CPU情報

Intel 13th Gen Raptor Lake Core i9-13900K 24コア32スレッド ベンチマーク「The Ashes of The Singularity」内で発見される。

投稿日:

Intelの第13世代Raptor LakeのフラッグシップモデルであるCore i9-13900Kが、Ashes of The Singularityベンチマークデータベース内で発見されました。

Intel Core i9-13900K 13th Gen Raptor Lake CPU、24コア&32スレッドがAshes of The Singularityベンチマークで発見、ESフェーズの12900Kと同等の速さ

Intel Core i9-13900K 13th Gen Raptor Lakeフラッグシップは、これまでにも何度か紹介されており、最近ではGFX CI Bootlog内で発見され、最大32スレッドを備えていることが確認されています。

Ashes of The Singularity Benchmarkデータベースの最新エントリでも、このCPUが最大32個の論理コアを備えていると記載されており、これを確認することができます。

ベンチマークスイートは物理コアと論理コアを分離するように更新されておらず、Alder LakeとIntelの将来のCPUのハイブリッド(Pコア+Eコア)設計のために、ソフトウェアは正しい物理コア数を報告することができない。

※ 画像をクリッくすると別Window・タブで開きます。

 

これまでの噂で、Intel Core i9-13900Kは、最大24コア(8+16)、32スレッドのフラッグシップになることがわかっています。

このCPUは、強化されたIntel 7プロセスノードをベースに、最新のRaptor CoveコアとGracemont Enhancedコアが搭載される予定です。

より多くのEコアを追加することで、マルチスレッドプロセッサーとしての性能をさらに高めるとともに、最大68MBのローカルキャッシュを搭載し、ゲーム性能を高めると予想される。

この「ゲームキャッシュ」は、3D V-Cacheに対するIntelの回答ですが、AMDの提供するものの方がより高い量(68 MB対96 MB)を備えています。

AMDの発表によると、96MBのキャッシュを搭載したAMD Ryzen 7 5800X3Dは、一部のAAAタイトルにおいて、12900Kと同程度か最大10%速いゲームパフォーマンスを実現しています。

13900Kでは、Intelはキャッシュを2倍にすることができますが(68MB対30MB)、これはAMDが現在販売している3D V-Cacheの利点をすべて打ち消すだけです。

これは、Raptor Coveコアが最大5.3GHz+という非常に高いクロックになることと合わせて、Raptor Lakeが3D V-Cache部品に取り組むだけでなく、AMDの全く新しいZen 4コアアーキテクチャに取り組むのに十分である可能性を意味している。

現在、Intelは価値という点で優位に立っており、AMDが競争的な路線で次世代機の価格を同じように設定する可能性がある一方で、Intelはそれより低いとは言えないまでも同様の価格を設定するはずなので、2022年の後半には1つの熱い戦いになることでしょう。

※ 画像をクリッくすると別Window・タブで開きます。

 

そんな中、Intel Core i9-13900KというCPUに32GBメモリ(DDR5の可能性が高い)とGeForce RTX 3090というグラフィックカードを搭載してベンチマークを実施しました。

このCPUは非常に初期のESチップですが、それでもCore i9-12900Kと同等の性能を発揮することができ、非常に素晴らしい結果でした。

クロックはまだわかりませんが、このチップが今から数ヶ月後に発売されることを考えると、3GHz前後のクロックであることは間違いないでしょう。

しかし、AOTSベンチマークは古いものであり、最新のハードウェアをフルに活用することができないため、最適な指標ではないことを忘れてはなりません。

インテルの第13世代Raptor Lake CPUファミリについて現在、分かっていることはここにすべてあります。

第13世代CoreファミリーのIntel Raptor Lake-Sは、第12世代CoreファミリーのAlder Lake-Sに代わり、2つの新しいコア・アーキテクチャを備えています。

これらのアーキテクチャは、パフォーマンスコアとしてRaptor Coveを、効率性コアとして強化されたGracemontコアを搭載しています。

Intel Raptor Lake-SデスクトップCPUのラインアップと構成

以前リークされたデータによると、先日の電源推奨でリークされた3つのセグメントで構成されるラインナップになるとのことです。

125W定格の「K」シリーズのエンスージアストSKU、65WのメインストリームSKU、35WのローパワーSKUなどだ。最上位機種では、最大24コアのほか、16コア、10コア、4コア、2コアのバリエーションが用意されています。

第13世代Raptor Lake CPUでは、IntelはRaptor Coveコアごとに2MB L2 / 3MB L3キャッシュを搭載し、各Gracemont Clusterは4MB L2 / 3MB L3キャッシュを搭載すると推測される。

これにより、全コアで36MBのL3キャッシュ、Pコアで16MB(2x8)、Eコアで16MB(4x4)を搭載することになる。Intel Raptor Lake & Alder LakeのCPUキャッシュ構成(Rumored)。

  • Raptor Lake P-Core L3 - 3 MB (3 x 8 = 24MB)
  • Alder Lake P-Core L3 - 3 MB (3 x 8 = 24 MB)
  • Raptor Lake P-Core L2 - 2 MB (2 x 8 = 16 MB)
  • Alder Lake P-Core L2 - 1.25 MB (1.25 x 8 = 10 MB)
  • Raptor Lake E-Core L3 - 3 MB (3 x 4 = 12 MB)
  • Alder Lake E-Core L3 -  2 MB (2 x 2 = 4 MB)
  • Raptor Lake E-Core L2 - 4 MB (4 x 4 = 16 MB)
  • Alder Lake E-Core L2 - 3 MB (3 x 2 = 6 MB)
  • Raptor Lake Total Cache (L3+L2) = 68 MB
  • Alder Lake Total Cache (L3 + L2) = 44 MB

もしこれが本当なら、Intelの第13世代Raptor Lake CPUの総キャッシュ数は55%増加することになります。

現在、AMDは64MBのL3キャッシュと96MBのVキャッシュSKUを搭載した非Vキャッシュの標準パーツで優位性を保っていますが、これは、青チームが、キャッシュとコア数の追加と、さらに改良された10ESF(Intel 7)プロセスノードから予想される高いクロック速度によって、かなり大きくリードを取り戻せることを意味するものでしょう。

SKUの詳細は以下の通り。

  • Intel Core i9 K-Series (8 Golden + 16 Grace) = 24 Cores / 32 Threads / 68 MB?
  • Intel Core i7 K-Series (8 Golden + 8 Grace) = 16 Cores / 24 Threads / 54 MB?
  • Intel Core i5 K-Series (6 Golden + 8 Grace) = 14 Cores / 20 Threads / 44 MB?
  • Intel Core i5 S-Series (6 Golden + 4 Grace) = 14 Cores / 16 Threads / 37 MB?
  • Intel Core i3 S-Series (4 Golden + 0 Grace) = 4 Cores / 8 Threads / 20 MB?
  • Intel Pentium S-Series (2 Golden + 0 Grace) = 4 Cores / 4 Threads / 10 MB?

125W Intel Raptor Lake-S Desktop SKUは、最大8個のRaptor Coveコアと16個のGracemontコアの合計24コア32スレッドを搭載したCore i9モデルを搭載しているエンスージアスト向け製品です。

Core i7は16コア(8+8)、Core i5は14コア(6+8)と10コア(6+4)、Core i3は4コアだが効率コアがないモデルで構成されている。

また、Raptor Coveコアを2つだけ搭載したPentium SKUもラインナップされる。

すべてのCoreモデルは、32 EU(256コア)のEnhanced Xe統合GPUを搭載しています。

一部のCore i5とPentiumには、24EUと16EUのiGPUが搭載される予定である。

Intel 第12世代 Alder Lake-S & 第13世代 Raptor Lake-S デスクトップCPU比較(速報版):

CPU名Pコア数Eコア数全コア/
スレッド数
Pコアベース /
ブースト (最大)
Pコアブースト
(全コア)
Eコアベース /
ブースト
Eコアブースト
(全コア)
キャッシュTDP希望小売価格
Intel Core i9
-13900K
81624 / 32未確認 /
5.5 GHz?
未確認未確認未確認68 MB125W (PL1)
228W (PL2)
未確認
Intel Core i9
-12900K
8816 / 243.2 / 5.2 GHz5.0 GHz
(全コア)
2.4 / 3.9 GHz3.7 GHz
(全コア)
30 MB125W (PL1)
241W (PL2)
$599 US
Intel Core i7
-13700K
8816 / 24未確認 /
5.2 GHz?
未確認未確認未確認54 MB125W (PL1)
228W (PL2)
未確認
Intel Core i7
-12700K
8412 / 203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz
(全コア)
2.7 / 3.8 GHz3.6 GHz
(全コア)
25 MB125W (PL1)
190W (PL2)
$419 US
Intel Core i5
-13600K
6814 / 20未確認 /
5.1 GHz?
未確認未確認未確認44 MB125W (PL1)
228W (PL2)
未確認
Intel Core i5
-12600K
6410 / 163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz
(全コア)
2.8 / 3.6 GHz3.4 GHz
(全コア)
20 MB125W (PL1)
150W (PL2)
$299 US

インテルRaptor Lake-SデスクトップCPUプラットフォームの詳細

その他の詳細としては、Core CPU向けにIntel独自の「Game Cache」のブランドで提供されるL2キャッシュの拡大、クロックはブーストクロックが200MHz引き上げられるため、Alder Lake-SのデスクトップCPUが最高5.3GHzであることを考えると、最大5.5GHzまでブーストクロックを期待できることになります。

Intel Raptor Lake-Sチップは、報道にあるようにDDR4メモリのサポートを維持しつつ、最大5600Mbps(6500Mbps LPDDR5(X))の高速DDR5メモリをサポートする予定です。

これらのSKUには、8 Coveと16 Atomコアからなるトップの「Large」ダイ、8 Coreと8 Atomコアの「Mid」ダイ、そして最後に6 CoveコアとAtomコアのない「Small」ダイの3つのメインダイが構成されるようです。

Intel Raptor Lakeのラインナップは、LGA 1700ソケットと互換性があるが、1800のコンタクトパッドをすべて利用し、AMDのZen 4搭載のRyzen 7000ラインナップと競合することになるという。2022年半ばのIntelによる詳細な情報に期待したい。

IntelメインストリームデスクトップCPUの世代間比較:

Intel CPU
ファミリ
製造
プロセス
最大
コア数
TDPチップセットプラット
フォーム
メモリ
サポート
PCIe
サポート
発売
Sandy Bridge
(2nd Gen)
32nm4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge
(3rd Gen)
22nm4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell
(4th Gen)
22nm4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell
(5th Gen)
14nm4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake
(6th Gen)
14nm4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02015
Kaby Lake
(7th Gen)
14nm4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02017
Coffee Lake
(8th Gen)
14nm6/1235-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake
(9th Gen)
14nm8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake
(10th Gen)
14nm10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake
(11th Gen)
14nm8/1635-125W500-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 4.02021
Alder Lake
(12th Gen)
Intel 716/2435-125W600-SeriesLGA 1700DDR5PCIe Gen 5.02021Q4
Raptor Lake
(13th Gen)
Intel 724/3235-125W700-SeriesLGA 1700DDR5PCIe Gen 5.02022
Meteor Lake
(14th Gen)
Intel 4未確認35-125W800-Series?LGA 1700DDR5PCIe Gen 5.02023
Arrow Lake
(15 th Gen)
Intel 4?40/48未確認900-Series?未確認DDR5PCIe Gen 5.0?2024
Lunar Lake
(16 th Gen)
Intel 3?未確認未確認1000-Series?未確認DDR5PCIe Gen 5.0?2025
Nova Lake
(17 th Gen)
Intel 3?未確認未確認2000-Series?未確認DDR5?PCIe Gen 6.0?2026

ソース:wccftech - Intel 13th Gen Raptor Lake Core i9-13900K With 24 Cores & 32 Threads Spotted Within The Ashes of The Singularity Benchmark

 

 

解説:

RaptorLakeのベンチマークがリーク

現在リークしているのはRTSのAtoSでスコアは現時点でほぼAlderLakeと同等と言うことになっています。

AtoSは既に古いゲームで、ハードウェアの検出機能もあまり詳細な報告はされず、また、RatporLakeのCPUも正常に検出出来ていないようです。

余談ですが、AtoSのベンチマークで未発売のCPUの報告が上がっているのはハードウェア検出機能があまり詳細でないところも関係しているのかなと思います。

何れにしてもRaptorlakeはESの時点でAlderlakeと同等以上の性能があることは確実です。

全く新しいアーキテクチャーに移行し、初期のベンチマークのスコアがかなり低かったAlderlakeと比較すると対照的と言ってもよいでしょう。

AMDのZen4も年内発売ならばそろそろベンチマークがリークしてもおかしくないころだと思いますが全く出てこないのはちょっと不安になります。

年内発売ならば、既にESは配ってないと絶対に間に合わないでしょうからね。

話をRaptorLakeに戻しますが、Alderlakeの小改良である以上、既にかなりの完成度を誇っていると考えてよいのではないかと思います。

元記事にも書いてありますが、AMD VS Intelの一応の決着がつくのはZen4 VS RaptorLakeとなります。

ここがゲーミングCPUの天王山、関ヶ原の戦いと言うことになりますね。

その後、またTSMC3nmとIntel4でも戦いはありますが、こちらはまだはっきりしないところが大きいですから、今のところは何とも言えないところです。

AlderLake VS Ryzenは3D V-Cache搭載モデルがデスクトップ版では年末までに出せなかったことでIntelの不戦勝と言ったところでしょう。

Intelもこれでは不本意でしょうから、RaptorLakeでZen4に勝つことが悲願と言ってもよいのでは?と思っています。

さすがにこれで「勝った」とは思ってないですよね。

AMDはリソースが限られていますので、X3Dモデルのように準備はしていても適切な時期に出せない可能性もあって、今後何年かはRaptorLake VS Zen4のようなわかりやすい決戦はないかもしれません。

そう考えると我々は良いめぐり合わせだったと言ってもよいと思います。

 

 

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

K無しロックモデル(OC不可)

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.