでブースト周波数5.5GHzのインテルのAlder Lake Core i9-12900KSより200MHz速いという驚異的な性能を持つことになる。

AMDはRyzen 9チップの170W TDP(230W PPT)の中で可能な限りのヘルツを引き出しているようだ。

キャッシュについては、L3から64MB(CCDあたり32MB)、L2から16MB(コアあたり1MB)の合計80MBが搭載されている。

このフラッグシップは、Chaos V-Rayなどのマルチスレッドアプリケーションで最大+57%の大幅な性能向上と最大47%の高いエネルギー効率を実現しながら、価格は699ドルで、Core i9-12900Kより若干高くなる予定である。

ゲーム性能については、AMD Ryzen 9 7950Xは、Core i9-12900Kに対してShadow of The Tomb Raiderなどのゲームで最大35%の高揚感を提供することになります。

AMD Ryzen 9 7900X 12コア "Zen 4 "デスクトップCPU

続いてもAMD Ryzen 9のチップで、その名の通り12コア24スレッドを搭載する「7900X」だ。ベースクロックは4.7GHzとさらに高く、ブーストクロックはシングルコアで5.6GHzに調整されたCPUが搭載されている。

TDPは170Wを維持し、キャッシュは76MB(64MB L3 + 12MB L2)を搭載する。

AMD Ryzen 9 5900Xと同程度の位置づけになるCPUだが、Core i7-12700Kの下から地響きがするような性能を持っている。

Ryzen 9 7900Xは、Ryzen 9 5900Xと同じ価格を維持しながら、より優れたプロセッサー性能を提供することになる。

AMD Ryzen 7 7700X 8コア "Zen 4 "デスクトップCPU

Ryzen 7ファミリーに移り、ここでは8コア16スレッドのAMD Ryzen 7 7700Xを紹介します。AMDではこのCPUをゲーマー向けのスイートスポットと位置づけており、ベースクロック4.5GHz、ブーストクロック5.4GHzながらTDPは105W(PPT142W)と低く抑えられているのが特徴だ。

キャッシュプールは40MBで、内訳はCCDが32MB L3、Zen 4コアが8MB L2となっている。

ここで1つ興味深いのは、Ryzen 7 7800Xチップに関するAMDの更新が今のところないことです。AMDは、その部分をZen 4コア(3D V-Cache)を搭載したRyzen 7 5800X3Dの後継に置き換えたいと考えているのだろう。

もしそうだとしたら、V-Cache製品はAMD自身が2022年第4四半期後半の投入を確定しているので、今年後半のCPUラインナップのアップデートが期待できそうだ。

Ryzen 7 7700Xの価格は399USドルで、ローンチ時にはCore i7-12700Kと競合することになる。

AMD Ryzen 5 7600X 6コア "Zen 4 "デスクトップCPU

最後は、最も廉価なチップ(と呼べるかどうかだが、価格には反映されないだろう)、Ryzen 5 7600Xである。これは6コア12スレッドのパーツで、ベースクロックが4.7GHzと高く、シングルコアのブースト周波数が5.3GHzであることが特徴だ。

TDPは105W(PPTは142W)で、前モデルの65Wから大幅に向上しているが、より高速なクロックを実現するための犠牲といえるだろう。

このCPUは、ダイ上に32MBのL3と6MBのL2からなる38MBのキャッシュを搭載しています。

このチップの価格は299ドルで、ゲームではCore i9-12900Kに対して5%の性能向上を実現する予定です。

AMD Ryzen 7000「Raphael」デスクトップCPUのスペック:

CPU名アーキテクチャー製造
プロセス
コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
(SC 最大)
キャッシュTDP価格
(不明)
AMD Ryzen
9 7950X
Zen 45nm16/324.5 GHz5.7 GHz80 MB
(64+16)
170W$699 US
AMD Ryzen
9 7900X
Zen 45nm12/244.7 GHz5.6 GHz76 MB
(64+12)
170W$549 US
AMD Ryzen
7 7800X
Zen 45nm8/16不明不明不明不明不明
AMD Ryzen
7 7700X
Zen 45nm8/164.5 GHz5.4 GHz40 MB
(32+8)
105W$399 US
AMD Ryzen
5 7600X
Zen 45nm6/124.7 GHz5.3 GHz38 MB
(32+6)
105W$299 US

AMD Ryzen 7000「Zen 4」CPUの発売と入手方法について

今日、公式発表を見ることができましたが、このCPUが小売店に並ぶのはもう少し後であることも覚えておく必要があります。

正式な発売日は9月27日で、Ryzen 7000 CPUSはそれより2週間ほど早い9月15日に予約受付が開始される予定です。

AMDメインストリームデスクトップCPUの世代間比較:

AMD CPU
ファミリ
コードネーム製造プロセスコア数/
スレッド数
(最大)
TDP (最大)フラット
フォーム
チップ
セット
サポート
メモリ
PCIe
サポート
発売年
Ryzen 1000Summit Ridge14nm (Zen 1)8/1695WAM4300シリーズDDR4-2677Gen 3.02017
Ryzen 2000Pinnacle Ridge12nm (Zen +)8/16105WAM4400-シリーズDDR4-2933Gen 3.02018
Ryzen 3000Matisse7nm (Zen 2)16/32105WAM4500シリーズDDR4-3200Gen 4.02019
Ryzen 5000Vermeer7nm (Zen 3)16/32105WAM4500シリーズDDR4-3200Gen 4.02020
Ryzen 5000 3DWarhol?7nm (Zen 3D)8/16105WAM4500シリーズDDR4-3200Gen 4.02022
Ryzen 7000Raphael5nm (Zen 4)16/32170WAM5600シリーズDDR5-
5200/5600?
Gen 5.02022
Ryzen 7000
3D
Raphael5nm (Zen 4)16/32?105-170WAM5600シリーズDDR5-5200/5600?Gen 5.02023
Ryzen 8000Granite Ridge3nm (Zen 5)?未確認未確認AM5700シリーズ?DDR5-5600+Gen 5.02024-2025?

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7000 “Zen 4” CPUs Official – 5nm & Up To 16 Cores, 5.7 GHz Boost Clocks, 27th September Launch, Prices Between $299-$699 US

 

 

 

 

解説:

AMDの正式発表前に価格のリークがあったのですが、なんと、そちらは間違いで7950Xは$699と言う価格でした。

5nmになってかなり原価は上がっていると思いますが、かなり頑張った価格だと思います。

素晴らしいですね。

AMDは主要なターゲットをAlderlakeと定めているようです。

Raptorはまだ出ていないので仕方ないと言えば仕方ないですが、AlderLakeには追い付いていると思います。

しかし、RaptorLake相手だとちょっと苦しいかなと思います。

AMDファンである私から見ると合格点なのですが、他の方がどう感じるかはちょっとわかりません。

率直に言うと、多分あまり魅力的には映らないのではないでしょうか。

私はハイブリッドの仕組みがあまり好きではないので、その辺の気持ちはちょっとわかりません。

明らかに優れているならば、Raptorの方がいいという人は多いのではないかと思います。

また、Intel600シリーズをお持ちの方はBIOSの更新のみでRaptorが使えるでしょうから、自作市場でのシェア奪還は難しいのかなと思います。

それでもこれからあと4-5年使えるプラットフォームの心臓として、ふさわしい性能を持ってると思いますし、新しいプラットフォームが対応する数々の最新規格には胸が躍るものがあります。

特にX670無印でもPCIe5.0のNVMe SSDに対応しているのは予想外の驚きでした。

今までAM4を使っておられた方はCPU単体で判断するのではなく、プラットフォーム込みで判断してほしいと思います。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥80,889 (2022/10/05 08:02:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.